• HOME
  • コラムの泉

コラムの泉

このエントリーをはてなブックマークに追加

現市場で成長を狙うか、新市場で成長を狙うか!

【市場の開拓】

現在の商品を新しい市場に投入して、もし売れれば売上も利益も増えるだろう。

あるいは新商品を開発して現在の市場に投入して売ってもよい。

もちろん開発した新商品を新しい市場に投入することもいい。

いずれも経営革新への挑戦になる。

====================================

【本文】

■現市場で成長を狙うか、新市場で成長を狙うか!■

一度開発した商品を末永く販売しながらサバイバルしている会社の代表例が桃屋だろう。

ノリの佃煮は「えどむらさき」や「ごはんですよ」でおなじみだ。

「はなラッキョー」もかなり古い。

次々新商品を投入する会社もあるが、桃屋ではよほどの自信作でない限り、真価を世に問うことはしないようだ。



現商品を新市場に投入することで成長を狙う手がある。

代表例が海外市場への進出などが考えられる。

TOTOはウォッシュレットの拡販を狙って海外市場に進出して大成功を収めている。

アイリスオーヤマのように家電分野に新規参入して、全く新しい市場に進出するのも有効な成長戦略になる。

        = コンピテンシー宣教師 =

*************************************************

この記事に関するご感想、ご意見はこちらから 3223898301@jcom.home.ne.jp

コンピテンシー導入の威力について
⇒ http://saiaiconsul.web.fc2.com/consul1.html

*************************************************************************

メールマガジン「仕事のできる人の集団作り戦略」好評配信中!登録はこちら
⇒ http://www.melma.com/backnumber_59181/

ブログにも味深い記事を掲載しています。こちらをクリック!
⇒ http://plaza.racten.co.jp/saiaiconsul//
⇒ http://blog.goo.ne.jp/saiaiconsul/

*************************************************************************

スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在20,568コラム

カテゴリ

労務管理

税務経理

企業法務

その他

≪表示順≫

※ハイライトされているキーワードをクリックすると、絞込みが解除されます。
※リセットを押すと、すべての絞り込みが解除されます。

新規投稿する

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

経営ノウハウの泉より最新記事

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP