スポンサーリンク

  • HOME
  • コラムの泉

コラムの泉

Tokkyo Walker

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

    わかっちゃう! 知的財産用語    No.272

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

こんにちは!  わかっちゃう弁理士 西川幸慶です。


 ☆ 本日の知的財産用語

 「Tokkyo Walker」

 特許庁が発行している広報誌です。「特許ウォーカー」と読みます。



(1)
 「Tokkyo Walker」は一般向きの広報誌で、知財が身近なものである
ことを感じてもらうことを意識しているようです。


 内容は少々「お役所臭さ」も感じますが、写真,マンガなどを多用
して読みやすいものとなっています。


 「Vol.1」を読むと、もともとは知財イベントのプログラムとして
配布されたものだったようです。



(2)
 「Tokkyo Walker」は特許庁のウェブサイトからpdf形式のファイ
ルをダウンロードして読むことができます。もちろん無料です。

 https://www.jpo.go.jp/oshirase/kouhou/tokkyo_walker.htm


 不定期年4回発行予定とのことです。



(3)
 東京情報誌の「東京ウォーカー(Tokyo Walker)」に似た名称なの
で「なんだかオヤジギャグみたいなセンスだなー」と思っていました。

 でも、よく見ると「責任編集/東京ウォーカー」、「編集・制作
 株式会社KADOKAWA」だそうです。


      ☆              ☆

[関連事項と経験談]

(1)
 特許庁の広報誌としては 「Tokkyo Walker」の他に
 広報誌「とっきょ」 があります。

 こちらも特許庁のウェブサイトからダウンロードして読むことが
できます。

 https://www.jpo.go.jp/torikumi/hiroba/kohoshi_tokkyo.htm


 広報誌「とっきょ」は、「特許行政のいまがわかる」という副題の
とおり「特許庁が どんな活動をしているのか」などが紹介されてい
ます。


 「Tokkyo Walker」に比べると ちょっと専門的な話もありますが、
内容的には特に難しいものではなく、親しみやすい記事もあるので一
般の方も楽しめると思います。


 「Tokkyo Walker」を読んで知財に興味をもたれたら、併せてご覧に
なるのもよいかと思います。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 「わかっちゃう! 知的財産用語」

  発行   西川特許事務所 ( http://www.jpat.net/
       兵庫県西宮市東山台3丁目9-17  
       電話 0797-61-1841、 FAX 0797-61-1821 
  発行人  弁理士 西川 幸慶  pat@jpat.net
   
  ご意見、ご感想 お待ちしてます。
 * このメールに返信いただけば、西川に届きます。

★ 遠方からの「意匠」,「商標」の出願のご依頼承っております。
  まずは Eメール,FAX等で お問い合わせ下さい。

☆「メール相談」 http://www.jpat.net/sodan.htm は「有料」です
 が、出願等のご依頼に伴うご相談は「無料」で承っております。

☆ 「商標救助隊T-Rescue」 http://www.japat.net/

☆日記  http://plaza.rakuten.co.jp/pinnote/
Facebook http://www.facebook.com/#!/yukiyoshi.nishikawa
        ☆             ☆

 掲載された記事の内容を許可なく転載することを禁じます。
 但し、署名を含めて全文転載でしたら転載,転送していただいて
結構です。

  (C) 2015 Nishikawa Yukiyoshi 
 『まぐまぐ』 を 使ってお届けしています。
 本マガジンの解除や配信先メールアドレスの登録変更は
 http://www.mag2.com/m/0000098536.htm  からお願いします。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

[編集後記]

 特許関係のお話と言うことで、TVドラマの「下町ロケット」を見
ています。
(実は本も買って持っているのですが、まだ読めてません。)

 第1話を見ていて「優先権制度や特許調査について説明が不十分で
誤解を生じるのでは?」、「どうして弁理士がついていないの?」、
特許のライセンスは考えないの?」、「無効審判しないの?」など
 いろいろ思うところはありましたが、ドラマとして楽しめました。

 知人と感想を話していると、知人は主人公の会社を「ええもん(関
西で善玉のこと)」、訴訟相手の企業を「わるもん(関西で悪玉のこ
と)」としてとらえて見ていました。

 ドラマですし、相手側を憎たらしく表現する演出や演技があるので
しかたないのですが、実際にはビジネスで競争しているだけで「どっ
ちが悪い」というような問題でもないと思いました。今後の話の展開
も楽しみです。

スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在19,293コラム

カテゴリ

労務管理

税務経理

企業法務

その他

≪表示順≫

※ハイライトされているキーワードをクリックすると、絞込みが解除されます。
※リセットを押すと、すべての絞り込みが解除されます。

新規投稿する

スポンサーリンク

PAGE TOP