スポンサーリンク

相談の広場

労務管理

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!

健康保険・厚生年金の被扶養者の認定について

著者 ちっぴろ さん

最終更新日:2020年03月21日 16:50

いつもお世話になっております。

すみません、労務管理ではないのですが、
健康保険厚生年金被扶養者の認定について教えてください。

3月中旬から弊社で雇用している職員の、協会けんぽの資格取得届と、
同時に第3号被扶養者の書類を提出したのですが、
被扶養者の年収が被保険者の年収の半分を超えているため、
本人による扶養に関する申立書を添付するようにとのことで、返戻されました。
その職員は季節雇用で、いわゆるグリーンシーズンだけ雇用しており、年収は約135万円です。
被扶養者被保険者の妻)は弊社の別の施設で季節雇用として雇用しており、雇用期間はご主人より短いため、年間収入は115万円程度ですが、被扶養者としての条件である「年収が被保険者の半分以下」には該当していません。

しかし昨年の同時期にも、同じ職員の同様の手続きをした時には、「被扶養者源泉徴収票を添付するように」と言われただけだったので、源泉徴収票を添付し、被扶養者として保険証を発行してもらえたのですが、今年になって厳格化したのでしょうか?

年金事務所で聞いたところ、申立書には決まった書式のものは無いとのことで、
ネットで探しても記載例などを見つけることはできなかったのですが、
どういったことを書けばよいのでしょうか?

どうぞよろしくお願いします。

スポンサーリンク

Re: 健康保険・厚生年金の被扶養者の認定について

著者ユキンコクラブさん

2020年03月22日 15:34

平成30年10月から、届出にかかる書類提出等が厳しくなっています。

https://www.nenkin.go.jp/oshirase/taisetu/2018/201809/20180905.files/310131-0.pdf

被扶養者届の下の方に、被扶養者に対する申立書がついています。

そこに、被保険者からの申し立てを記載して署名、押印のうえ、返送してください。


https://www.nenkin.go.jp/service/kounen/jigyosho-hiho/hihokensha1/20141204-02.html

ホームページより抜粋

(*)収入が扶養者(被保険者)の収入の半分以上の場合であっても、扶養者(被保険者)の年間収入を上回らないときで、日本年金機構がその世帯の生計の状況を総合的に勘案して、扶養者(被保険者)がその世帯の生計維持の中心的役割を果たしていると認めるときは被扶養者となることがあります。

という事ですので、
申し立て書に記入して書いて出していただくしかありません。
また、過去の収入は目安基準としてですので、これからの収入が減額するようであれば、その旨も書いていただくとよいでしょう。

> すみません、労務管理ではないのですが、
> 健康保険厚生年金被扶養者の認定について教えてください。
>
> 3月中旬から弊社で雇用している職員の、協会けんぽの資格取得届と、
> 同時に第3号被扶養者の書類を提出したのですが、
> 被扶養者の年収が被保険者の年収の半分を超えているため、
> 本人による扶養に関する申立書を添付するようにとのことで、返戻されました。
> その職員は季節雇用で、いわゆるグリーンシーズンだけ雇用しており、年収は約135万円です。
> 被扶養者被保険者の妻)は弊社の別の施設で季節雇用として雇用しており、雇用期間はご主人より短いため、年間収入は115万円程度ですが、被扶養者としての条件である「年収が被保険者の半分以下」には該当していません。
>
> しかし昨年の同時期にも、同じ職員の同様の手続きをした時には、「被扶養者源泉徴収票を添付するように」と言われただけだったので、源泉徴収票を添付し、被扶養者として保険証を発行してもらえたのですが、今年になって厳格化したのでしょうか?
>
> 年金事務所で聞いたところ、申立書には決まった書式のものは無いとのことで、
> ネットで探しても記載例などを見つけることはできなかったのですが、
> どういったことを書けばよいのでしょうか?
>
> どうぞよろしくお願いします。

Re: 健康保険・厚生年金の被扶養者の認定について

著者ちっぴろさん

2020年03月23日 19:05

ユキンコクラブ様

ご教授くださりありがとうございました。
書類をよく見ると、確かに届書の下の方に申し立てを記入できる部分がありました。
今回の件について、まず年金事務所に問い合わせたところ、
年収の欄には、給与以外に年金も含めていいとのこと。
本人に問い合わせると、弊社からの給与以外に、現在受給している年金を含めると、
被扶養者の年収の倍は軽く超えていたので、改めて給与+年金の額を入力し、申請し直しました。

無事に申請できそうです。
ありがとうございました。

1~3
(3件中)

    スポンサーリンク

    労働実務事例集

    労働新聞社 監修提供

    法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

    スポンサーリンク

    注目検索キーワード

    注目のコラム

    注目の相談スレッド

    スポンサーリンク

    PAGE TOP