登録

会員登録いただけると、

  • メールマガジンの受け取り
  • 相談の広場への投稿 等

会員限定のサービスが利用できます

登録(無料)を続ける
TOP > 記事一覧 > 経営・財務 > 【まずはここから】Excel(エクセル)で簡易キャッシュフロー計算書を作ってみよう
キャッシュフロー計算書の作り方

【まずはここから】Excel(エクセル)で簡易キャッシュフロー計算書を作ってみよう

キャッシュフロー計算書(以下、CF計算書)は損益計算書や貸借対照表と合わせて財務三表と言われています。中小企業の場合、作成は義務ではないのであまり馴染みがないかもしれません。しかし、中小企業においてもCF計算書を作成すると経営の危機をいち早く察知し、安定に寄与します。Excel(エクセル)で簡単にできるので作ってみましょう。

本記事ではCF計算書の簡単な作り方について解説します。

サンプル数は100以上!知識なしで自社に合わせたアプリがつくれる「kintone」
今なら無料トライアルお申込みで ¥3,000 OFFクーポンプレゼント[AD]

キャッシュフロー計算書とは?

CF計算書の作り方を解説する前に、そもそもCF計算書とは何なのかについて、基礎的な事項を解説します。

まず、キャッシュフローとは「銀行口座に入るお金と、銀行口座から出ていくお金の流れ」です。

中小企業の場合、会社の収益の状況は損益計算書や貸借対照表で把握していると思います。しかし、損益計算書や貸借対照表はあくまでも売上と費用から利益を計算する帳簿で、お金だけではなく債権や債務も一緒に計算されます。

例えば、何かの商品を取引先に販売すると、商品を引き渡した時点で売上が発生します。しかし、売上が100万円発生したからといって、100万円のキャッシュがすぐに入ってくるわけではありませんね。だいたいは月末に請求書を出して翌月末に振り込まれたり、約束手形を貰って何ヶ月か後に銀行から振り込まれたりします。

この間は収益は上がっているが、お金はない状態です。つまり、損益計算書や貸借対照表は実際のお金の流れとはズレがあるのです。この実際のお金の流れを正確に可視化するのがCF計算書です。

キャッシュフロー計算書がなぜ必要なのか?

「黒字倒産」や「勘定合って銭足らず」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか? これは帳簿上の収益は十分に上がっているが、資金が枯渇して倒産してしまう状況を指す言葉です。

例えば口座残高が100万円とします。そして今月の売上(売掛金)が200万円発生したとします。しかし、この売掛金は翌月末にならないと入金されません。ここで、もし今月末に120万円の支払い義務が発生したらどうなるでしょうか?

損益計算書の上では売上は200万円で費用は120万円ですから80万円の黒字です。貸借対照表の上でも預金が100万円で売掛金が200万円で合計300万円の資産が計上されています。しかし、翌月末までは銀行口座には100万円しか入っていないわけですから、今月末の120万円の支払いができなくなります。

損益計算書や貸借対照表だけを見ていると、このようにして黒字であるのに倒産という状況が生まれるのです。

これを防ぐためにCF計算書が存在します。実際の現金の流れを可視化する帳簿ということです。

交通費計算、案件管理…今すぐ使える業務アプリがたくさん「kintone」
今なら無料トライアルお申込みで ¥3,000 OFFクーポンプレゼント[AD]

直接法と間接法とは?

CF計算書には直説法と間接法という2種類の作成方法があります。その違いは以下の通りです。

直接法

詳細にキャッシュフローを計算する方法です。取引先からの収入や仕入れや経費のための支出など、主要な取引を全てまとめます。1つひとつの取引に基づいて計算されるため、細かいキャッシュの流れを把握できます。その反面、事業の規模が大きくなってくると取引の数も増えるので、直説法では手間がかかりすぎるデメリットがあります。

間接法

直説法を簡略化した方法で、現在の日本の企業会計ではこちらが主に使われています。実際の取引の記録から計算するのではなく、損益計算書や貸借対照表から逆算してキャッシュフローを算出します。

Excelでの簡易版キャッシュフロー計算書の作り方

CF計算書といっても作るのは難しくありません。Excelで間接法を用いて作る方法を以下で解説します。

CF計算書は以下の3つの区分からなります。材料となる数値は損益計算書や貸借対照表に記載されているので、それを参照してExcelに記入していけば良いのです。

気をつけなければならないのは、キャッシュフローのプラスとマイナスです。損益計算書や貸借対照表の値から項目の増減を逆算しますが、増加している場合にキャッシュフローがプラスなのかマイナスなのか、逆に減少している場合にキャッシュフローがプラスなのかマイナスなのかが項目ごとに異なりますので注意しましょう。

1.営業活動によるキャッシュフローをExcelに記入する

営業活動によるキャッシュフローの科目は以下のように区分し、会計区間ごとにExcelに記入します。

ここで少し難しいのが「受取利息及び受取配当金」「支払利息」「有価証券売却益」「有形固定資産売却損」の4つです。これらは実際のお金の増減とキャッシュフローのプラス・マイナスが逆になります。なぜなら、これらは営業外のキャッシュフローであるにも関わらず、税金等調整前当期純利益に含まれているためです。そこで、いったんこの4つのプラス・マイナスを逆転させて税金等調整前当期純利益から除去し、この後の欄に改めて記載し直します。

したがって、まずここまでのキャッシュフローの小計を出したあと、小計の下に以下の項目を追加します。「利息及び配当金の受領額」と「利息の支払い額」は上記の「受取利息及び受取配当金」「支払利息」と同じ数値ですが、こちらではプラス・マイナスが元に戻るので注意しましょう。

最後に全ての項目の合計を出します。それが「営業活動によるキャッシュフロー」になります。

2.投資活動によるキャッシュフローをExcelに記入する

投資活動によるキャッシュフローの科目は以下のように区分し、会計区間ごとにExcelに記入します。「有価証券」と「有形固定資産」については営業キャッシュフローにおける「有価証券売却益」「有形固定資産売却損」と同じですが、こちらもプラス・マイナスが元に戻ります。

最後に上記の項目を全て合計します。それが投資活動によるキャッシュフローになります。

3.財務活動によるキャッシュフローをExcelに記入する

財務活動によるキャッシュフローの科目は以下のように区分し、会計区間ごとにExcelに記入します。

4.全体のキャッシュフローを計算する

1〜3までのキャッシュフローを入力し終わったら、それを元に全体のキャッシュフローを計算します。計算方法は以下の通りです。

まとめ:キャッシュフロー計算書で経営を安定させよう

キャッシュフローとはお金の流れを意味し、CF計算書はそれを可視化する帳簿です。中小企業にとって作成は義務ではありませんが、作成すると経営の安定に寄与します。ぜひ本記事を参考にして作成してみてくださいね。

【こちらの記事も】利益はあるのに現金がない?「今すぐできる財務管理」でキャッシュフローを計算しよう【税理士が解説】

*piscine / PIXTA(ピクスタ)