スポンサーリンク

  • HOME
  • コラムの泉

コラムの泉

新設「電気通信利用役務の提供」

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
    江崎会計の税務情報 『 一 刀 両 断 ! 』
  
  ~実戦で実践できる本当の税務対策をご紹介します~                 
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
          2015年6月17日   Vol.261  
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

こんにちは。

今回は東京1課の道家が担当させていただきます。

最近はインターネットを利用して好きな書籍や音楽などの電子データを
簡単に購入することができる便利な世の中になりました。
既にご利用されている方はご存じかもしれませんが、同一の電子書籍にも
関わらず購入先によって販売価格が異なることがあります。

今年度の税制改正でこのことに関連した消費税法の改正がありましたので、
簡単にご紹介させていただきます。

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
        新設「電気通信利用役務の提供」
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

消費税法上、役務の提供が国内取引・国外取引のいずれに該当するかは
役務の提供を行う者の役務の提供に係る事業所等の所在地で判断すること
と規定されてます。
つまり電子書籍の購入においては役務の提供者である電子書籍販売事業者
所在地により、国内・国外取引のいずれかを判定することになります。

よって、本体価格1,000円の電子書籍を購入する場合、

 国内事業者から → 1,080円(国内取引として消費税8%込み)
 国外事業者から → 1,000円(国外取引として消費税不課税)

と価格が異なってきます。


これでは価格競争するうえで国内事業者が不利だということで、
平成27年10月1日から消費税課税取引に関わる内外判定の取り扱いが
一部改正されることになりました。

改正後は電子書籍や音楽の配信やインターネットを利用した広告の掲載など
「電気通信利用役務の提供」に限り、役務の提供を受ける者の所在地により
国内・国外取引の判定を行うことになります。

つまり購入者の所在地が国内であれば

 国内事業者から → 1,080円(国内取引として消費税8%込み)
 国外事業者から → 1,080円(国内取引として消費税8%込み)

と同額になります。


逆に国内事業者非居住者へ電気通信利用役務の提供を行った場合は、
これまで輸出免税取引として扱われていましたが、改正後は国外取引に
該当することになりますので消費税不課税取引として扱われます。

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
           リバースチャージ?
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

海外事業者から電気通信利用役務の提供を受けた場合の消費税の取り扱いは、
事業者向け」か「消費者向け」かで異なります。

事業者向け役務の提供」とは役務の性質や取引条件等から、その役務
提供を受ける者が一般的に事業者に限られるものが該当するとされています。
この「事業者向け役務の提供」に該当しないものは「消費者向け役務の提供」
となります。


まず「消費者向け役務の提供」の方の消費税の取り扱いについてです。
今回の改正により国内取引に該当するようになるものの当分の間、
仕入税額控除は認められないことになっています。
新たに納税義務者となる国外事業者からの適正な申告・納税が見込まれないまま
仕入税額控除を認めてしまうと、不当に税収が減少してしまう恐れがあるためです。

ただし適正な消費税の申告・納税を行う蓋然性が高いと認められ国税庁長官の
登録を受けた国外事業者から受ける消費者向けの電気通信利用役務の提供については、
一定の請求書等の保存等を条件に仕入税額控除が認められます。

この登録国外事業者は平成27年7月以降、国税庁のホームページにおいて公表されるようです。


一方、「事業者向け役務の提供」についてはリバースチャージ方式によって
消費税の申告・納税義務が課せられることになります。
通常とは反対(リバース)に、役務の提供を受けた者に消費税の申告・納税義務が
課せ(チャージ)られます。

改正後に事業者向けの電気通信利用役務の提供を受けた者は、その支払対価の額を
課税標準として消費税の申告・納税を行うことになります。
それと同時にその支払対価の額は仕入税額控除の対象にもなりますので、
本則課税選択者で課税売上割合が95%未満の方以外は納税額と仕入税額控除額が
同額になり、新たな税負担は発生しません。

このことから簡易課税制度を選択している課税期間又は課税売上割合が95%以上
である課税期間については、事務負担への配慮からリバースチャージ方式による
申告・納税を当面免除する経過措置が設けられています。
また消費税免税事業者はリバースチャージ方式による申告・納税義務についても
免除されます。

上記免除対象外となる消費税本則課税かつ課税売上割合が95%未満の方は
新たにリバースチャージ方式による申告・納税と新たな税負担が生じる
可能性がありますので注意が必要です。


以上、今回の改正について大まかな概要のみご説明させていただきましたが
リバースチャージによる申告・納税義務が生じるかどうかに関わらず、
適正な税区分処理をするためにも国外事業者から受けている役務の提供が

・電気通信利用役務の提供に該当するか
・上記該当すればそれは「事業者向け」に該当するか
・「事業者向け」に該当しない場合、相手先は登録国外事業者であるか

を確認する必要があります。

また国税庁から今回の改正に関するQ&Aも発表されているのでご参照ください。
https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/pdf/cross-QA.pdf

───────────────────────────────────
=明朗、低料金システムで中小企業、個人事業主様を元気に!=
   
税理士法人 江崎総合会計■  http://www.tax-sos.co.jp/ 

(東京事務所) TEL 03-6418-8010 FAX 03-6418-8020
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-16-5 マニュライフプレイス渋谷2F

(名古屋事務所)TEL 052-220-2100 FAX 052-220-2104
〒460-0003 名古屋市中区錦2-15-22 りそな名古屋ビル 8F

(大阪事務所) TEL 06-6131-0037 FAX 06-6131-0067
〒530-0054 大阪市北区南森町1-4-19 サウスホレストビル 7F

<会社設立なら>
 関西エリア http://kigyo-ok.com/
 東海エリア http://kigyo-ok.net/
 関東エリア http://kigyo-ok.org/

───────────────────────────────────
Copyright(C) 2015 Ezaki Total Management Office All Rights Reserved.
───────────────────────────────────

スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在19,359コラム

カテゴリ

労務管理

税務経理

企業法務

その他

≪表示順≫

※ハイライトされているキーワードをクリックすると、絞込みが解除されます。
※リセットを押すと、すべての絞り込みが解除されます。

新規投稿する

スポンサーリンク

PAGE TOP