スポンサーリンク

  • HOME
  • コラムの泉

コラムの泉

登録第6197366号:「e-sheet」

------------------------------------------------------------
□■□【真似とは言わせない!ネーミングのツボ】□■□
■□                     
□                       3月24日号
------------------------------------------------------------

 弁理士 深澤です。

------------------------------------------------------------
★このメルマガの目的♪
------------------------------------------------------------

 このメルマガでは、商標の審判・裁判事例等を通して、

○どんな商標が類似といわれたのか
○識別力のある商標とはどんなものなのか

 といったことから、ネーミングを考える際のツボを明らかにして
いきます。

(配信中止はこちらまでhttp://www.mag2.com/m/0000241197.html)

 それでは、今週も始めます。

------------------------------------------------------------
★今回の事例♪
------------------------------------------------------------

 今回取り上げるのは、

○登録第6197366号:「e-sheet」


 指定商品・役務は、第24類の「織物製カーテン,ビニール製
カーテン,プラスチック製カーテン」です。


 ところが、この商標は、

 登録第4714733号商標:「ESHEET」

 
 と類似する、とされて一旦は登録が認められませんでした。


------------------------------------------------------------
★判断の分かれ目♪
------------------------------------------------------------

 そこで、登録が認められないのはおかしい、として拒絶査定不服
の審判(不服2019-003828)が請求されました。

 では、審判でどんなやりとりがあったか紹介します。

 まず、この商標

「「e」の文字は、アルファベットの文字の一つであるほか、
「e-」の語は、「電子の、オンラインの、インターネットの」を
意味する接頭辞(ジーニアス英和辞典 第5版)であって、近年、
広く一般に「e-mail」(電子メール)、「e-business」
(電子媒体を活用した商取引や企業活動)、「e-commerce」
(電子商取引)(いずれも「株式会社岩波書店 広辞苑第六版」
参照)などのように使用されている語であり、」

「構成中の「sheet」の文字は、「雨よけなどに使う布やビニール」
株式会社岩波書店 広辞苑第六版参照)などの意味を有する親し
まれた語である。」

 そうすると、

「その全体から特定の観念を生じるものではないものの、これに
接する需要者、取引者をして、電子に関するものを表示する「e-」
と「sheet」を組み合わせたものという程度は想起し、認識
するものということができる。」

 また、

「これを構成する文字に相応して、「イーシート」の称呼を生じる
ものである。」

 一方、引用商標

「欧文字は、辞書等に載録されておらず、一般に親しまれた語でも
ないから、一種の造語であると解され、特定の観念を生じるもの
ではない。」

 また、

「該欧文字は、造語であり常に特定の称呼が生じるものではないが、
欧文字で書された造語にあっては、ローマ字読み風又は我が国で
親しまれた外国語である英語読み風をもって称呼するのが一般的で
あるから、」

「構成文字全体に相応して、「イーシート」「イーエスヒート」、
「エスヒート」又は「エシート」といった称呼を生じ得るものである。」


 そこで、両者を比較すると、外観においては、

「構成する欧文字のつづりを共通にするものの、「-」(ハイフン)
の有無や大文字、小文字の相違があり明らかな差異を有するから、
外観において相紛れるおそれのないものである。」

 また、

「称呼を比較すると、互いに「イーシート」の称呼を共通にする
場合と、構成音や構成音数の明らかな違いにより容易に聴別できる
場合があるといえる。」

 観念は、

本願商標からは、少なくとも電子に関するものを表示する「e-」
と「sheet」を組み合わせたものという程度は想起し、認識する
ものということができるのに対し、引用商標からは特定の観念を
生じないから、両商標は、観念上相紛れるおそれのないものである。」

 そうすると、

引用商標とは、共に複数生じる称呼のうち1つを共通にする場合が
あるとしても、外観において明確に区別することができ、観念に
おいても相紛れるおそれがあるとはいえないことから、」

 非類似の商標であるとされました。

------------------------------------------------------------
★事例からわかったネーミングのツボ♪
------------------------------------------------------------

 今回は、一部の称呼が共通する商標の類否が問題となりました。

 称呼が共通していても、外観で明確に識別でき、観念も相紛れる
ことがなければ非類似になる場合があります。

 見た目で大きく異ならせることが真似とは言わせないツボになります。 

------------------------------------------------------------
 お役に立ちましたでしょうか?

 今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

************************************************************
真似とは言わせない!ネーミングのツボ(毎週火曜日発行)

ご質問・ご感想お待ちしております!

  編集・発行 深澤 潔
  http://brand-service.biz/

 各種商品・サービスのネーミング、会社ロゴ等の商標登録関連
を扱っております
************************************************************

スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在19,940コラム

カテゴリ

労務管理

税務経理

企業法務

その他

≪表示順≫

※ハイライトされているキーワードをクリックすると、絞込みが解除されます。
※リセットを押すと、すべての絞り込みが解除されます。

新規投稿する

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

注目検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP