• HOME
  • コラムの泉

コラムの泉

このエントリーをはてなブックマークに追加

親企業の搾取に泣くより独自商品で脱下請けを推進する!

【利益なき繁忙】

新しい部品や製品の引き合いがあり、見積書を提出したところ通った。

だが初回量産品の納品前だと言うのにもう値引きの要求が来る。

渋々応じるのだが半年に一回の頻度で定期的に値引き要求だ。

結局は利益泣き繁忙に泣かされる。

======================================

【本文】

■親企業の搾取に泣くより独自商品で脱下請けを推進する!■

昔は、下請け企業に徹していれば営業などしなくとも次々仕事が舞い込んだ。

時々購買担当を接待したり、盆暮れに付け届けをしていれば、かわいがられものだった。

時代は変わり、見積もりはシビアさを増し、顔さえ合わせればコストダウンの要請だ。

作れば作るほど利益なき繁忙に陥る。



下請けから脱するか、他社では出来ない特別な技術を具備することが有効だ。

錦見鋳造と言う鋳物の下請け会社は、アルミに炭の粉を混ぜた極薄のフライパンを開発して世に出したところ、たちまちヒット商品となり、一時は生産が追いつかないほどだった。

東海バネ工業と言うバネの下請け会社は、大型の板バネやたけのこバネなど高技術の特殊バネに特化し、言い値で受注するように方針転換を図った。

両社とも経営者の洞察力と努力が実り、脱下請けに成功している。

        = コンピテンシー宣教師 =

**************************************************

この記事に関するご感想、ご意見はこちらから 3223898301@jcom.home.ne.jp

コンピテンシー導入の威力について
⇒ http://saiaiconsul.web.fc2.com/consul1.html

**************************************************

スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在21,534コラム

カテゴリ

労務管理

税務経理

企業法務

その他

≪表示順≫

※ハイライトされているキーワードをクリックすると、絞込みが解除されます。
※リセットを押すと、すべての絞り込みが解除されます。

新規投稿する

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

経営ノウハウの泉より最新記事

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP