• HOME
  • コラムの泉

コラムの泉

このエントリーをはてなブックマークに追加

専門家が発信する最新トピックスをご紹介(投稿ガイドはこちら

原価計上のタイミングについて

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
1.『原価計上のタイミングについて』
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 利益の追求
├┼┼┼┼┼♂┤ 実行予算は何のために作るのか、とりもなおさず利益管理を
├┼┼┼_/┼┤ する為にほかなりません。それには、予算を統制する
├┼_/┼┼┼┤ 原価管理サイクルの整備が必要です。
├┼┼┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┘
_________________________________


皆さんのお会社では、どういうタイミングで原価を計上していますか ?

大きく分けて、3つのタイミングで計上されているはずでございます。


1つは、発生時です。
 現場で原価が発生したときに計上することです。

2つ目は、請求時です。
 請求書到着時に現場毎に振り分けて原価を計上することでです。。

3つ目は、支払い時です。
 請求書が来て、さらに値引き交渉し、支払った時点で計上することです。


以前にもふれたことがありますが、
それぞれの利点と欠点がありますので整理してみたいと思います。


1つ目の発生時の原価計上は、材料でいえば納品時ということになります。
これの大きな利点は、原価発生時点で計上するため、リアルタイムに予算と
原価の進捗対比が可能になり現場の利益確保に貢献できることであります。
つまりスピードでは、最も早いタイミングであります。

欠点としては、現場から納品書が上がらない、
納品書が上がっても金額が記入されていない、作業日報が書かれないなど
原価計上以前の問題があり、途中で挫折しやすいこと、
また、金額の正確性から言うと不確定の部分があることが上げられます。


2つ目の請求時ですが、月1回の請求ですから、原価計上は、
納品時から比べますと、月遅れになります。

しかし金額の正確性は、ほぼ確定の部分ですから
納品時より正確性が高いということになります。
しかも、業者からは、現場別に請求書を提出してもらいますから、
整理も楽に計上できるタイミングです。


3つ目は、支払い時ですが、請求書が届いて検討交渉後、
さらに翌月の支払い後の原価計上ですから
タイミングとしては、もっとも遅いことになります。

しかし、金額の正確性から言えば、交渉して支払った後ですから、
もっとも正確な原価計上といえます。



御社では、どのタイミングで計上していますか

では、どのタイミングが理想だと思いますか

次号までいろいろと考えてみてください。


■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 発行責任者: 《建設業の応援団》建設業事務能率研究会 事務局
        TODABUN 株式会社戸田文商店 代表取締役 戸田一郎
        山形県東置賜郡高畠町大字高畠816番地
        電話 0238-52-0056  FAX 0238-52-2737
 発行者Webサイト: http://www.todabun.co.jp/

★次回の編集内容のご希望、ご質問やご意見を受け賜ります。
 発行者/メールアドレスへでどうぞ: ptoda@todabun.co.jp

☆メルマガバックナンバーはこちらです。↓
     http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000148058
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ】 建設業の生きる道、それは原価管理から始まる
http://www.todabun.co.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


▼ 投稿記事の著作権は、記事の執筆者に帰属します。無断で転載・複製・頒布することを深く禁じます。
▼ 当サイトの全てのコンテンツ(コンテンツ内に投稿された情報を含む)・リンク先の情報をご利用される際には、専門機関に問い合わせるなど十分な確認をなさってから実践するようにしてください。
▼ 当サイトの全てのコンテンツ(コンテンツ内に投稿された情報を含む)・リンク先の情報をご利用されたことによる損害等の保証は当サイト及びコンテンツ内に投稿された執筆者を含め一切負いかねますので予めご了承願います。

絞り込み検索!

現在22,458コラム

カテゴリ

労務管理

税務経理

企業法務

その他

≪表示順≫

※ハイライトされているキーワードをクリックすると、絞込みが解除されます。
※リセットを押すと、すべての絞り込みが解除されます。

スポンサーリンク

経営ノウハウの泉より最新記事

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP