• HOME
  • コラムの泉

コラムの泉

このエントリーをはてなブックマークに追加

専門家が発信する最新トピックスをご紹介(投稿ガイドはこちら

国家公務員のなり手が大幅に減少したわけは!

【国家公務員

国家公務員の世界でも出世頭と思しき職員がいて、同期の中でも早々課長になる者がいる。

でも自分が遅れをとったからと言って慌てることはない。

彼らがミスしたり失敗して出世レースから脱落するから・・・。

今国家公務員のなり手が大幅に減少しているそうだ。

================================

【本文】

■国家公務員のなり手が大幅に減少したわけは!■

国家公務員天国は今も続いていると思っていたが、決してそうではないようだ。

生産性が著しく低いから残業がめっぽう多い。

政治家、いや政治屋たちの答弁資料を作ったり、会議の資料作りに追われる毎日だ。

野党から招集がかかればあわてて資料を作り、苦しい答弁をしなければならない。

逮捕されるような悪いことをしなければ、身分は保証されていて安泰だが、夢がない。

最高位である事務次官になる間に、ふるいにかけられ、次々脱落していく。

国家公務員のなり手が少ないから「週休三日制」にしようと言い出す始末だ。

地方公務員のほうがまだはるかに良いと思う。

多くは市民に直結する仕事だから成果も検証しやすく、対人影響力を発揮している実感が湧くだろう。

優秀な成績で有名大学を出て、国家公務員になって何になるというのだろうか。

     =コンピテンシー宣教師=

**************************************************

この記事に関するご感想、ご意見はこちらから 3223898301@jcom.home.ne.jp

コンピテンシー導入の威力について
⇒ http://saiaiconsul.web.fc2.com/consul1.html

**************************************************

絞り込み検索!

現在22,480コラム

カテゴリ

労務管理

税務経理

企業法務

その他

≪表示順≫

※ハイライトされているキーワードをクリックすると、絞込みが解除されます。
※リセットを押すと、すべての絞り込みが解除されます。

スポンサーリンク

経営ノウハウの泉より最新記事

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP