スポンサーリンク

  • HOME
  • コラムの泉

コラムの泉

このエントリーをはてなブックマークに追加

「実抜計画」と「合実計画」

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
          ~得する税務・会計情報~         第79号
             
           【税理士法人-優和-】   http://www.yu-wa.jp  
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
           「実抜計画」と「合実計画

昨年、11月に「中小企業向け融資の貸出条件緩和が円滑に行われるための措置」が
金融庁から出されており、融資条件(貸出条件)の緩和を行っても、実現可能性の
高い抜本的な経営再建計画(いわゆる実抜計画)があれば貸出条件緩和債権には該
当しないとの取扱いについて、監督指針及び検査マニュアルの改定がされています。

条件緩和(返済条件の変更)とは、金利の引下げ、金利・元本の支払い猶予、返済
期限の延長、・債権放棄など借り手にとって有利となる取決めをすることです。

 このような条件緩和が行われると、金融機関にとってはその貸出先の債権は要管
債権となり不良債権扱いとなっていました。しかし今回の改定で、一定の条件の
もとでは、条件緩和債権にならないこととされました。

 現状は、抜本的な経営再建計画について「概ね3年後の債務者区分が正常先とな
ること」を要件として記載していましたが、 今回の改定では、中小企業については、
上記の「概ね3年後に正常先」を「概ね5年(5年~10年で計画通りに進捗してい
る場合を含む)後に正常先(計画終了後に自助努力により事業の継続性を確保できれ
ば、要注意先であっても差し支えない)」に緩和されています。

「計画」の進捗が遅れていても、その原因を分析し、今後の改善が見通せるならば、
「計画」どおりに進んでいる場合と同じように取り扱います。

 また「計画」期間中、一定以上の金利(基準金利)を確保する必要がなくなりました。

すなわち「合理的かつ実現可能性の高い経営改善計画、いわゆる合実計画」があれば
これを「実抜計画」とみなすと言っています。 

 この「合実計画」の内容も、金融庁の検査官を講師に迎えた公認会計士協会の金融
機関監査担当の監査人向け研修会や、金融庁の各金融機関向けの研修会でも、戸惑い
を感じるくらいの様変わりな姿勢変化です。

 それだけ今回のサブプライムローンを端に発せられた世界同時不況の影響が厳しい
ものであるということです。現状では地域金融機関の中小企業向け融資は依然として
厳しい対応を迫られていますが、金融円滑化「大臣目安箱」という制度もできています。

「貸し渋り・貸し剥がし」等の金融機関(民間金融機関及び政策金融機関)の融資に
関する大臣直通の情報受付窓口です。こちらの情報が金融機関検査にも影響するとの
ことです。泣き寝入りしないで大いに活用しましょう。

********************************************************************
購読解除は下記URLから
http://www.yu-wa.jp/mail.htm
********************************************************************

********************************************************************
発行者 税理士法人優和 東京本部 渡辺俊之(公認会計士税理士
優和HP:http://www.yu-wa.jp
E-MAIL:tookyo@yu-wa.jp
TEL:03(3455)6666/ FAX:03(3455)7777
〒108-0014
東京都港区芝4-4-5三田KMビル
********************************************************************

スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在20,006コラム

カテゴリ

労務管理

税務経理

企業法務

その他

≪表示順≫

※ハイライトされているキーワードをクリックすると、絞込みが解除されます。
※リセットを押すと、すべての絞り込みが解除されます。

新規投稿する

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

注目検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP