スポンサーリンク

相談の広場

このエントリーをはてなブックマークに追加

総務の給湯室

総務担当者同士の給湯室的空間!「みんなの会社ではどうしてる?」など・・・ご自由に!

最低賃金計算(日給月給制)の考え方について

著者 人事勤労係長 さん

最終更新日:2020年07月06日 20:19

初めての投稿になりますが、ご教授いただけましたら幸いです。

最低賃金(日額月給制)についての考え方についてですが、

(東京都最低賃金1013円)
下記のように変形勤務、交代勤務2パターンの日ごとの労働時間で就業しております。
①日額8000円÷7h30m=1066.6666666円
②日額8000円÷8h00m=1000円

一日当たりの最低賃金で見ますと、②の場合は下廻ります。
実際は、7h30m労働の人8h00mの日が混在し、月の支給額を月の所定労働時間
で割りますと、最低賃金は下回らないようになります。

日給月給制の場合でも、日ごとに見るのかもしくは月ごとで見ればよいのか
ご回答いただけると幸いです。

スポンサーリンク

Re: 最低賃金計算(日給月給制)の考え方について

著者 ton さん

最終更新日:2020年07月06日 20:38

> 初めての投稿になりますが、ご教授いただけましたら幸いです。
>
> 最低賃金(日額月給制)についての考え方についてですが、
>
> (東京都最低賃金1013円)
> 下記のように変形勤務、交代勤務2パターンの日ごとの労働時間で就業しております。
> ①日額8000円÷7h30m=1066.6666666円
> ②日額8000円÷8h00m=1000円
>
> 一日当たりの最低賃金で見ますと、②の場合は下廻ります。
> 実際は、7h30m労働の人8h00mの日が混在し、月の支給額を月の所定労働時間
> で割りますと、最低賃金は下回らないようになります。
>
> 日給月給制の場合でも、日ごとに見るのかもしくは月ごとで見ればよいのか
> ご回答いただけると幸いです。
>


こんばんは。
ここは給湯室で雑多な内容になります。
書かれている内容ですと労務管理のカテのほうがよさそうです。
上部案内表記を確認の上労務管理に再度投稿されてはどうでしょうか。
そちらの方がよい回答を得られると思われます。
とりあえず。

Re: 最低賃金計算(日給月給制)の考え方について

著者 人事勤労係長 さん

最終更新日:2020年07月07日 12:48

> > 初めての投稿になりますが、ご教授いただけましたら幸いです。
> >
> > 最低賃金(日額月給制)についての考え方についてですが、
> >
> > (東京都最低賃金1013円)
> > 下記のように変形勤務、交代勤務2パターンの日ごとの労働時間で就業しております。
> > ①日額8000円÷7h30m=1066.6666666円
> > ②日額8000円÷8h00m=1000円
> >
> > 一日当たりの最低賃金で見ますと、②の場合は下廻ります。
> > 実際は、7h30m労働の人8h00mの日が混在し、月の支給額を月の所定労働時間
> > で割りますと、最低賃金は下回らないようになります。
> >
> > 日給月給制の場合でも、日ごとに見るのかもしくは月ごとで見ればよいのか
> > ご回答いただけると幸いです。
> >
>
>
> こんばんは。
> ここは給湯室で雑多な内容になります。
> 書かれている内容ですと労務管理のカテのほうがよさそうです。
> 上部案内表記を確認の上労務管理に再度投稿されてはどうでしょうか。
> そちらの方がよい回答を得られると思われます。
> とりあえず。

ご助言有難うございます。
確認し再度投稿します。

Re: 最低賃金計算(日給月給制)の考え方について

著者 村の長老 さん

最終更新日:2020年07月08日 08:43

tonさんの提案がありますが、別のUPがないので。

日額月給制という文言は初めて聞きましたが、これはいわゆる日給制のひとつでしょう。単に毎日支払うのではなく、ひと月まとめて支払うというだけのことですね。

とすれば①はセーフ、②は東京では最賃法違反ということになります。

日給月給というのは月給制のひとつであり、欠勤や遅刻早退をすればその分を控除するというものです。こちらは月給制なので、①②を合わせた金額と時間で判断します。というか、最初にまず月給額があり、その中で①②のシフトがあるわけですから日給でいくらという概念は元からないことになります。

相談を新規投稿する

1~3
(3件中)

    スポンサーリンク

    労働実務事例集

    労働新聞社 監修提供

    法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

    スポンサーリンク

    経営ノウハウの泉より最新記事

    注目のコラム

    注目の相談スレッド

    スポンサーリンク

    PAGE TOP