• HOME
  • コラムの泉

コラムの泉

このエントリーをはてなブックマークに追加

独自のオリジナル商品で下請けから脱却しよう!

【脱下請け】

下請けから足を洗うと言う考えも「あり」だと思う。

下請けは、QCDなどで無理難題を押し付けられるから利益なき繁忙になってしまう。

第二創業に挑戦して他社が参入しにくい独自商品で勝負することをお勧めしたい。

========================================

【本文】

■独自のオリジナル商品で下請けから脱却しよう!■

下請けに甘んじているがゆえに苦しい経営を強いられている中小企業は多い。

親企業からはQCD(品質、コスト、納期)などで無理難題を押し付けられる。

コストダウンと称して定期的に何の根拠もないのに値引き要求がくる。

社員の給料を上げる余裕などないばかりか、ボーナスもスズメの涙程度しか出せない。



経営者は、下請けから足を洗い、独自のオリジナル商品で勝負すると決断することだ。

ひそかに第二創業を立ち上げる準備に入ることが出発点になる。

例えば関西のH社はブロー成型の技術を磨いて小型のプラスチック容器の開発に成功した。

文具メーカーに修正液の容器として採用されたのを皮切りに、化粧品や薬品などの容器として広く採用され、完全に下請けから脱却できた。

第二創業の立ち上げは、経営管理の重要課題になりえるのである。

         = コンピテンシー宣教師 =

**************************************************

この記事に関するご感想、ご意見はこちらから 3223898301@jcom.home.ne.jp

コンピテンシー導入の威力について
⇒ http://saiaiconsul.web.fc2.com/consul1.html

絞り込み検索!

現在21,910コラム

カテゴリ

労務管理

税務経理

企業法務

その他

≪表示順≫

※ハイライトされているキーワードをクリックすると、絞込みが解除されます。
※リセットを押すと、すべての絞り込みが解除されます。

新規投稿する

スポンサーリンク

経営ノウハウの泉より最新記事

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP