NEWS TOPICS

このエントリーをはてなブックマークに追加

最新Pick Up(10件)

※続きを読む際には、外部サイトへ移動します

建設・特定技能 全38業務の知識問う試験へ 実技面もPC入力で JAC

建設・特定技能 全38業務の知識問う試験へ 実技面もPC入力で JAC

労働新聞社 2022.10.06

工事業団体が技能研修  建設技能人材機構(=JAC、三野輪賢二理事長)は、建設業における特定技能1号の業務区分が再編されたのに伴い、新たに始める評価試験の方向性を示した。学科試験では、鉄筋施工など全38種類の業務の知識を広く問う。実技試験はコンピューターを使用するCBT方式に切り替え、新区分の「土木」、「建築」、「ライフライン・設備」ごとに具体的な作業方法の知識を問うこととした。実技を身に着……[続きを読む]

パワハラ 職場環境は理由ならず 消防士の免職有効に 最高裁

パワハラ 職場環境は理由ならず 消防士の免職有効に 最高裁

労働新聞社 2022.10.06

半数近い職員が被害遭う  パワーハラスメントを理由とする分限免職の有効性が争点となった裁判で、最高裁判所第三小法廷(林道晴裁判長)は処分を違法とした二審判決を取り消し、免職を有効と判断した。裁判は山口県長門市で消防士として働いていた労働者が処分を不服としたもので、二審の広島高等裁判所は消防組織という独特な職場環境や、パワハラ研修を受けさせていない点を考慮し、免職は重過ぎるとしていた。最高裁は……[続きを読む]

申告制でキャリア自律促す 専門職育成へ新制度 東邦銀行

申告制でキャリア自律促す 専門職育成へ新制度 東邦銀行

労働新聞社 2022.10.06

定例給与2.8%底上げ  ㈱東邦銀行(福島県福島市、佐藤稔取締役頭取)は、全従業員に今後希望する職務領域や部署の申告を義務付け、高度かつ専門的な人材の育成を促す人事制度改革を実施した。ゼネラリスト志向で実績偏重になりがちだった旧制度を改め、7段階のコンピテンシー評価を導入し、既存の職能給、新設した洗替え方式の役割成果給の双方に反映する。転居転勤関連の手当を2種類設け、遠方へ赴任するほど金額が……[続きを読む]

労災認定 暑熱を負荷要因と評価 新基準で不支給取消 京都下労基署

労災認定 暑熱を負荷要因と評価 新基準で不支給取消 京都下労基署

労働新聞社 2022.10.06

過労死ライン超えずとも  京都下労働基準監督署(田中淳史署長)(が、急性心不全で死亡した自動車整備士に関し、労働時間以外に「暑熱環境」を負荷要因と認め、労災認定していたことが分かった。整備士の発症前2~6カ月の月平均時間外労働は最大77時間21分で、過労死ラインには達していない。同労基署は平成28年11月に整備士の遺族に対し、労災補償の遺族補償給付と葬祭料を不支給処分としており、これを不服と……[続きを読む]

デジタル払い 口座残高上限100万円に 来年4月スタートへ

デジタル払い 口座残高上限100万円に 来年4月スタートへ

労働新聞社 2022.10.06

厚労省が労基則改正案  厚生労働省は、賃金のデジタル払い(資金移動業者の口座への賃金支払い)を可能とする労働基準法施行規則の改正省令案を明らかにした。使用者が労働者の同意を得た場合、一定の要件を満たして厚労大臣の指定を受けた移動業者の口座への資金移動によって賃金を支払えるようになる。指定要件には、口座残高上限額を100万円以下とすることや、ATMを利用して1円単位で通貨を受け取れることなどを……[続きを読む]

社員の障害特性分析進めて表彰 JEED

社員の障害特性分析進めて表彰 JEED

労働新聞社 2022.10.05

(独)高齢・障害・求職者雇用支援機構(=JEED、湯浅善樹理事長)は、障害者の職場定着に取り組んだ中小企業として、食鳥処理加工販売業の㈲西部産業(岩手県)や特例子会社の㈱シダックスオフィスパートナー(東京都)などの合計9社を表彰した=写真。9月13日に東京都内で表彰式を開催している。  このうちシダックスオフィスパートナーでは、精神障害や発達障害のある社員の障害特性などから生じる問題を分析。そ……[続きを読む]

年齢構成に関心抱く 応募時の求職者意識 春日部職安・調査

年齢構成に関心抱く 応募時の求職者意識 春日部職安・調査

労働新聞社 2022.10.04

求人票で知りたいのは「1日の業務量」や「(職場の)年齢層」――埼玉・春日部公共職業安定所(吉澤久雄所長)は、求人の早期充足を目的として、4~6月に求職登録者136人に行ったアンケート調査の結果を公表した。フルタイム勤務希望者が求人票に記載してほしい事項は「1日の業務量」が79%、「最初に覚える仕事内容」が……[続きを読む]

新入社員調査 6割超が社内の人間関係に不安 能率協会

新入社員調査 6割超が社内の人間関係に不安 能率協会

労働新聞社 2022.10.04

日本能率協会(中村正己会長)は2022年度の新入社員545人の回答を集計した「新入社員意識調査」を取りまとめた。仕事をしていくうえでの不安について尋ねると(上位3つを複数回答)、最も回答が多かったのは「上司・同僚など職場の人とうまくやっていけるか」で、64.6%だった。社内の人間関係を重視する一方で、取引先など社外との人間関係である「社外の人と人脈を築けるか」は8.1%に留まっている。  調査……[続きを読む]

リスキル費用控除を 23年度税制改正へ要望 関経連

リスキル費用控除を 23年度税制改正へ要望 関経連

労働新聞社 2022.10.03

関西経済連合会(松本正義会長)は、来年度の税制改正に関する要望を取りまとめた。人的資本への投資支援として、社員のリスキリングに向けて企業が独自に取り組む人材育成などに対して税制優遇を講じるべきとしている。  要望では、日本の発展をめざすうえで、……[続きを読む]

時季指定違反15%超 年休取得促進へ初公表 長崎労働局

時季指定違反15%超 年休取得促進へ初公表 長崎労働局

労働新聞社 2022.10.03

長崎労働局(小城英樹局長)は、管内企業における年次有給休暇の時季指定義務違反の状況を初めて公表した。令和3年度に監督指導した1539事業場のうち、15.5%に当たる238事業場で年5日の時季指定義務に関する違反がみつかり、是正勧告を行っている。年休管理簿の作成・保存に関する違反についても183事業場(11.9%)で確認した。  監督指導で指摘した労働基準法関連違反をみると、……[続きを読む]

スポンサーリンク

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

経営ノウハウの泉より最新記事

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP