スポンサーリンク

秘書のノウハウ

印鑑ケースの朱肉って。。

著者 sakura咲き子 さん

最終更新日:2010年08月17日 12:04

こんにちは。

皆様、ぜひご教授くださいませ。

印鑑ケースに付いている朱肉は使ってはいけない、と聞きました。

なぜ使ってはいけないのですか?
また、なぜ使ってはいけないのに付いているのでしょうか?

夜に口笛を吹くと蛇が来る、といった、
迷信的なものでしょうか?

ご存知の方がいらっしゃいましたら、
ぜひ御回答くださいますよう、お願いいたします。

スポンサーリンク

Re: 印鑑ケースの朱肉って。。

著者 カフェイン さん

最終更新日:2010年08月23日 15:02

こんにちは。

確信はないので、もし間違っておりましたら
どなたかご教授いただけると幸いです。

おそらくですが、
印鑑ケースにある朱肉は、ほとんどがスポンジにインクを染み込ませただけのものなので、通常の朱肉に比べてインクの密度(?)が少ないので、印が薄かったり、変色が速かったりで、重要な書類への捺印は、よくないということかと思います。
ただ、中にはケースについている朱肉でもしっかりとしたものが
ありますので、ケースについているもの全てがそうとは限りません。

保存期間が短いものや、言い方はおかしいですがそれほど重要ではない
書類への捺印でしたら使ってはいけないということはないと思います。

Re: 印鑑ケースの朱肉って。。

著者 sakura咲き子 さん

最終更新日:2010年08月24日 16:42

カフェイン様

ご回答ありがとうございます。

インクの密度は確かに関係ありそうです。
簡易的な書類には問題ない、とのことなので、
重要なもの以外には利用してしまおうと思います。

押印=契約、という意味合いから、
安易に押印してはいけない、ということなのでしょうね。

本件、お考え下さった皆様、ありがとうございました。^^

Re: 印鑑ケースの朱肉って。。

著者 ton さん

最終更新日:2010年09月08日 01:24

こんにちわ。
いまさらですでに他の方の投稿もありますが別の視点から・・。
印鑑には印相があることはご存知ですか。
俗に八方印とか吉相印とか言われることもあります。
印鑑作成時に受けた説明ですが印鑑は人間の体にたとえられて印鑑本体は骨格、朱肉は文字通り肉、ケースは外観ですね。
その朱肉を使うことで減ることになりますので身痩せすることにつながる為印鑑ケースの朱肉は出来るだけ使わないようにと言われているようです。
身痩せ=ダイエットではなく身を削ることを言うようですよ。
迷信といえばそれまでですがせっかくオーダーした八方印なので大切にしたいのと迷信でも身を削ることはしたくないので出来るだけ使用しないようにしています。
とりあえず。

1~3
(3件中)

    スポンサーリンク

    PAGE TOP