• HOME
  • コラムの泉

コラムの泉

このエントリーをはてなブックマークに追加

輸出販売を行う際の消費税の取扱いや必要書類について

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
    江崎会計の税務情報 『 一 刀 両 断 ! 』
  
  ~実戦で実践できる本当の税務対策をご紹介します~                 
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
      2016年2月17日   Vol.294  
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━



こんにちは。

今週は東京事務所2課の姜(キョウ)が担当させて頂きます。
よろしくお願い致します。




 ここ最近は円高傾向となってはいますが、数年前からの円安や入国ビザ
の条件緩和などにより外国人観光客をよく見かけるようになりました。


 また、海外で日本への評価や関心が高まってきているとテレビで報道
されたりもしていますので、この機会に自社商品の輸出販売を検討され
ている方もいらっしゃるかと思います。


そこで、今回は輸出販売を行う際の消費税の取扱いや必要書類について、
簡単にではございますが書かせて頂こうと思います。 


━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
            輸出免税取引
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

●輸出免税取引とは

  事業者が日本国内で商品などを販売する場合には原則として消費税
 かかってきますが、『海外で日本の商品を使用する人に日本の消費税
 課すことは適当でない』という理由から、一定の要件を満たす取引は
 『輸出免税取引』として消費税が免除されます。
  
  輸出免税取引には商品等の物品を輸出することの他、日本と海外との
 輸送や通信(国際電話)などのサービスも含まれます。

  免税と言うくらいですので輸出取引を行っている事業者は国内販売
 のみを行っている事業者より当然、消費税の納税額は少なくなります。




消費税の計算(消費税本則課税事業者の場合)

  極端な例ですが、実際にどれくらい消費税の納税額が減少するか
 計算をしてみます。


  『例題』
   国内で税込648円で仕入れた商品を1,080円で売却


  ★国内販売の場合
 
   1)1,080円÷108%×8%=80円(売上に係る消費税
   2)  648円÷108%×8%=48円(仕入に係る消費税
   3)     1)-2)      =32円(納付する消費税


  ☆輸出販売の場合

   1)1,080円÷108%×0%=  0円(売上に係る消費税
   2)  648円÷108%×8%= 48円(仕入に係る消費税
   3)     1)-2)      =-48円(還付される消費税

  
  上記の例ですと 32円-(-48円)=80円分輸出販売の方が
 消費税納税額が減少しています。

  
  ニュース等でも度々話題となりますが、総売上のうち輸出免税取引の
 占める割合が多い企業ほど多額の消費税還付を受けられることから、
 多くの自動車販売メーカーは特に輸出に力を入れている様です。
 


   
●必要書類

  輸出免税の適用を受けるためには『実際に輸出取引を行ったか』を
 証明する証憑書類の保存が必要となります。

  物品等の輸出には大まかに、運送等による通常の輸出、郵便による
 輸出の2つがあり、それぞれ証憑書類が定められています。
 


 ★運送等による通常の輸出…輸出許可証など(税関長が証明した書類)
   

 ★郵便による輸出(EMSなど)

  1) 20万円超のもの …輸出許可証など(税関長が証明した書類)

  2) 上記以外     …輸出取引を行った事実が確認出来る書類
             (販売先の氏名、住所が確認出来る書類や
              商品発送時の郵便物受領証など※)
  
   ※たとえばEMSでは宛名ラベル印刷サービスがありますが、
    こういった資料だけではなく発送伝票控等の書類も保存を
    しておいた方が良いと思われます。




  今回は実際に商品が移動した場合の証憑を紹介致しましたが、最近は
スマホアプリやソフトウェアなど物品以外の輸出取引も増えてきており、
相手先の氏名や住所がわからない(総括して販売を行っているグーグル等
 から情報提供を受けられない場合など)ことから『輸出取引を行った事実
 が確認出来る書類』を提示出来ずに輸出免税が認められなかった事例も
 ある様です。

  

  輸出取引を行っている方や今後輸出販売を検討されている方は、税務
 調査で否認を受けないためにも具体的にどのような資料を保存すれば良
 いか、最寄りの税務署、税理士に相談をされてみてはいかがでしょうか。 



 最後までお付き合い頂き有難うございました。
 
 次号もどうぞよろしくお願い致します。

───────────────────────────────────
=明朗、低料金システムで中小企業、個人事業主様を元気に!=
   
税理士法人 江崎総合会計■  http://www.tax-sos.co.jp/ 

(東京事務所) TEL 03-6418-8010 FAX 03-6418-8020
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-16-5 マニュライフプレイス渋谷2F

(名古屋事務所)TEL 052-220-2100 FAX 052-220-2104
〒460-0003 名古屋市中区錦2-15-22 りそな名古屋ビル 8F

(大阪事務所) TEL 06-6131-0037 FAX 06-6131-0067
〒530-0054 大阪市北区南森町1-4-19 サウスホレストビル 7F

<会社設立なら>
 関西エリア http://kigyo-ok.com/
 東海エリア http://kigyo-ok.net/
 関東エリア http://kigyo-ok.org/

───────────────────────────────────
Copyright(C) 2016 Ezaki Total Management Office All Rights Reserved.
───────────────────────────────────

スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在20,863コラム

カテゴリ

労務管理

税務経理

企業法務

その他

≪表示順≫

※ハイライトされているキーワードをクリックすると、絞込みが解除されます。
※リセットを押すと、すべての絞り込みが解除されます。

新規投稿する

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

経営ノウハウの泉より最新記事

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP