スポンサーリンク

プレスリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加

研究・調査報告

スマートシティの市場規模、2019年に839億米ドルと評価、2020年から2027年までに推定CAGR 24.7%で成長

  • 最終更新日
    2020年07月31日 20:00
スマートシティの市場規模は2019年に839億米ドルと評価され、2020年から2027年までにCAGR 24.7%を記録すると予測されています。スマート関連の意識が高まる中、全ての中間技術の最終結果となるスマートシティの概念も注目を集めています。さらに、中央・連邦政府、市政府、専用の統治機関からの支援が、世界的に市場を牽引しています。資金調達モデル、ガバナンス構造、テクノロジーエコシステム、インフラの進化などが、スマートシティの展開に重要な役割を果たしています。

スマートシティは、利用可能な技術やイノベーションを活用して、住民の生活環境を向上させます。国連経済社会局(UN DESA)が発表した報告書「2018 Revision of World Urbanization Prospects」によると、現在の都市人口は全体の55%であり、2050年には68%に増加すると予測されています。人口増加と都市化に伴う持続可能なインフラへの需要は、市場成長の主要な推進力となっています。世界各国の政府は、モビリティ、ユーティリティ管理、安全性などの分野にまたがるスマートシティの取り組みを通じて、急速な人口増加や都市化によって生じる問題に取り組もうとしています。さらに、交通渋滞や温室効果ガスの排出量の増加は、インテリジェントモビリティや効率的なエネルギー管理アプリケーションの採用を後押ししています。

ヘルスケア、輸送、エネルギー、ガバナンス、情報収集などの分野の、最近の技術進歩に牽引され、市場は今後数年間で大きな成長を遂げると予想されています。スマートシティは、モノのインターネット、クラウドコンピューティング、ビッグデータ、コグニティブコンピューティング、オープンデータなどの技術の導入による恩恵を受けています。さらに、BOO、BOT、OBM、BOMなどの様々な官民パートナーシップ(PPP)モデルの導入が増加しており、スマートシティのプロジェクトの成功を後押ししています。さらに、英国政府が最近発表したスマートシティプロジェクトのための多額の資金調達や、インド政府のスマートシティミッションも、スマートシティプロジェクトの成長に貢献していると考えられます。

スマートシティの開発者は、様々な技術やスマートセンサーを活用していますが、その応用分野は都市ごと、あるいはコミュニティごとに異なります。また、回復力の高い都市の開発、エネルギーの節約、シェアリングエコノミーの構築などのニーズも、スマートシティ市場を牽引する重要な役割を果たしています。さらに、企業は研究開発(R&D)活動に多額の投資を行い、都市における接続インフラの新技術を導入しています。Cisco Systems、Siemens AG、IBM Corporationなどの著名なテクノロジー企業は、世界中のスマートシティの発展に貢献しているコネクテッド・インフラに関連した研究開発活動に多額の投資を行っています。

ビッグデータ、クラウドコンピューティング、モノのインターネット(IoT)などのテクノロジーは、インターネットを日常の人間の機能に統合することでイノベーションをもたらし、それによって人間の生活を簡素化し、向上させてきました。今後、人工知能の分野での進歩は、人間の生活に大きな影響を与える技術開発の基盤となることが期待されています。また、電気自動車や再生可能エネルギーシステムなどの技術開発は、スマートシティの発展に大きく貢献すると考えられます。このように、今後数年間の技術の普及は、都市インフラの関係者の成長見通しを後押しする可能性があります。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/grvi614715-smart-cities-market-size-share-trends-analysis.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

プレスリリース- 研究・調査報告一覧へ

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

注目検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP