スポンサーリンク

相談の広場

このエントリーをはてなブックマークに追加

総務の給湯室

総務担当者同士の給湯室的空間!「みんなの会社ではどうしてる?」など・・・ご自由に!

法律論の話…(誤って削除)

著者 hitokoto2008 さん

最終更新日:2018年02月01日 21:55

事の終結まで書くつもりであったが、誤って削除してしまった…
過去投稿にレスをしていただいた方たちにはお詫び申し上げます。
先方から解任通知がきました。
返信書面をA4サイズでビッシリ自分で書きこんで、一発かましてやることにしました。
大先生に書面を見せたところ、「よくできていますね!」とお褒めの言葉をいただきました。うれピー♪
刑事事件に関わる話なので、受け取ったほうは内容を読んで大慌てのはず。
ただ、こちらは私が作成したのに、弁護士にそれを持って行って相談を受けるのは禁じ手だろうと思う(爆笑)
話しは変わるが、某弁護士のブログを読んだ…
刑事事件で依頼主から「実は私が犯人です」と告白を受けたとき、どうするか…
というのがありました。
本人が自白しても、処罰を望まない場合には黙っているという内容でしたね。
自首を奨めて、罪を償うことを求めるとお思いきや…しないというものでした。
依頼人に有利という原則があるそうです…

スポンサーリンク

Re: 法律論の話…(誤って削除)

著者 hitokoto2008 さん

最終更新日:2018年02月02日 21:56

土日で最後の手段を更に煮詰めないとなりません。
でも、相談出来る人もおらず、独りで対抗策を練っている手前、愚痴も出てしまう…
最終局面に入りました。
敵対連中はあくまでも、解任に動く旨引き下がらないと通告してきました。
解任して、訴訟の取り下げを目論んでいましたから、弁護士先生も依頼人がいなくなるどうしようもないとなりました…
したがって、今まで温めていた私案最終兵器を使用することにします。
会社の借入金は全て弁済する。銀行の借入金契約は解除します。給与支払い分も残さず、手元にある流動資金は処分します(全て手続き済み)
したがって、今月の給与と月末支払いは不能となります。資金調達は不正を行っている新経営陣の仕事となります。
ただ、資金を横流ししようと思っていたのに、弊社そのものに資金がないことがわかれば、大慌てになるはずです。連中に資金調達余力がないことは調査済みですが、それだけは一種の賭けになりますね(あれば、次の手も考えてある)。
それを見込んで、民事再生を申請する予定ですが、債務超過ではないので、破産管財人に会社を管理してもらいます。
また、それとは別に十分な資金を先生に渡しておきますので、訴訟原告人を変更して別なルートから訴訟は継続させます。
それ以外にも、数種着手しています。トップは解任されてしまうので、私が訴訟指揮をとりますが、裏で私が指揮をとっていることが連中にバレルことは必至です。
当然私は解雇されてしまいますが、マニュアルを作成しておくので、仲間にやらせます(自宅にいるので裏から支援もします)
社長、幹部連中、弁護士にも私の私案は伝えていますので、後は実行するのみです。先生には、「貴方はいろいろ詳しいので銀行出身者ですか?」と聞かれたので、「ハローワークでこの会社に入りました」と言ったら、笑っていました(苦笑)
100かゼロを決断しなければならないのは悲しいですね。

Re: 法律論の話…(誤って削除)

著者 hitokoto2008 さん

最終更新日:2018年02月02日 22:54

核弾頭ミサイルは株主総会決議後発射される。
経理には指示済み。後戻りはない。
トップは解任なので、当人にもドサクサ紛れの処理として罪を被ってもらう。
その他、幹部社員には一人づつ指示も与えてある…
連中の首領がある程度会社法を知っているようなので、想定外の事実に何処まで対応できるかだろうな…
100%株式を保持しているという油断が、相手の最大の弱点でもある。
おまけに、私の知識も相手にバレテいないし、相手が想定している以上のことを画策している。
私が勉強してきた法律知識はこのような使い方をするためのものではない。
もっと良い形で使いたかったが、やむを得ない。
一部社員には申し訳ないことだと思うが、”はれのひ”みたいな会社にはできない。
私自身も逮捕されるかもしれない危ない道を渡っているわけだ…
だが、社員は私の苦渋の選択を許してくれるだろうか…

Re: 法律論の話…(誤って削除)

著者 hitokoto2008 さん

最終更新日:2018年02月03日 02:19

当日の株主総会には私は出席できない。
仮に同席できても発言権がない。
したがって、社長が話すマニュアルを私が作成するわけだが、20分程度で終わらせると言っているので、おそらく、社長の発言権は封じ込められるだろう。
どうやって、それを混乱させられるかだな…
土日を使ってじっくり考えるしかないが…
知っている人がいたら教えてほしいな…
明日は、別ルートの訴訟人と打ち合わせをしなければならないし…

追加の思いつき…
給与のダミーだが…
解雇された場合のことを考えて、私の給与を60万円にしておく。
日付を1月に遡って給与改定稟議書を作成、社長に決裁してもらう。
解雇予告手当は60万円もらえることになる。
社長から貰うつもりはないが、悪人共から貰うことに罪悪感は感じない(笑)
まあ~会社に戻れたら、差額は返すつもりだ。
時給1100円からのアップになるが、違和感を感じるだろうか?(爆笑)

Re: 法律論の話…(誤って削除)

著者 hitokoto2008 さん

最終更新日:2018年02月03日 19:22

昨日の敵は今日の友。
今日打ち合わせた人間はそのような人物。
情報交換して共通の敵を倒す。そのような打ち合わせだった。
お互いの弁護士同士でも協力しあっている。
敵対していたとき、弊社を乗っ取るつもりだったそうだ…
だが、先方のボスは、その時私がいたので断念したとのこと。
要は寝返り派であって、私の仲間たちにはすこぶる評判が悪い。
だが、内部情報を提供してくれたので、それは争える決定的な資料となっている。
それまでは、何も打つ手がなかったので救世主か…
これについては、素直にお礼を言わせてもらった。決着がつけばそれ相応の支援を考えていたものの、自社がこのような状況に陥ってしまったので、難しくなった旨正直にお詫びした。
「始めから、私とhitokotoさんの二人でやっていれば、余計な人たちまで巻き込まずに、もっとスムーズに軟着陸ができたのにね…」
それには私も同意。
裏の世界は弱肉強食の世界、知識のない弱い方が負ける。悪でも勝てば正となる。企業戦争は、真面目、優しさだけでは生きていけない。


Re: 法律論の話…(誤って削除)

著者 hitokoto2008 さん

最終更新日:2018年02月04日 21:01

嵐の前夜…
とりあえず、考えつくことは一通りやった…
金曜日から殆ど寝ていない…
最後の仕事が、トップから依頼された「社員全員に対する今回の事態を招いてしまった代表者としてのお詫びの文章」
最後位は自分で作成してもらいたかったな…
「これって、『新しい経営陣に対して皆で団結しなさい』という意図にならないか?」「私が社員を煽動しているようではないか…」
そもそも、トップの過失責任は重大。社員からすれば背任行為にあたるわけ…
後日、社員から訴えられないように書いたもの。
私が作成した文章の意図は、
「私は会社、社員を守るため一生けん命頑張ったが、対抗策もなく何も出来なかった。だが、社員皆には一致団結して会社、自分を守れる方法がある。だから、頑張ってください」というものである。
相手から解任される理由は、おそらく「乱脈経営」を理由にされるだろう。おまけに、社員からは背任行為で訴えられる恐れがある。
相手のことよりも、最後まで保身しか考えていない。
この場に及んで「今月の報酬は貰えるのかな?」そんなことは聞かないで欲しい…
私が間違っていたのか?

Re: 法律論の話…(誤って削除)

著者 hitokoto2008 さん

最終更新日:2018年02月10日 09:35

その後の話…
総会において弊社トップが議長を務めるように要請があった。
トップは総会など経験したこともないので、その進め方すら知らない。
私にどのように進めたらよいのか?マニュアルを作ってくれ…という。
当然部外者である私は同席できないと思っていたので、簡易的に作成。
議長をやらせるのは、「発言封じ」かとも思ったが…
だが、実質内輪の世界なので、それほど厳密ではなく、私も同席でき私の発言も許された。結局、代表権をはく奪されたうえで退任か残留かの条件を突き付けらたわけだが、その決断も私に求められてしまった(受けてください…)
トップのふがいなさにあきれて、次の日私は退職の申し入れをトップにした。
そこでは、あっさり…「やむを得ないな。定年間際の社員のことを考えてやらないとならないから…」
しばらくしてから呼ばれ、「もう少し我慢してくれないか…」「チャンスはまたくるだろう…」「私自身が一人で今回の紛争の主導的役割を果たしてきました。今度は自分の身が危ないので、証拠資料を破棄して辞めるわけです」「俺は一応残るから、それは阻止してやる…」
とりあえず、退職の件は留保して、社員たちと相談。とりあえず、完敗だが、打つ手がないわけでもない…ところが、次の打つ手の段取りをしていたところ…
突然、トップが辞めると言いだした。後は君たちでやってくれ…完全な裏切り行為でしかない…
今までの経緯から、トップの責任は刑事事件相当なのだが、それをしたくないがために今日の結果を招いてしまったわけだ。
刑事事件化にすれば俺の責任も問われるだろうが、相手を追い込むためにはそれもやむを得ない。覚悟しているので自由にやってくれ。
(その一言を最後まで言わなかった。「俺はどうなる…」)
これでは、トップを信じてついてきた社員たちが可哀そう。私も裏切られてしまった…
話しは山ほどあるが、とりあえずはここまで。

ここまででの話しで、皆さんの感想を聞きたいです。

Re: 法律論の話…(誤って削除)

著者 hitokoto2008 さん

最終更新日:2018年02月10日 12:18

追加…
こうなったら、皆と相談して会社をきれいに清算する方向で話をします。
資産超過の会社ですから、皆の給与、退職金を支払っても、まだかなり余る状態ですから。
(決算書も正確に読み切れない、会社法は殆ど知らない、そんなトップです)
君はそういうが、社員それぞれには生活があるわけで、君が勝手に進める話には納得できない。皆は会社がなくなると困るんだよ…
私には退職金はありませんが、いずれ会社資産を喰いつぶされて、社員たちの退職金も支払えなくなりますよ。
そもそも、ご自分は自ら退職する旨を言われて、自らの責任を放棄し、その一方で社員の心配をする考え方が私には理解できない…
そんなメチャクチャな論理展開をされても困るのです。
新しい経営陣に対し、現在弊社が抱えている資金繰り等の問題も含めて質問して、社員たちに安心感を与えるのがトップの務めでしょう。それを嘱託である、私や総務部長から新経営陣に質問してほしい(自分はできないから)というのは筋が通らないのではないですか?
何も対策はもっていないが、一番社員のことを考えているのは君よりも自分なんだ…と言われても、全く信じられない。
放漫経営のトップと共同経営者の杜撰経営で争っていたところへ、合法的に株式を取得して第三者が介入してきた…
”漁夫の利のその第三者”は悪人だと思ったが、実際に話を聞いてみると、経営知識が豊富で、一番経営者に相応しい…(笑)
そんなこんなで、今は社内がグチャグチャになっています(苦笑)

Re: 法律論の話…(誤って削除)

著者 hitokoto2008 さん

最終更新日:2018年02月11日 11:06

とりあえず、完敗したが、打つ手が全くないわけでもない。
ただ、問題は当事者たちに問題を解決しようとする気概そのものがないし、法律を使って対抗しようとする意志も見えてこない。
(法律の使い方は私が教えてあげるから心配する必要はない)
一番悪いのは、形成不利とみたトップが終始保身に走っていたことが原因である。自分の責任を問われるのが嫌なので、重要なことを社員たちに隠して、自分ひとりで解決しようとしていたことに尽きる。
(自ら弁護士事務所に行かないで私に質問させるが、その質問事項は私が考えたものだから、何もしていない。弁護士はトップの決断を求めているのに、決断を避ける)

トップは自分で何とかするつもりでいたのだろうが、何せ法律知識が皆無なので、事態を完全に悪化させてしまった。
私も辞めようと思ったが、まだ打てる手は複数持っているので、ここしばらくは会社に残ろうと思っている…
その複数の手に社員たちが同意してくれないのであれば、私にはどうすることもできないので、辞めざるをえないのかな…
当然、全てトップ外しの腹案なので、トップが残ろうが、もはや関係ない話になる。
まあ~結果はともあれ、今回の一連の事件は未知の分野で相当な勉強になった(苦笑)
ただ、それと同時に、それがサラリーマン人生最後の仕事になるのも、天命かもしれないな…
残念無念。

Re: 法律論の話…(誤って削除)

著者 -くろ- さん

最終更新日:2018年02月13日 11:27

お疲れさまでした。

しばらく書き込みが無かったので、実は「昨日の敵は今日の友」の人が内通していて、総会のタイミングで刑事事件化されて、身動きが取れなくなったのかと余計な心配をしていました。

今後についても結局は、船頭をどうしようか、になるのでしょうか?書き込みからは、内部の人には難しいと感じてしまいますが。もし、ホワイトホースが喧嘩相手の差し金でなければ、条件(お願い)を付けて乗っかるのが個人的には楽な気がしますが、そんなに単純ではないんでしょうね・・・
後は、「毒を食らわば皿まで」ということで、サラリーマンとしては最後ですが、経営者として経験を生かすことも・・・。もしくは、経験を書き起こしてドラマ化、主演は・・・

すみません。妄想が過ぎました。。。


追記:
ちなみに、hitokoto2008さんの投稿履歴から、削除した投稿も見られますよ。

Re: 法律論の話…(誤って削除)

著者 hitokoto2008 さん

最終更新日:2018年02月14日 11:58

> お疲れさまでした。
>
> しばらく書き込みが無かったので、実は「昨日の敵は今日の友」の人が内通していて、総会のタイミングで刑事事件化されて、身動きが取れなくなったのかと余計な心配をしていました。
>
> 今後についても結局は、船頭をどうしようか、になるのでしょうか?書き込みからは、内部の人には難しいと感じてしまいますが。もし、ホワイトホースが喧嘩相手の差し金でなければ、条件(お願い)を付けて乗っかるのが個人的には楽な気がしますが、そんなに単純ではないんでしょうね・・・
> 後は、「毒を食らわば皿まで」ということで、サラリーマンとしては最後ですが、経営者として経験を生かすことも・・・。もしくは、経験を書き起こしてドラマ化、主演は・・・
>
> すみません。妄想が過ぎました。。。
>
>
> 追記:
> ちなみに、hitokoto2008さんの投稿履歴から、削除した投稿も見られますよ。



先方から個人面談の要請がありましたが、とりあえず私はパス。
面談する側が「………????……」となるのがオチ。
個人的にも自分の正体はオープンにしたくないし。
ただ、誰がどのような仕事をしていたかとなると…最終的に私に辿りついてしまう…そこだけが不安材料。
アイディアだけは湯水のように湧きあがってくるのだが、それを行える船頭がカギとなる。悩みは尽きない。

Re: 法律論の話…(誤って削除)

著者 -くろ- さん

最終更新日:2018年02月14日 13:04

こんにちは。

________________________________________
<コトバンク>M&A用語集の解説
-ホワイトナイト-
直訳すると白馬の騎士。アーサー王伝説に出てくる英雄である。敵対的買収を仕掛けられた企業側に立つ有力な支援者のこと。しかし、ホワイトナイトとて多額の出費をするわけで、それ相応のリターンを求めていると考えるのが妥当で、通常は何らかの意図がある。したがって、純粋な意味でのホワイトナイトは存在しないといえるだろう。
________________________________________
はい、ホワイトナイトの事です。
間違えた上に嗜好まで・・・お恥ずかしい限りです^^;

総会直前は、すべてを守る事が困難で墜落濃厚のため、敵地に突っ込んで自爆を考えていたようですが、状況が変わり自爆以外の道が出てきたのかと思われます。
ただ、会社唯一のパイロットであるhitokoto2008さんの最終的な見立ての通り、墜落濃厚なのであれば、どこかに不時着して部分的に守ることも・・・

話は変わりますが、すでに総会に出席し的確な発言までしている時点で、どういった人なのかは推察されているかと思われます・・・社内的には、証拠があってもなくても・・・

船頭が優秀でも、法的な問題(弱み)を清算しない限りは、維持することは困難かと・・・



と、色々と書きましたが、すでにお考えだと思いますので余計な戯言と思って聞き流してください。

Re: 法律論の話…(誤って削除)

著者 hitokoto2008 さん

最終更新日:2018年02月14日 18:50

> こんにちは。
>
> ________________________________________
> <コトバンク>M&A用語集の解説
> -ホワイトナイト-
> 直訳すると白馬の騎士。アーサー王伝説に出てくる英雄である。敵対的買収を仕掛けられた企業側に立つ有力な支援者のこと。しかし、ホワイトナイトとて多額の出費をするわけで、それ相応のリターンを求めていると考えるのが妥当で、通常は何らかの意図がある。したがって、純粋な意味でのホワイトナイトは存在しないといえるだろう。
> ________________________________________
> はい、ホワイトナイトの事です。
> 間違えた上に嗜好まで・・・お恥ずかしい限りです^^;
>
> 総会直前は、すべてを守る事が困難で墜落濃厚のため、敵地に突っ込んで自爆を考えていたようですが、状況が変わり自爆以外の道が出てきたのかと思われます。
> ただ、会社唯一のパイロットであるhitokoto2008さんの最終的な見立ての通り、墜落濃厚なのであれば、どこかに不時着して部分的に守ることも・・・
>
> 話は変わりますが、すでに総会に出席し的確な発言までしている時点で、どういった人なのかは推察されているかと思われます・・・社内的には、証拠があってもなくても・・・
>
> 船頭が優秀でも、法的な問題(弱み)を清算しない限りは、維持することは困難かと・・・
> と、色々と書きましたが、すでにお考えだと思いますので余計な戯言と思って聞き流してください。


ご意見ありがとうございます。
実際のところ、打つ手がないわけではないのです。要は、当事者である社員が直接立ち上がらないとダメなわけです。
本日も、私と先生二人の三人でいろいろ相談をしました。
先生方が考えていることは、私が考えていた対抗手段とほぼ同じでした。

私は会社が不正を行っている資料を会社のコピー機でコピーして持ち出しているので、コピー窃盗罪に当たるそうです。先生本人が過去立件にもっていった経験があると言っていましたので、確実でしょうね(笑)
つまり、私は既に犯罪者になってしまっています(爆笑)
そのうえで、更に、もっと資料が欲しいと言われました(苦笑)
「先生!そんな重大な資料の持ち出しを私にやらせるんですか?私がクビになってしまいますよ(笑)…」
「その資料は弁護士である私に渡してあると言えばいい!」
「あなたは別段退職金もないわけですから、クビでもいいじゃないですか(笑)…」
「酷い話ですね…(笑)」
既に私自身も危ない橋を渡らせられてしまっているわけで、ここでまたハシゴを外されたら(トップにハシゴを外されている)、人間不信に陥ってしまいますよ(爆笑)
人を疑うことすら知らなかった純情無垢な私が、それが原因でグレテしまった…
不良老年になってしまったら、どうしてくれるの?
そんな状態です(苦笑)



Re: 法律論の話…(誤って削除)

著者 hitokoto2008 さん

最終更新日:2018年02月16日 23:23

人間って、土壇場でその人の本当の姿がわかるんだね。
普段、どんなにマトモナことを言っていても、いざとなると何もできないし、逃げてしまう。
皆が○○は信じられない、○○ならついていく…そう言われてしまうと、私の動きも鈍ってしまう…一致団結が必要なのだが…
でも、最低限、土壇場で○○が会社側に寝返えることはないよね…
それをやっちゃうと、○○はその後、皆から大変な仕打ちを受けることになるよ。
たぶん、それは大丈夫だと思います。
皆自分が可愛いのは当然だが、どうなんだろう…
でも、私は最後の最後で自分の生き方を恥じるようなまねはしたくない…
民事再生、破産の申し立て、会社解散…
最終的にはそれのどれかに行きつくのかな?と思っているが…

新オーナーと軽く話をしたが…
すでに事情は知っているはずなのに、新体制に協力してくれませんか?と言われた(後輩部長は私がいないときに脅かされて、洗いざらい白状しろと言われたらしい(爆笑))。
今の会社の人事、経営管理の土台を作ったのは私で、後輩部長に仕事を教えたのも私ですが、私も年なので、もはや私の知っている経営ノウハウは貴方がたには必要ないでしょう…それに、私の契約期間満了も直ぐですし…
いや、まだまだ、若い、会社は契約を更新したいので、是非貴方のもっているノウハウを新体制に生かしてほしいと言われたわけだが、普通に考えれば懐柔策なんだろうね(苦笑)
まあ~どちらでも構わないのだが、とりあえず、知りたいことがあれば、その都度その場で即答できると思うと答えておいた(苦笑)
業界の掟、会社の歴史、会社財務、人事制度等…なんでもOKよ(苦笑)
オーナーに対する私の態度は慇懃無礼そのものだったが、恐怖だった親会社に比べれば、オーナーと言っても、所詮中小企業の社長。
臆することはなにもない。
それも、親会社に反骨の精神を鍛えられていたおかげだな(苦笑)…

Re: 法律論の話…(誤って削除)

著者 hitokoto2008 さん

最終更新日:2018年02月20日 21:28

削除されました

Re: 法律論の話…(誤って削除)

著者 hitokoto2008 さん

最終更新日:2018年02月17日 18:08

”昨日の敵は今日の友”と打ち合わせ。
情報交換をしたが、今相手にしている連中はヤバい連中かもしれないとのこと。新オーナーの意図が未だ読み切れないが、それにくっついている奴らはまともでないことは確か…
電話をしてみたら、その電話は現在使われていなかった…
問題は、その連中は常に一枚岩ではなくメンバーが乗っ取り案件ごとにその都度変わってくるという話(その都度チームを組むという話だ)
例えば、その会社が持っている取引先はA、その会社資産はBがもらう…
そんな感じらしい。
今回登場した乗っ取り連中には、そのような役割があるはずではないか?ということだった。
関わりがあった過去の事件について教えてもらったが、「連中の一人を入院させましょうか?」と言われたことには、正直驚いた。
私は裏の世界で生きたことはないし…
ただ、法律を何も知らず、頭の回転ができないトップと後輩部長は深入りしないほうがよかろうと思う…
身の危険を感じたら、サッサと辞めるように忠告するつもりだ。


Re: 法律論の話…(誤って削除)

著者 hitokoto2008 さん

最終更新日:2018年02月17日 23:10

今日話した相手は、散々悪事まがいのことを経験している人間。
当然会社乗っ取りもたくさんやっている。
たまたま、利害関係が一致したので同盟を結んだわけだ。
将来はまた敵同士になるのは必至だが、今は身内の社員より頼りになる。
毒には毒をもって制すという言葉が相応しいのかもしれない…
全く頼りにならない後輩部長を、「悪い人間ではないんだけどな…」と言ったら、「hitokokotoさん、悪い人間などいないんですよ…」「バカか利口のどちらかしかいないんですよ…」
と言われてしまった。
経済犯罪の修羅場をくぐり抜けてきた本音なんだろうね…
私と話をしている一方で、既に新たな買収計画を立てている話をしている。
○○にいい物件があるんですよ。仲間から紹介してほしいと言われています。
まあ~そうやって次々に犠牲者が出るんだろう…
民事訴訟法、民事保全法、民事執行法、会社法、倒産法、刑法…今使おうとしている範囲だが、もはやトップや後輩部長に説明しても理解できない世界なので、説明することは止めにしました。
私には家族がいるんです…退職金がほしいです…あきらめなさい…




> ”昨日の敵は今日の友”と打ち合わせ。
> 情報交換をしたが、今相手にしている連中はヤバい連中かもしれないとのこと。新オーナーの意図が未だ読み切れないが、それにくっついている奴らはまともでないことは確か…
> 電話をしてみたら、その電話は現在使われていなかった…
> 問題は、その連中は常に一枚岩ではなくメンバーが乗っ取り案件ごとにその都度変わってくるという話(その都度チームを組むという話だ)
> 例えば、その会社が持っている取引先はA、その会社資産はBがもらう…
> そんな感じらしい。
> 今回登場した乗っ取り連中には、そのような役割があるはずではないか?ということだった。
> 関わりがあった過去の事件について教えてもらったが、「連中の一人を入院させましょうか?」と言われたことには、正直驚いた。
> 私は裏の世界で生きたことはないし…
> ただ、法律を何も知らず、頭の回転ができないトップと後輩部長は深入りしないほうがよかろうと思う…
> 身の危険を感じたら、サッサと辞めるように忠告するつもりだ。
>
>
>

Re: 法律論の話…(誤って削除)

著者 hitokoto2008 さん

最終更新日:2018年02月19日 16:20

新オーナーと側近が私のところへやって来た…
何事かと思ったが、今回の取締役会が終わったその報告だった。
次回の取締役会の予定をあれこれ話して、その時の協力依頼を求めてきたのだろうと思っているが…何か変でないかい?
廻りに部長連中がたくさん人がいるのに、なぜ私だけに話すの?
私はただの嘱託で経営に直接タッチする権限はないし、その内容にも興味がない。
オーナーなんだから、決めた結果を従業員に伝えれば済むことだ。
面倒くさい話だ(苦笑)

Re: 法律論の話…(誤って削除)

著者 hitokoto2008 さん

最終更新日:2018年02月19日 20:57

後輩がトップから脅かされたらしい…(苦笑)
何とかしないと、お前の責任が問われるぞ!?…(本人から指示を受けたと言えば、たいした問題にはならないはずだが)
自分の責任で部下に指示を出した…とは全く出て来ない(苦笑)
相手側から脅かされ、身内のトップからも脅かされて、哀れというしかないよな。
”「それは出来ません。やらない方がいいですよ。やるならご自分で…」と言ったほうがいいよ。”
というのが、私のアドバイス…
そうしたら、「hitokotoさんと相談したら、そういう結論に達しました。」というので、「何で俺の話がそこで出てくるんだよ!あくまでも、自分自身で考えぬいた結果だろう!」「俺の名前を出すんじゃないよ!(苦笑)」
いいかい…トップと君は適当な時期に排除される運命なんだよ…株式は収得した…取締役会は牛耳った…次は総務と経理の重要ポスト…だが内情を安定させないといきなりは無理だ…
「それは理解していますので、何時でも辞める覚悟は出来ました…」
おおっ!進歩したね(苦笑)
私はその後を引き受けるつもりは全くないし、連中にその力はない。
会社更生なら1年以上かかるし、民事再生でも半年くらいはかかるはずだから、たぶん管理の人間はそれまでは働けるはずだ…
グッドだろう(苦笑)

基本的に私が考え抜いていることをトップには伝えるつもりはないし、勝手にやらせてもらうと、トップには伝えているので、挨拶程度でずーっとトップとは話しをしていない。
さて…次は何を仕掛けるかな…


Re: 法律論の話…(誤って削除)

著者 hitokoto2008 さん

最終更新日:2018年02月20日 10:03

私の今日の運勢。
>正義感が強く曲がったことが嫌いな○○さんは、その誠実な人柄から多くの人に慕われています。常に正しい選択を行うというのは、実はとても難しいことです。それを実践している○○さんだからこそ、周囲からの絶大な信頼を得ることができているのです。今日一日の中で、あなたはある選択に迫られることでしょう。そして、あなたは自分の正義に基づいてその選択を行わなければなりません。その選択は、○○さん自身にとって辛いものとなるでしょう。ですが、誘惑に負けず正しい選択を行うことによって、結果的にあなたは失ったものよりも大きなものを得ることとなります。それは、今後のあなたの日常に大きな影響を及ぼすこととなるでしょう。
今後の○○さんに必要なのは、自分の考えや姿勢を一貫するということです。もちろんこれまでの○○さんがそうであったため、それはあなたにとってさほど難しいことではないでしょう。しかし、場合によっては自分の意志を一貫するということがとても辛いこともあります。そうしたときも○○さんは気丈に、自分らしさを貫いていかなければならないのです。そうすることによって、あなたは何らかの形で確かな実績を積み上げていくことができます。結果的にそれが豊富な人脈や仕事での成功、あるいは恋愛の成就(じょうじゅ)へと繋がっていくのです。自分に自信を持って、わが道を歩んで行ってください。
               ↑↓

相手の今日の運勢
>精神的にやや不安定な××さんは、その曖昧な言動や行動によって周囲を翻弄(ほんろう)してしまう傾向にあります。それによって人間関係におけるトラブルを経験したこともあるのではないでしょうか。残念ながら、今もまだあなたのその欠点は改善されているとは言えません。しかし、今日一日の中であなたは自分の欠点を克服するチャンスに恵まれることになるでしょう。感情的に物事に接するのではなく、あくまで事実をありのままに捉え、それに対して冷静な判断を下すよう心掛けてください。そうすれば自ずと頭の中は整理され、あなたは正しい判断を行っていくことができます。今日は自分磨きの第一歩とも言える一日となりそうです。
今後の××さんに必要なものは、もっと周囲へと気を配り、状況を冷静に捉える習慣を身につけることです。これまでの××さんは、物事をすべて自分の感情を中心として捉えているところがありました。しかし、それではあなたは周囲からの理解を得ることはできません。自分本位な生き方は、人生を貧しくします。もっと気持ちに余裕を持ち、周りの声に対して積極的に耳を傾けてみましょう。周囲への理解と許容こそが××さんの人生を豊かに彩ってくれます。人生は××さん一人で生きているわけではありません。周りの人達との結束を固めることによって、あなたは充実した日々を手に入れることができるのです。

Re: 法律論の話…(誤って削除)

著者 hitokoto2008 さん

最終更新日:2018年02月20日 13:25

感慨…
最後の十数年来は”ぼっち”で仕事をしてきた。
その喜び、辛さ、悲しみは誰にも明かせないし、心の闇にしまっておく。
常に先を見つめて仕事をしてきたつもりであるが、たぶん、それは誰にも知られることはないだろう…
私の心にあるのは、会社、社員のことばかりだった…
でも、誰も私のことには気に掛けない…
その私の評価は他人に任せるとして、自分としては、やはり、最後まで初心貫徹しかないよな(苦笑)

相談を新規投稿する

1~20
(52件中)

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

経営ノウハウの泉より最新記事

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP