相談の広場

このエントリーをはてなブックマークに追加

労務管理

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!

今、おすすめのキーワード: 消費税中間申告 最低賃金 社員研修 テレワーク 36協定

賃金控除に関する協定書のさかのぼりについて

著者 晴れ晴れ さん

最終更新日:2020年10月29日 11:21

初めまして。
弊社は、これまで「賃金控除に関する協定書」がないまま住居費等の控除を行っていました。(社員には入社時等口頭で同意を得ていました)

今回指摘を受けて協定書を作成するところですが、この協定書の有効日は
今月はじめなどのように遡って記載してもよいものでしょうか。

スポンサーリンク

Re: 賃金控除に関する協定書のさかのぼりについて

著者ぴぃちんさん

2020年10月29日 11:32

こんにちは。

協定書がなかったものがあることになることはよいでしょうが、一般的には、協定書は作成日以降に効果を発揮します。
遡って日付の記載があるときにおいて、有効であるとすると解釈することは難しいでしょうね。

まあこれまで問題になっていなかったのであれば、協定書がなかったことで重大な問題が生じることはないと思いますし、今後は協定書があることで問題になることはないかと思います。

入社時に口頭でなく、雇用契約書等で書面で合意していればよかったとは思いますが、現在協定書がないのであれば、今はその問題を解決しましょう。



> 初めまして。
> 弊社は、これまで「賃金控除に関する協定書」がないまま住居費等の控除を行っていました。(社員には入社時等口頭で同意を得ていました)
>
> 今回指摘を受けて協定書を作成するところですが、この協定書の有効日は
> 今月はじめなどのように遡って記載してもよいものでしょうか。

1~2
(2件中)

    スポンサーリンク

    労働実務事例集

    労働新聞社 監修提供

    法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

    スポンサーリンク

    経営ノウハウの泉より最新記事

    注目のコラム

    注目の相談スレッド

    スポンサーリンク

    PAGE TOP