• HOME
  • コラムの泉

コラムの泉

このエントリーをはてなブックマークに追加

事業の規模は自ら決める?

●●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ドラッカーに学ぶ!成果をあげる人・あげない人
 
提供:大林税務会計事務所 http://zeimu110.com

●●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!
ドラッカーに学ぶ大林 茂樹です。

ドラッカーの名言から,成果をあげる人・あげない人の違いを探ります!
現代社会最高の哲人の言葉で,成果をあげる習慣を身につけましょう!

「大企業にならないということは,時として楽しみも多く,満足も大きい
ものである。」
マネジメント下P261

この言葉にうなずく派とうなずかない派にわかれるかも知れませんね。
わたしは,うなずく派ですが,あなたはいかかでしょうか?

「大きな組織で働いたほうが仕事ができるか,小さな組織のほうが仕事
ができるかである。どちらでもよいという人はあまりいない。」(明日を
支配するものP206)ように,人間は二通りにわかれるようです。

つまり,この言葉に対し,「大きな組織で働いたほうが仕事ができる」
人はNOといわなければいけないということです。

反対に「小さな組織のほうが仕事ができる」人は,YESといわなければ
いけないですね。

「どちらでもないという」よくありがちな答えが一番いけません。
「どちらでもよいという人はあまりいない。」からです。

ところが,これがわかるようになるまで時間がかかるかも知れません。
「うるべき所を子供の頃から知ることができる者はわずかである」(明
日を支配するものP212)ということからして,子供の頃からMLBで活
躍すると決意したイチローは,むしろ例外中の例外です。

凡人は,自らの強みを知るために努力をする必要があるわけですね。
具体的には,「強みを知る方法は一つしかない。フィードバック分析で
ある。何かをすることに決めたならば,何を期待するかをただちに書き

とめておかなければならない。そして9か月後,1年後に,その期待と
実際の結果を照合しなければならない。」(明日を支配するものP194)

「この手法を実行に移すならば,二,三年の短期間に,自らの強みが何
であるか明らかになる。」(明日を支配するものP195)ということに
なります。

さて,自らの強みがわかったら,大きな組織にするか小さな組織でとど
まるかという適性がある程度わかりますが,もう一つ大事な要素があり
ます。

「事業に絶対的な大小はない。事業の規模は市場や競争相手との比較に
よって規定される。」(創造する経営者 P262)ということです。

事業規模は,自らの意思で決めるほど単純なものではないということで
すね。

つまり,事業規模を大きくしようという目標自体は悪くはないのですが,
最終的には,事業の規模は最終的に市場や競争相手との比較によって
規定されるということです。

自らの意思で,単純に事業規模を大きくしようとすると破綻する可能性が
高まるということです。

ところが,人間は本能的に大は小を兼ねるとばかりに,規模を追い求め
る習性があります。

太古の昔から,財産が多い人間は,配偶者を得る機会が多く自らの遺伝
子を後世に残すことができました。

つまり,規模の拡大は,自らの遺伝子を後世に残せるチャンスが広がる
という因果関係がわれわれの脳の中に深く組み込まれているのかも知
れません。

こうした本質的な思考回路が,自らの強みと市場や競争相手との比較を
全く無視した無謀な規模の拡大を追求してしまうのかも知れません。

ところが,狩猟採集生活と違って,今日の知識労働者会では,規模の拡大
と経済的な業績は正比例するものではありません。

また,今日では,規模を拡大すれば,自らの遺伝子を後世に残すチャン
スが広がるわけでもないのです。

先進国では,一夫一婦制が原則です。
事実上どうなっているかは別として(苦笑)

「成長そのものを目標にすることはまちがいである。大きくなること自体に
価値はない。良い企業になることが正しい目標である。成長そのものは虚栄
でしかない。」(マネジメント基本と原則P260)ということですね。

ところが,人類の長い歴史の中で,規模が大きいことは,良いことだという
単純な図式が長期間にわたって有効だったがゆえに,無謀な拡大を止めること
はなかなかできないのかも知れませんね。

さて,あなたの適性は大企業向きでしょうか?
自らの事業は市場と競争相手を意識した規模になっているでしょうか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ドラッカー名著集のお買い求めは,こちらです!
http://ow.ly/2UDs1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆編集後記☆
台風があったこともあり,引きこもっておりました。

ありがたいことに,銀行員向け通信講座テキスト編集の仕事が舞い込ん
できました。
http://ow.ly/oY1p6

こういうときに,集中して執筆すべきなんでしょうけど,ついつい激し
い風や雨音が気になって,ダラダラと過ごしてしまいました。
(自己嫌悪)

週末は久しぶりに関西に出かけるので,溜まっている仕事を片付けねば!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ紹介やPRをしたい方は下記より承ります。(審査あり)
http://bit.ly/zeimu110

まぐまぐ殿堂入り「ドラッカーに学ぶ!成果をあげる人・あげない人」
バックナンバーは下記のページですべて読むことができます。
http://archive.mag2.com/0000251320/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○facebook版「ドラッカーに学ぶ!成果をあげる人・あげない人!」
皆さまのお越しをお待ちしております!
http://www.facebook.com/Druckerian

○スゴワザ『会社,お店』人気ランキング5か月連続一位を獲得!
「業績をV字回復させる7つのヒント」
http://www2.sugowaza.jp/reports/get/1/32213

○ビジネスストアBisco売上ランキング第一位獲得!
税理士の視点による 戦略的コストダウンメソッド(DVD教材)
http://www.bisco24.com/products/detail.php?product_id=1470

もしドラッカーが中小企業の顧問税理士になったら?(DVD教材)
http://www.bisco24.com/products/detail2072.html

税務調査で負のスパイラルに陥らないためのノウハウ(DVD教材)
http://www.bisco24.com/products/detail3142.html

○人気ランキング第一位を獲得した無料レポートがココに集結!

『なぜ黒字倒産が起きるのか?』
『なぜコストダウンが上手くいかないのか?』
『税務調査でポロっと言ってしまう悪魔のフレーズ』
『ドラッカーをサクッと学ぶとっておきの攻略法!』
http://www.bisco24.com/products/detail_s.php?shop_id=85

○朝日,読売,毎日の3大新聞が取材!「マネジメントのビックリ箱」
http://blog.livedoor.jp/ohbayashiblog/

○ほぼ毎日何かしらつぶやいています!
http://twitter.com/zeimu110

○何か,文句を言いたい人はこちらにコメント!
http://bit.ly/zeimu110inq

●●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

川越駅を西向けば税務の110番はこちらです!!!!
http://zeimu110.com

まぐまぐ殿堂入り「ドラッカーに学ぶ!成果をあげる人・あげない人」
発行者:税務の110番! 税理士 大林 茂樹(ドラッカー学会会員)
〒350-1126
埼玉県川越市旭町1-4-38

お問い合わせは,いつでもどうぞ!
http://bit.ly/zeimu110contact

●●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在20,026コラム

カテゴリ

労務管理

税務経理

企業法務

その他

≪表示順≫

※ハイライトされているキーワードをクリックすると、絞込みが解除されます。
※リセットを押すと、すべての絞り込みが解除されます。

新規投稿する

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

注目検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP