相談の広場

このエントリーをはてなブックマークに追加

税務管理

税務経理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!

総務の森イチオシ記事が満載: 経営ノウハウの泉(人事労務~働き方対策まで)

副業の確定申告について

著者 imakyou さん

最終更新日:2021年02月23日 13:50

個人事業主ですが
コロナ禍で本業の受注が減り副業を歩合制でするよになりましたが
月給料明細で現金で受注しております。

会計上の仕訳は
事業用の売上または雑収入どちらでも良いのでしょうか?

ご教示いただけましたら幸いです。

スポンサーリンク

Re: 副業の確定申告について

著者tonさん

2021年02月23日 18:19

> 個人事業主ですが
> コロナ禍で本業の受注が減り副業を歩合制でするよになりましたが
> 毎月給料明細で現金で受注しております。
>
> 会計上の仕訳は
> 事業用の売上または雑収入どちらでも良いのでしょうか?
>
> ご教示いただけましたら幸いです。
>


こんにちは。
給料であれば所得の種類が異なりますのでそれぞれでの申告になろうかと思われます。
源泉徴収票を発行してもらいましょう。
源泉徴収票の発行は事業主の義務です。
本業が事業所得
副業が給与所得
となろうかと考えます。
とりあえず。

Re: 副業の確定申告について

著者ぴぃちんさん

2021年02月23日 16:30

こんにちは。

判断しづらい記載ですが、

>副業を歩合制
>毎月給料明細

であれば、給与所得になるでしょうね。
副業分について源泉徴収票を交付されているでしょうから、確定申告においては、個人事業主分は事業所得として、副業分は給与所得として確定申告をしていただくことになります。

ただ受注とある部分が判断できないです。副業というのは業務委託契約ですか。



> 個人事業主ですが
> コロナ禍で本業の受注が減り副業を歩合制でするよになりましたが
> 毎月給料明細で現金で受注しております。
>
> 会計上の仕訳は
> 事業用の売上または雑収入どちらでも良いのでしょうか?
>
> ご教示いただけましたら幸いです。
>

Re: 副業の確定申告について

著者imakyouさん

2021年02月24日 10:37

ご案内ありがとうございます。
委託先の事業所にも確認してみますが
月1万円前後の賃金でも副業の場合は源泉徴収票支払調書を発行してもらい
申告するということでしょうか?


> > 個人事業主ですが
> > コロナ禍で本業の受注が減り副業を歩合制でするよになりましたが
> > 毎月給料明細で現金で受注しております。
> >
> > 会計上の仕訳は
> > 事業用の売上または雑収入どちらでも良いのでしょうか?
> >
> > ご教示いただけましたら幸いです。
> >
>
>
> こんにちは。
> 給料であれば所得の種類が異なりますのでそれぞれでの申告になろうかと思われます。
> 源泉徴収票を発行してもらいましょう。
> 源泉徴収票の発行は事業主の義務です。
> 本業が事業所得
> 副業が給与所得
> となろうかと考えます。
> とりあえず。

Re: 副業の確定申告について

著者ぴぃちんさん

2021年02月24日 18:38

こんにちは。

給与所得として年末調整を受けており、かつ、本業である事業所得が20万円以下(正確には給与所得以外の所得が、ですが)であれば確定申告の必要はありません。

本業が20万円以上であれば確定申告しなければなりません。

本業がマイナスであれば損失の繰越の観点から確定申告をしたほうがよいかと思います。

なお青色申告特別控除を受ける場合には確定申告しなければならないです。



> ご案内ありがとうございます。
> 委託先の事業所にも確認してみますが
> 月1万円前後の賃金でも副業の場合は源泉徴収票支払調書を発行してもらい
> 申告するということでしょうか?

Re: 副業の確定申告について

著者imakyouさん

2021年02月25日 11:26

ご案内ありがとうございます。
昨日、税務署に確認したところ
本業(自営業)の方は20万円以上所得がありますが
副業の方の給与所得が20万円以下ならば給与所得控除があるので確定申告
不要と税務署から回答ありました。

> こんにちは。
>
> 給与所得として年末調整を受けており、かつ、本業である事業所得が20万円以下(正確には給与所得以外の所得が、ですが)であれば確定申告の必要はありません。
>
> 本業が20万円以上であれば確定申告しなければなりません。
>
> 本業がマイナスであれば損失の繰越の観点から確定申告をしたほうがよいかと思います。
>
> なお青色申告特別控除を受ける場合には確定申告しなければならないです。
>
>
>
> > ご案内ありがとうございます。
> > 委託先の事業所にも確認してみますが
> > 月1万円前後の賃金でも副業の場合は源泉徴収票支払調書を発行してもらい
> > 申告するということでしょうか?

Re: 副業の確定申告について

著者ユキンコクラブさん

2021年02月26日 11:40

> ご案内ありがとうございます。
> 昨日、税務署に確認したところ
> 本業(自営業)の方は20万円以上所得がありますが
> 副業の方の給与所得が20万円以下ならば給与所得控除があるので確定申告
> 不要と税務署から回答ありました。
>
給与収入が20万円なら、給与所得控除がありますので、給与所得が0円になりますが、給与所得が20万円あるのであれば、若干給与に税金もかかってきているのではないでしょうか?
申告することで所得税還付または、事業所得にかかる所得税に充当することができますので、再度ご確認ください。。。

源泉所得税が引かれている引かれていないにかかわらず、給与収入であれば、源泉徴収票はもらっておくべきでしょう。

支払調書については、業務内容等によりますので、副業先に確認してください。

Re: 副業の確定申告について

著者imakyouさん

2021年02月26日 12:01

ユキンコクラブ様
ご案内ありがとうございます。

月1万円前後なので年間で12万円ぐらいの副収入になると思います。
源泉徴収票は委託先から出ていませんが確認してみます。

> > ご案内ありがとうございます。
> > 昨日、税務署に確認したところ
> > 本業(自営業)の方は20万円以上所得がありますが
> > 副業の方の給与所得が20万円以下ならば給与所得控除があるので確定申告
> > 不要と税務署から回答ありました。
> >
> 給与収入が20万円なら、給与所得控除がありますので、給与所得が0円になりますが、給与所得が20万円あるのであれば、若干給与に税金もかかってきているのではないでしょうか?
> 申告することで所得税還付または、事業所得にかかる所得税に充当することができますので、再度ご確認ください。。。
>
> 源泉所得税が引かれている引かれていないにかかわらず、給与収入であれば、源泉徴収票はもらっておくべきでしょう。
>
> 支払調書については、業務内容等によりますので、副業先に確認してください。

1~8
(8件中)

    スポンサーリンク

    労働実務事例集

    労働新聞社 監修提供

    法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

    スポンサーリンク

    経営ノウハウの泉より最新記事

    注目のコラム

    注目の相談スレッド

    スポンサーリンク

    PAGE TOP