スポンサーリンク

NEWS TOPICS

最新Pick Up(10件)

※続きを読む際には、外部サイトへ移動します

【今週の視点】職場環境変化でストレス 気付くことが大切

労働新聞社 2019.04.24

「こころの耳」の活用を  転勤、昇格昇進、人事異動と春は職場が大きく変わる時季。働く環境の変化は、人の心理状態に影響を及ぼすのはいうまでもない。とくに上司は「労働者の心の健康保持増進のための指針(メンタルヘルス指針)」の観点から部下の言動に注意する必要がある。部下がメンタル不調に陥った場合は、WEBサイト「こころの耳」が参考になる。万が一のときに備えたい。……[続きを読む]

健康経営会議 新卒採用局面で学生集まる利点 鎌倉市

健康経営会議 新卒採用局面で学生集まる利点 鎌倉市

労働新聞社 2019.04.24

神奈川県鎌倉市は民間企業が運営する健康経営会議実行委員会などとともに、健康経営の拡大をめざして「第1回かまくら健康経営会議」を開催した=写真。  基調講演では、経済産業省商務・サービスグループの江崎禎英政策統括調整官が、経産省が展開する健康経営銘柄に指定されるメリットを訴えた。銘柄企業の「新卒採用において学生が集まった」といった生の声を紹介したうえで、新たな仕事を得られたり、金融機関から融資を……[続きを読む]

技能実習制度 実習計画順守が最重要事項 ソーイング協会

技能実習制度 実習計画順守が最重要事項 ソーイング協会

労働新聞社 2019.04.24

自動車シート縫製作業の評価試験を行う、一般社団法人日本ソーイング技術研究協会(御園愼一郎理事長)は、外国人技能実習制度に関するセミナーを開催した。御園理事長は開会のあいさつで「世間の目は厳しくなっている。一つの企業の行いが業界全体のイメージダウンにつながりかねない」と、法令遵守を呼びかけた(写真)。  外国人技能実習機構名古屋事務所の高橋一郎次長が講師を務めた。高橋次長は実習計画と異なる業務を……[続きを読む]

労働災害防止へ教育アプリ公開 中災防

労働災害防止へ教育アプリ公開 中災防

労働新聞社 2019.04.23

中央労働災害防止協会は、労働災害防止対策などの基礎知識をクイズ形式で学べるスマートフォン用アプリケーション教材「アプリで学習!労働安全衛生」を開発した。無料でダウンロードし、利用できる。  アプリでは、作業時の心構えや必要な対応、安全衛生管理体制、関係法令知識などについて、初級・中級・上級のレベル別に計100問を掲載。回答に対する正否判定だけでなく、詳細な解説も行う。…[続きを読む]

課長職 管理監督者と認めず 年収1千万円超えも 横浜地裁

課長職 管理監督者と認めず 年収1千万円超えも 横浜地裁

労働新聞社 2019.04.23

日産に残業代支払い命令  日産自動車㈱(神奈川県横浜市、西川廣人社長兼CEO)の課長職だった男性労働者の遺族が残業代の支払いなどを求めた裁判で、横浜地方裁判所(新谷晋司裁判長)は労働者を管理監督者と認めず、360万円の支払いを命じた。同社は労働者の年収が1000万円を超え、経営の重要事項の企画立案をしていたことなどから、管理監督者に当たると主張した。同地裁は、待遇は管理監督者にふさわしいが「……[続きを読む]

広域エリア職を新設 異動ない人材の活性化に 大和証券・4月から 

広域エリア職を新設 異動ない人材の活性化に 大和証券・4月から 

労働新聞社 2019.04.23

㈱大和証券グループ本社(東京都千代田区、中田誠司執行役社長)は、広域エリア総合職を導入した。全国を8エリアに分け、その中で転居を伴う転勤を行う。狭い範囲内でキャリアを長く積んでいた人材の活性化をめざす。  新設した広域エリア総合職は、全国転勤のある総合職と転居転勤のないエリア総合職の中間に位置付ける。全国を関東、中部、関西など8エリアに分け、地域内での転勤を行う。……[続きを読む]

改善平均1280円 前年比150円弱下落 本紙集計

改善平均1280円 前年比150円弱下落 本紙集計

労働新聞社 2019.04.22

19賃上げ交渉の回答・妥結状況を調べた本紙の最終単純集計結果(4月12日現在)によると、ベースアップや手当増額など何らかの賃金改善を実施した267社の平均額は1279円だった。前年(249社)の1430円よりわずか151円低い水準で、中小における人手獲得に向けた賃上げ努力が透けてみえる結果になった。  前年と比較可能な同一214社は1266円となり、前年の1467円より201円低かった。  ……[続きを読む]

鉄鋼4社 定年65歳へ引上げ 労使交渉で合意至る 21年度60歳到達者から

鉄鋼4社 定年65歳へ引上げ 労使交渉で合意至る 21年度60歳到達者から

労働新聞社 2019.04.22

神戸製鋼所など大手鉄鋼4社は、2021年度以降に60歳に到達する社員を対象に、定年を60歳から65歳に引き上げる。生産年齢人口の減少への対応や現場力の維持などをめざす。4社は昨年の労使交渉から協議を続けてきた。給与や賞与に関しては60歳前後で「連続性のある制度」とする方向で妥結しており、賃金カーブの修正などの詳細を今後詰めていく。選択定年を設けるかで、4社の対応が分かれそうだ。  定年延長で合……[続きを読む]

学習塾経営に指針 魅力的な労働環境構築 経産省

学習塾経営に指針 魅力的な労働環境構築 経産省

労働新聞社 2019.04.22

経済産業省は、学習塾業の経営力向上に関する指針を策定した。中小企業・小規模事業者における経営力を向上させるための実施事項の一つとして、魅力的な労働環境を構築して従業員の確保を図ることを盛り込んでいる。  同指針は、中小企業の経営力向上がとくに必要と考えられる学習塾業における数値目標や取り組むべき事項を示したもの。……[続きを読む]

死亡災害で送検 機械止めず作業 千葉労基署

死亡災害で送検 機械止めず作業 千葉労基署

労働新聞社 2019.04.19

千葉労働基準監督署(篠崎和代署長)は食品加工用の撹拌機に労働者が巻き込まれ死亡した労働災害で、㈱ピュアディッシュ(千葉県千葉市)と同社の業務課長を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで千葉地検に書類送検した。  同社はJAの6次産業化ファンドとして設立され、農畜産物の調理加工食品の製造・販売を営んでいる。労働災害は平成29年5月29日、同社の工場で起きた。48歳の女性パー……[続きを読む]

スポンサーリンク

スポンサーリンク

PAGE TOP