スポンサーリンク

  • HOME
  • 労働実務事例

労働実務事例

提供:労働新聞社

子20歳到達で遺族年金は減額か

「労働新聞」「安全スタッフ」(2010年1月~12月掲載文)
法改正等で現在の正確な内容と異なる場合があります。

[ 質問 ]

 業務上の災害で死亡した従業員の遺族から、遺族補償年金の件で相談を受けています。母子2人のうち子どもは障害者ですが、まもなく20歳に達します。この場合は、子どもが遺族の対象から外れてしまい、遺族補償年金額が減ってしまうのでしょうか。

福岡・P社

[ お答え ]

 遺族補償年金の額は、遺族の人数別に「給付基礎日額の何日分」という形で定められています。受給権の順位は、「妻・60歳以上または一定障害の夫」が第1位、「18歳に達した年度末までまたは一定障害の子」が第2位となっています。
 お尋ねのケースでは、母(妻)が受給権者、子どもが受給資格者となり、算定基礎となる遺族の数は2人で、給付基礎日額201日分の遺族補償年金が支給されます。
 遺族のうち、子、孫または兄弟姉妹については、「18歳に達した年度の終了」により受給権が消滅します(労災保険法第16条の4)。ただし、「労働者の死亡のときから引き続き労災保険の障害等級5級以上の状態にあるとき」は、例外です。
 厚生年金の遺族厚生年金は、「国民年金の障害等級2級の状態にある子が20歳に達した」時点で受給権を喪失します。しかし、労災保険の障害者については年齢の上限は設けられていません。



スポンサーリンク

キーワード毎に情報を集約!

絞り込み検索!

現在636事例

カテゴリ

表示順

※ハイライトされているキーワードをクリックすると、絞込みが解除されます。
※リセットを押すと、すべての絞り込みが解除されます。

スポンサーリンク

PAGE TOP