• HOME
  • 労働実務事例

労働実務事例

提供:労働新聞社

このエントリーをはてなブックマークに追加

復籍後は遺族年金が停止?

「労働新聞」「安全スタッフ」(2009年1月~12月掲載文)
法改正等で現在の正確な内容と異なる場合があります。

[ 質問 ]

 当社の女性パートの1人は、夫と死別したため、遺族厚生年金を受けています。現在、復籍を検討していますが、年金は支給されるのでしょうか。最近、時々話題に上る「離婚等をしたときの特例」が関係してくるのでしょうか。

静岡・U社

[ お答え ]

 年金の失権事由は、年金の種類ごとに規定されています。遺族厚生年金については、平成19年4月から、若年の妻に関する規定が追加され、妻の失権事由は5種類となりました(厚年法第63条第1項)。
 ① 死亡したとき
 ② 婚姻(事実婚を含みます)したとき
 ③ 養子となったとき(直系血族・姻族の養子を除きます)
 ④ 離縁によって、死亡した人と親族関係が終了したとき
 ⑤ 30歳未満の妻が遺族厚生年金の受給権を得てから(基礎年金の受給権もあるときは30歳前に受給権が消滅してから)5年が経過したとき(平成19年4月1日以降の受給権取得者に限ります)
 復籍は離縁ではないので、④の失権事由に該当しませんし、平成19年4月開始の「離婚等をした場合における特例」の対象にもなりません。変わらず、遺族厚生年金を受けることができます。



労働新聞社について

閲覧数(2,782)

スポンサーリンク

キーワード毎に情報を集約!

絞り込み検索!

現在636事例

カテゴリ

表示順

※ハイライトされているキーワードをクリックすると、絞込みが解除されます。
※リセットを押すと、すべての絞り込みが解除されます。

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

経営ノウハウの泉より最新記事

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP