相談の広場

このエントリーをはてなブックマークに追加

税務管理

税務経理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!

総務の森イチオシ記事が満載: 経営ノウハウの泉(人事労務~働き方対策まで)

貸倒引当金と売掛金について

著者 毎日勉強 さん

最終更新日:2022年04月16日 13:08



いつもお世話になっております。

弊社では貸倒引当金を毎年計上しているのですが、
今までは使用することなく、下記のように決算時期(3月)に
戻入・繰入を伝票にて計上していました。(洗替法)

引当金戻入処理
 貸倒引当金 100,000 / 貸倒引当金戻入 100,000

引当金繰入処理
 貸倒引当金繰入 100,000 / 貸倒引当金 100,000



今回取引先が倒産し、売掛金残高の回収ができなくなり、相手側の弁護士などを
通じて債権手続きを行いました。
売掛金残高6,000円に対して、1,000円だけ戻ってきています。
その際、事前に立てていた貸倒引当金を使用して残りの売掛金の処理を行う際、仕訳はどのようにすべきでしょうか。
下記のように処理を考えています。



貸倒引当金計上額   100,000円
売掛金全額       6,000円
売掛金回収不可額    5,000円
売掛金一部回収額    1,000円


売掛金回収時の仕訳
 貸倒引当金    5,000   /  売掛金   6,000
 預金       1,000 

決算時の戻入仕訳
 貸倒引当金    95,000  /  貸倒引当金戻入  95,000

決算時の繰入仕訳
 貸倒引当金繰入  100,000  /  貸倒引当金   100,000


以上です。
間違っていましたら、適切な処理をおしえていただきたいです。
どうぞよろしくお願いいたします。




スポンサーリンク

Re: 貸倒引当金と売掛金について

著者tonさん

2022年04月16日 13:39

>
>
> いつもお世話になっております。
>
> 弊社では貸倒引当金を毎年計上しているのですが、
> 今までは使用することなく、下記のように決算時期(3月)に
> 戻入・繰入を伝票にて計上していました。(洗替法)
>
> ①引当金戻入処理
>  貸倒引当金 100,000 / 貸倒引当金戻入 100,000
>
> ②引当金繰入処理
>  貸倒引当金繰入 100,000 / 貸倒引当金 100,000
>
>
>
> 今回取引先が倒産し、売掛金残高の回収ができなくなり、相手側の弁護士などを
> 通じて債権手続きを行いました。
> 売掛金残高6,000円に対して、1,000円だけ戻ってきています。
> その際、事前に立てていた貸倒引当金を使用して残りの売掛金の処理を行う際、仕訳はどのようにすべきでしょうか。
> 下記のように処理を考えています。
>
>
>
> ・貸倒引当金計上額   100,000円
> ・売掛金全額       6,000円
> ・売掛金回収不可額    5,000円
> ・売掛金一部回収額    1,000円
>
>
> ①売掛金回収時の仕訳
>  貸倒引当金    5,000   /  売掛金   6,000
>  預金       1,000 
>
> ②決算時の戻入仕訳
>  貸倒引当金    95,000  /  貸倒引当金戻入  95,000
>
> ③決算時の繰入仕訳
>  貸倒引当金繰入  100,000  /  貸倒引当金   100,000
>
>
> 以上です。
> 間違っていましたら、適切な処理をおしえていただきたいです。
> どうぞよろしくお願いいたします。


こんにちは。
書かれた内容で問題ないと思われますが確実なところは税理士等にご確認ください。
とりあえず。

Re: 貸倒引当金と売掛金について

著者毎日勉強さん

2022年04月16日 15:01


> こんにちは。
> 書かれた内容で問題ないと思われますが確実なところは税理士等にご確認ください。
> とりあえず。
>


ton 様

いつもお世話になっております。
早速のご回答をありがとうございました。
税理士にも確認いたします。
ありがとうございました!

Re: 貸倒引当金と売掛金について

こんにちは。

売掛債権未回収についてですが、破産、倒産とはいえ清算過程で回収可能とする経緯も発生します。
そのため、決算処理上、貸倒引当金と特別損失として処理することが行われます。
割合そのものは分かりませんが、公認会計士税理士の先生とご相談の上決算処理すことが良いと思います。
売掛損失の頻度が激しとなると、御社の信用度にもかかります。
売上の過剰などは、金融機関から取引上の信用度の低下です。

通常、売掛取引を行う際には取引先の与信調査をし、その取引額を決めます。
初期の時には年間取引予想額の
30%、回収状況に世より格上げしていきます。
この作業は中小企業関係者は一番注意を払います。
地引金融機関の方にも多少はお問い合わせがいいでしょう。
情報はよく流れてきます。


参考となる引当金処理について解説HPがあります。
(18)HPです。
貸倒損失貸倒引当金(17 ・ 18) https://www.tabisland.ne.jp/kaikei/kakuron_02.htm

Re: 貸倒引当金と売掛金について

著者うみのこさん

2022年04月16日 18:38

基本はton様の言う通りで、最終的には税理士に確認していただければよいと思いますが、1点だけ教科書的な回答をします。

その貸し倒れた売掛金がいつ発生したものかが重要です。
貸倒引当金は、前期の売掛金に対して設定しているものなので、当期発生した売掛金に対する貸し倒れには使えません。
従いまして、その貸し倒れた売掛金が当期発生したものだった場合は、5,000円はそのまま貸倒損失となります。

また、会計処理としてはそれでいいですが、税務会計上の損金に当たるかどうかは別になりますので、特に税理士とよく話し合ってください。

1~5
(5件中)

    スポンサーリンク

    労働実務事例集

    労働新聞社 監修提供

    法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

    スポンサーリンク

    経営ノウハウの泉より最新記事

    注目のコラム

    注目の相談スレッド

    スポンサーリンク

    PAGE TOP