相談の広場

このエントリーをはてなブックマークに追加

税務管理

税務経理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!

総務の森イチオシ記事が満載: 経営ノウハウの泉(人事労務~働き方対策まで)

合同会社の棚卸資産計上について

著者 れもこ さん

最終更新日:2021年09月11日 22:33

宜しくお願いします。

化粧品販売(ネット販売)合同会社です。

決算仕訳入力で
①期末商品棚卸高→「商品」とは『製品(化粧品の完成品)の在庫+材料等の在庫』でしょうか?
②期末製品棚卸高→「製品」とは『製品(化粧品の完成品)の在庫』でしょうか?
開発費/普通預金として仕訳しているものも「期末商品棚卸高」に振り替えてよいのでしょうか?

決算入力をしているのですが、仕入、売上の仕訳入力は完了し、
棚卸資産での「商品」「製品」をそれぞれ期首、期末で計上しないといけないことは理解できました。ただ「商品」か「製品」のどちらに仕入額を入れたらよいのか?両方に入れたらよいのか、「商品」は他の材料の在庫も計上しないといけないのか?
台帳を見ていて混乱してきてしまいました。

ご教授願います。

スポンサーリンク

Re: 合同会社の棚卸資産計上について

著者miyajimaさん

2021年12月02日 09:36

こんにちは。

棚卸資産に含まれるものとは。
棚卸資産とは、いわゆる「在庫」のことを指します。そのため、小売業であれば「商品」などになりますし、製造業であれば「原材料」や「仕掛品、半製品、製品」などになるでしょう。 事業で取り扱うものが土地や建物など不動産になれば、販売前で保有する土地や建物も「在庫」となるため、住宅販売会社が保有する自社土地などが棚卸資産となります。

ご質問の化粧品の製造販売となると、原材料、瓶、ケースなど、それにその商品を入れるケースなども当てはまります。
お話では、ネット販売を中心とされているようですから、毎年、決算時には同期の販品目を十分の把握して、翌年度の過剰在庫など防止する意図もあります。

参考になります。今一度お読みになって理解度を深めて下さい。

会計ソフト 会計ブログ 会計の基礎知識 棚卸資産とは何か~評価方法の種類~
とはhttps://freeway-keiri.com/blog/view/579

Re: 合同会社の棚卸資産計上について

著者うみのこさん

2021年12月02日 13:16

製品と商品の違いですが。

ざっくりいえば、自分のところで作っているのが製品、よそから仕入れるのが商品です。
それぞれ別のものです。

また、材料は材料で別に計上します。
製造原価報告書に出てきます。

開発費棚卸資産ではありません。
繰延資産として処理する場合、当期の償却額を処理します。

1~3
(3件中)

    スポンサーリンク

    労働実務事例集

    労働新聞社 監修提供

    法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

    スポンサーリンク

    経営ノウハウの泉より最新記事

    注目のコラム

    注目の相談スレッド

    スポンサーリンク

    PAGE TOP