• HOME
  • コラムの泉

コラムの泉

このエントリーをはてなブックマークに追加

専門家が発信する最新トピックスをご紹介(投稿ガイドはこちら

部下から「パワハラ」と言われていた社長の特徴

◆目次

パワハラ社長の共通点
パワハラをする人の理由
・対応策


パワハラ社長の共通点

これまで部下から「パワハラ」と言われていた社長の共通点をお伝えします。

1.気が短い、カッとなりやすい
2.他罰的(自分に原因があると思っていない)
3.指導するのではなく、責めたり攻撃したりする。
 口癖は「なんで??」
4.支配欲がある
5.”アットホーム”に名を借りた過度な干渉やコントロールをする
6.外面は良い
7.本当は気が弱い

いかがでしょうか。


パワハラをする人の理由

パワハラ気質の社長に、
「どうしてそのようなことをするのですか?」
と聞いてみたことが何回かあります。

どの社長も、自身が過去に同じようなパワハラを受けたことがあり、

「それを乗り越えて成功したから、そうするものだと思っていた」
「自分も過去にされたようにしているだけ。それが当たり前と思っていた」

ということでした。

それを聞いて、結構ショックでした。
負のループがパワハラにも潜んでいるのだと。


◆対応策

どんな理由があろうと、パワハラ行為は犯罪になりえますし、
部下を傷つけ、その未来を奪うことにもつながります。

これが表沙汰になれば、会社の評判が落ち、
採用にも影響します。

部下からは恨みを買い、
訴えられたり事件に巻き込まれるリスクもあります。

そうならないために、次のような対応をしましょう。

1.トップ自ら「パワハラは許さない」と宣言する
2.何がパワハラ行為なのかをみんなで学ぶ
3.パワハラ防止ポスターを職場内に貼って意識づける
4.定期的にパワハラチェックリストを全員で実施する
5.定期的に外部講師を招いてパワハラ教育をする
6.パワハラ目安箱を設置し、苦情があればすぐに対応する
 (第三者を交えるとうまくいく傾向にあります)

等の対応が考えられます。

すぐに、一つずつ実施していくことをお勧めいたします。


※他の方へご紹介してくださると嬉しいです。転送も自由です。
※当サイトには様々な情報を載せていますので、是非遊びに来てください。
 https://yt-sr.com
※事務所紹介
 https://yt-sr.com/company/
※管理職のみなさまへ −労務人事管理マニュアル−
 https://yt-sr.com/column/

絞り込み検索!

現在22,478コラム

カテゴリ

労務管理

税務経理

企業法務

その他

≪表示順≫

※ハイライトされているキーワードをクリックすると、絞込みが解除されます。
※リセットを押すと、すべての絞り込みが解除されます。

スポンサーリンク

経営ノウハウの泉より最新記事

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP