登録

会員登録いただけると、

  • メールマガジンの受け取り
  • 相談の広場への投稿 等

会員限定のサービスが利用できます

登録(無料)を続ける
TOP > ホワイトペーパー > 会社のパソコンがウイルスに感染したときの全ダンドリ
会社のパソコンがウイルスに感染したときの全ダンドリ

会社のパソコンがウイルスに感染したときの全ダンドリ

はじめに

本資料では会社のパソコンがウイルス感染したときの対処法をご紹介しています。
ぜひ、参考にしていただければ幸いです。

 

お役立ち資料ダウンロードはこちら

メールアドレスをご登録頂きますと、資料ダウンロード用のURLをご案内いたします。またご登録頂きました方には経営ノウハウの泉メールマガジンをお送りいたします。個人情報の取り扱いについては個人情報保護方針をご参照ください。なおCookieの取り扱いに関しては、Cookie情報の利用についてを、個人情報保護方針の定めに優先して適用いたします。

資料プレビュー
会社のパソコンがウイルスに感染したときの全ダンドリ
 
資料詳細

会社のパソコンがウイルスに感染したときの全ダンドリ
<目次>

1.「会社のパソコンがウイルスに感染したかも」と報告があったときのダンドリ
2.ウイルス感染をどのように報告する? 報告と事後処理のダンドリ
3.ウイルスに感染しないために~社員のITリテラシーと情報セキュリティ意識を高める

会社のパソコンがウイルスに感染したときは?

2019年11月、「Emotet」と呼ばれるウイルスへの感染誘導を狙った攻撃メールが、国内の組織へ広く着信していると報道されました。「Emotet」はメールの添付ファイルやリンクから感染し、Outlookなどのメールアカウント情報やWebブラウザ上の認証情報などを窃取することがあります。このマルウェアは発現から、活動が下火になり、忘れたころに襲来するという動きを繰り返していますが、2020年12月にもクリスマスなどのイベントに合わせて活発化する恐れがあるとして、注意喚起がなされました。

このように、ウィルス感染は日常的に起こっています。会社のシステムがウイルスに感染した場合、次のような事態が発生することが考えられます。

1.各種業務がストップする。
2.他社に迷惑をかけることになる。
3.復旧にかかる時間や経費の浪費。
4.会社の信用力が落ちる。
5.損害賠償などを請求される可能性が発生する。

結果として売上も減少するでしょう。一応の対策は取っていても、100%の安全確保というのはありえません。
このペーパーでは感染に備え、被害を最小限に食い止めるための手順をご紹介しています。