• HOME
  • コラムの泉

コラムの泉

このエントリーをはてなブックマークに追加

トップが笛を吹いて社員に踊ってもらうための方策!

【忠誠心の発揮】

「笛吹けど踊らず」と言うことわざがある。

社長がいくら声高にハッパをかけても社員が思うように動かなければ業績は上がらない。

だがこれが通常の姿と思ってほしい。

社員にその気になって働いてもらうには何かが必要なのだ。

==================================================

【本文】

■トップが笛を吹いて社員に踊ってもらうための方策!■

「勉強しなさい」と親が子供にハッパをかけても子供が勉強するとは限らない。

時には子供が逆上して親をあやめる悲惨な事件が起こることもある。

会社でも社長が全体朝礼などで社員らにハッパを掛ける光景を見かける。

社長の意向を受けて管理職も職場で同様に部下らにハッパを掛ける。

でも「笛吹けど踊らず」だ。

しょうがないからボーナスをカットして何とか利益を取り繕うことを考える。

結果は益々深刻になっていく。

社長が言うならやるしかないと思ってもらう「共感性」がなんとしても必要だ。

鶏が先か、卵が先かで考えれば賃金をカットしたくなるが、賃金カットの前に「もっと利益の出る会社にして、みんなでもっと豊になろう」と訴えてはどうか。

豊になることに「共感」してもらえれば、社員はきっと動き出すはずだ。

 
        = コンピテンシー宣教師 =

*************************************************

この記事に関するご感想、ご意見はこちらから 3223898301@jcom.home.ne.jp

コンピテンシー導入の威力について
⇒ http://saiaiconsul.web.fc2.com/consul1.html

*************************************************************************

メールマガジン「仕事のできる人の集団作り戦略」好評配信中!登録はこちら
⇒ http://www.melma.com/backnumber_59181/

ブログにも味深い記事を掲載しています。こちらをクリック!
⇒ http://plaza.racten.co.jp/saiaiconsul//
⇒ http://blog.goo.ne.jp/saiaiconsul/

*************************************************************************

スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在20,013コラム

カテゴリ

労務管理

税務経理

企業法務

その他

≪表示順≫

※ハイライトされているキーワードをクリックすると、絞込みが解除されます。
※リセットを押すと、すべての絞り込みが解除されます。

新規投稿する

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

注目検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP