スポンサーリンク

  • HOME
  • 労働実務事例

労働実務事例

提供:労働新聞社

賃金と雇用継続給付が両方アップすることはあり得るか

「労働新聞」「安全スタッフ」(2009年1月~12月掲載文)
法改正等で現在の正確な内容と異なる場合があります。

[ 質問 ]

 再雇用の従業員同士が談笑中、1人が「賃金が上がれば高年齢雇用継続給付はダウンする」という話をしました。ところが、別の1人は「自分は両方上がった」と主張します。継続給付の仕組みからいって、あり得るのでしょうか。

高知・H社

[ お答え ]

 再雇用時には、定年前と比べ賃金が大幅にダウンするのが一般的です。就労意欲の減退を招きかねないので、雇用保険では高年齢雇用継続給付という仕組みを設けています。
 高年齢雇用継続給付は、60歳時点(または離職時点)と比べ、賃金が75%未満に低下すれば支給されます。支給額は、原則として各月に支払われた賃金に15%を乗じた額です。ただし、低下後の賃金水準が60歳時点の75%未満61%以上の場合には、「15%から一定の割合で逓減する率」を計算に用います。
 たとえば、低下後の賃金水準が70%のとき、乗率は4.67%、65%のときは10.64%となり、結果的に、65%時の雇用継続給付の額は70%時の額を大きく上回ります。
 しかし、61%未満の場合、乗率は15%に固定されます。ですから、計算ベースとなる賃金が高いほど、雇用継続給付も高くなります。



労働新聞社について

閲覧数(1,072)

スポンサーリンク

キーワード毎に情報を集約!

絞り込み検索!

現在636事例

カテゴリ

表示順

※ハイライトされているキーワードをクリックすると、絞込みが解除されます。
※リセットを押すと、すべての絞り込みが解除されます。

スポンサーリンク

PAGE TOP