• HOME
  • コラムの泉

コラムの泉

このエントリーをはてなブックマークに追加

空き家の譲渡に3000万円控除

┏┓■節税のツボとコツ:::納税する一般ピーポーへ謹呈
┗□─────────────────────────────□
 
 日本で二番、crocsサンダルの似合う物知り税理士
 渋~い節税のコツを綴ります。

┏━━━━━------゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚
  税 務 徒 然 草  
┗━━━━━------゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚





2016年度の税制改正により

「被相続人の居住用財産に係る

譲渡所得の特別控除の特例」が創設されました。



いわゆる「相続空き家」を売却したときの特例です。

人口の減少が進みつつある日本では、

将来的に空き家が増えていく恐れがあります。



また近年では全国で自然災害が多発しており、

そのような状況下において

旧耐震基準(1981年5月31日以前の耐震基準)の下で

建築された空き家の増加を抑制することを目的に

この特例が創設されました。



具体的には、被相続人(亡くなった方)が

1人で住んでいた家屋や土地を

相続などにより取得した人が売却したとき、

特定の要件を満たせば

その利益から3000万円を控除することができます。



つまり3000万円までのプラスの財産であれば

税金はかからないということです。

対象となる家屋や適用要件など、

この特例を受けるためには詳細な規定がありますが、

大まかにいえば「家屋が旧耐震基準で建築されていること」

相続遺贈などにより取得した、

相続人が住んでいた家屋などを売却すること」

相続の開始があった日から3年目の12月31日までに売却すること」

「売却代金が1億円以下であること」などの

要件を満たす必要があります。



なお、この特例の適用期間は2023年12月31日までなので、

対象となる方は早めに取り組みましょう。




■■*■■■■*■■■■*■■■■■*■■
  発行人 税理士太田 彰
  Mail: akira@otax81.com
■■*■■■■*■■■■*■■■■■*■■

スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在20,086コラム

カテゴリ

労務管理

税務経理

企業法務

その他

≪表示順≫

※ハイライトされているキーワードをクリックすると、絞込みが解除されます。
※リセットを押すと、すべての絞り込みが解除されます。

新規投稿する

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

注目検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP