相談の広場

このエントリーをはてなブックマークに追加

税務管理

税務経理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!

総務の森イチオシ記事が満載: 経営ノウハウの泉(人事労務~働き方対策まで)

同族会社判定について

著者 ぽろりん さん

最終更新日:2021年01月22日 20:41

いつもお世話になっております。
別表二の記載方法についてお尋ねです。

弊社の株主が全7名、
法人A(750株)、
法人B(500株)、
個人C、D、E、F、G全5名(各100株ずつ)で
合計1750株、資本金1億円以下の法人
個人Cは法人Aの株主(50%超の議決権所有)であり法人Aの取締役
個人D、E、は法人Aの取締役

という状況です。

この場合の、判定基準となる株主等の株式数等の明細欄には、
第1グループとして、
 法人A 750
 個人C 100
上記2件を記載、株式数の記載箇所は、その他の株主等の欄、
となるのでしょうか?
被支配会社でない法人株主等」というのがよくわからず、、
また、上記の場合、個人Cの「判定基準となる株主等との続柄」については「株主」といった記載になるのでしょうか?

どなたかご教示いただけますと大変ありがたいです。
どうぞ宜しくお願いいたします。

スポンサーリンク

1~1
(1件中)

    スポンサーリンク

    労働実務事例集

    労働新聞社 監修提供

    法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

    スポンサーリンク

    経営ノウハウの泉より最新記事

    注目のコラム

    注目の相談スレッド

    スポンサーリンク

    PAGE TOP