相談の広場

このエントリーをはてなブックマークに追加

税務管理

税務経理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!

総務の森イチオシ記事が満載: 経営ノウハウの泉(人事労務~働き方対策まで)

新規建物取得(自社建設)の為の既存建物解体費の勘定科目

著者 ラピス さん

最終更新日:2014年02月01日 12:14

さっそくですが本題です。

自治体の都合により、本社移転になりました。
移転する土地は借地、移転前の現在もその土地を借りていて、その借地に数年前、倉庫を建設しました。
その倉庫は固定資産に計上しており、毎年度償却しています。(まだ償却しきれていません)
移転に伴い、その借地をに本社を建設するために造成をする必要があり、既存の倉庫を自社で解体します。
この時の解体原価は、労務費・産廃費くらいになるのですが、それら費用は何の科目で計上すればいいのでしょうか?
新規建物の取得価額に含めるべきでしょうか?
給与や経費扱いにしていいのでしょうか?

また、その借地には地主の倉庫等も建っており、自社で解体します。この時の費用は何になるのでしょうか?

造成は外注するのですが、その造成費用の科目も教えて頂けると助かります。


質問事項が多すぎて申し訳ありませんが、教えて頂けると助かります。

スポンサーリンク

Re: 新規建物取得(自社建設)の為の既存建物解体費の勘定科目

著者税理士加賀谷豪事務所さん (専門家)

2014年02月02日 14:43

こんにちは。

まず造成費用ですが、下記通達7-3-4の注書きより、建物の取得価額に含めるのが妥当と考えられます。

http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/hojin/07/07_03_01.htm


また、解体費用については、土地の取得に伴う支出でないため、支出時の損金に算入し、旧建物の未償却残高も、下記通達7-7-1により、取壊し時の損金として取り扱いします。

http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/hojin/07/07_07_01.htm

相田浩志税理士事務所
担当 加賀谷
http://aita-tax.jp

Re: 新規建物取得(自社建設)の為の既存建物解体費の勘定科目

著者ラピスさん

2014年02月03日 09:26

相田浩志税理士事務所
担当 加賀谷 様

返信ありがとうございます。

とても助かりました。

1~3
(3件中)

    スポンサーリンク

    労働実務事例集

    労働新聞社 監修提供

    法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

    スポンサーリンク

    経営ノウハウの泉より最新記事

    注目のコラム

    注目の相談スレッド

    スポンサーリンク

    PAGE TOP