• HOME
  • コラムの泉

コラムの泉

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の税金は高いか?

┏┓■節税のツボとコツ:::納税する一般ピーポーへ謹呈
┗□─────────────────────────────□
 
 日本で二番、crocsサンダルの似合う物知り税理士
 渋~い節税のコツを綴ります。

┏━━━━━------゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚
  税 務 徒 然 草  
┗━━━━━------゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚



「税金が家計を圧迫するから、

老後は海外で暮らしたほうが・・・」と

考える方もいるのではないでしょうか。



それでは実際に比較してみましょう。

まずは消費税。欧州は税率が比較的高く、

スウェーデンやノルウェーなどでは25%で

イギリスやフランスなどでは20%となっています。

アメリカでは州ごとに異なりますが

8~9%台が多いようです。



次に個人にかかる個人所得課税ですが、

日本の最高税率は55%、イギリスは45%、

アメリカでは約50%です。



ただ、各国によってさまざまな控除制度などがあるため

一概に税率だけで判断はできません。

例えば、年収500万円で

夫婦と就学中の子が2人の4人家族の場合では、

年間にかかる税金は日本では約16万円、

イギリスでは約62万円、アメリカでは約5万円と

実際にはかなりの差があります。



さらにこれに社会保険料も考慮したらどうでしょう。

国民が負担した税金と社会保険料の合計金額を

国民所得で割った数値を「国民負担率」といいますが、

2016年の日本の数値は約43%で

所得の半分近くを税金と社会保険料が占めています。

ただ、これがイギリスでは約47%、アメリカは約33%、

何とフランスでは約67%となっています。

このような結果から突出して

日本の税金が高いというわけではなさそうです。

税金が何にどのように使われるかに注目したいですね。





■■*■■■■*■■■■*■■■■■*■■
  発行人 税理士太田 彰
  Mail: akira@otax81.com
■■*■■■■*■■■■*■■■■■*■■

スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在20,149コラム

カテゴリ

労務管理

税務経理

企業法務

その他

≪表示順≫

※ハイライトされているキーワードをクリックすると、絞込みが解除されます。
※リセットを押すと、すべての絞り込みが解除されます。

新規投稿する

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

経営ノウハウの泉より最新記事

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP