• HOME
  • 労働実務事例

労働実務事例

提供:労働新聞社

このエントリーをはてなブックマークに追加

傷病休職者が未取得の年休請求、退職予定者へも年休付与する?

「労働新聞」「安全スタッフ」(2010年1月~12月掲載文)
法改正等で現在の正確な内容と異なる場合があります。

[ 質問 ]

 私傷病休職期間が満了し、退職予定の従業員がいます。休職発令が出る前に未取得の年休があって、本人がすべて消化したいと希望しています。退職者を対象に時季変更権の行使はできないと聞きますが、請求どおり休暇を与える必要があるのでしょうか。

岡山・K社

[ お答え ]

 使用者は、事業の正常な運営を妨げる場合、「他の時季に」年休を与えることができます(労基法第39条第4項ただし書き)が、解雇等により退職日が決定している人については「予定日を超えての時季変更は行えない」と解されています(昭49・1・11基収第5554号)。
 一方、私傷病休職の発令が出され、病気療養に専念している社員は、「労働義務がない日について年休を請求する余地がないことから、年休権の行使ができない」という扱いとなっています(昭24・12・28基発第1456号)。ですから、お尋ねのケースでは、そもそも退職日までの間、年休日の指定ができません。
 退職ないし解雇された場合、残余の休暇権は当然のこととして、消滅してしまいます。ただし、会社が休職発令を解き、年休を与えるという温情的処理も可能です。



労働新聞社について

閲覧数(2,585)

スポンサーリンク

キーワード毎に情報を集約!

絞り込み検索!

現在636事例

カテゴリ

表示順

※ハイライトされているキーワードをクリックすると、絞込みが解除されます。
※リセットを押すと、すべての絞り込みが解除されます。

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

経営ノウハウの泉より最新記事

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP