スポンサーリンク

  • HOME
  • コラムの泉

コラムの泉

成果をあげる究極の問い

●●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ドラッカーに学ぶ!成果をあげる人・あげない人
 
提供:大林税務会計事務所 http://zeimu110.com

●●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!
ドラッカーに学ぶ大林 茂樹です。

ドラッカーの名言から,成果をあげる人・あげない人の
違いを探ります!

現代社会最高の哲人の言葉で,成果をあげる習慣を身に
つけましょう!

「非営利組織に働くあらゆる者が何度も何度も繰り返
すべき究極の問いは,『自分はいかなる成果について責
任をもつべきか,この組織はいかなる成果について責任
をもつべきか,自分とこの組織は何をもって憶えられた
いか』である。」
非営利組織の経営P159

これは,非営利組織だけに限らないことですが,比較的
あたらしい概念なのかも知れません。

そもそも,あらゆる者が自分と組織の成果と責任を深く
考える必要がなかったのです。

多くの組織において,成果とは時間当たりの生産量であ
り経済的な利益をあげることでした。

そもそも,20世紀の半ばまで,先進国でも餓死する危険
がありました。

時間当たりの生産量をあげて,物資の不足を補う必要が
ありました。

しかも時間当たりの生産量をあげるためには…
人間が機械のように,黙々と働いてもらう必要があった
ということです。

「あらゆる者が自分と組織の成果と責任を深く考える」
ことは,むしろ生産性を阻害する要因になったかも知れ
ません。

余計なことを考える暇があったら,黙って手足を動かし
てくれた方が都合が良かったのです。

残念ながら,餓死と隣り合わせだった時代は,そうせざ
るを得なかったのでしょう。

そして,その当時働いていた人間も,仕事が面白いか
どうかは,あまり関係なく飢えをしのぐために働かざる
を得なかったと思います。

しかし,物資が行き渡り,人間が機械のように働かなく
てはいけない作業の多くが機械化されました。

成果は,単位あたりの生産量ではなく,ひと手間,ひと
工夫をすることによって,差別化に成功することによっ
てもたらされる時代になったわけです。

ひと手間やひと工夫をするためには,目の前の課題を
黙々とこなすだけでは,いい知恵が浮かんできません。

お客さまとの関わりの中から,見つけ出すわけですから,
顧客に対する貢献と責任が要求されるということです。

さて,冒頭に戻りましょう。
「非営利組織に働くあらゆる者が何度も何度も繰り返
すべき究極の問いは,『自分はいかなる成果について責
任をもつべきか,この組織はいかなる成果について責任
をもつべきか,自分とこの組織は何をもって憶えられた
いか』である。」

これは,知識労働者としての仕事の仕方と生産性につい
て述べられているものであるということです。

ところが,未だに生産性とは,いかに効率をあげて,目の
前の仕事をそつなくこなすかということに関心が向かっ
てしまっているように思います。

まあ,ムリもありません。
われわれ人間は,有史以来ずっと目の前の課題を効率よ
くこなすことに夢中になってきたわけです。

しかし,効率化の落とし穴は,お客さまの望んでいない
商品やサービスを効率化して自己満足に陥ってしまう
ことです。

ところが,効率化よりも,差別化だの,顧客に対する責
任や貢献が大事だといわれても,違和感を感じるのが普
通なのかも知れません。

さて,あなたが仕事をすすめていくうえで,大事だと思
うのは,それでも効率化して,さっさと早く帰ることで
しょうか?

それとも,「いかなる成果について責任をもつべきか,
自分とこの組織は何をもって憶えられたいか」になって
いるでしょうか?

そういう自分は,どうなのよといわれると心苦しいもの
がありますが,意外と見落としやすい盲点ではないかと
思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ドラッカー名著集のお買い求めは,こちらです!
http://ow.ly/2UDs1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆編集後記☆
8月17日に誕生日を迎えました。
あまり実感がなかったのですけれども,Youtubeで生ま
れた年の1966年の動画を見ると,白黒映像が意外と多
く,半世紀を生きたんだなと実感させられますね。

まあ,子供が来年成人ですので,否が応でも,一つの
区切りになる年になると思います。

40代の頃のように,ムリは利かないかも知れませんが,
メルマガは,当分の間,これまでと同じペースで頑張っ
ていきたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ紹介やPRをしたい方は下記より承ります。
(審査あり)
http://wp.me/P2JWBR-22

まぐまぐ殿堂入り
「ドラッカーに学ぶ!成果をあげる人・あげない人」

バックナンバーは下記のページです。
http://archive.mag2.com/0000251320/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○facebook版
「ドラッカーに学ぶ!成果をあげる人・あげない人!」

皆さまのお越しをお待ちしております!
http://www.facebook.com/Druckerian

○スゴワザ『会社,お店』
人気ランキング5か月連続一位を獲得!

「業績をV字回復させる7つのヒント」
http://www2.sugowaza.jp/reports/get/1/32213

○ビジネスストアBisco売上ランキング第一位獲得!
税理士の視点による 戦略的コストダウンメソッド

もしドラッカーが中小企業の顧問税理士になったら?
http://www.bisco24.com/products/detail2072.html

税務調査で負のスパイラルに陥らないためのノウハウ
http://www.bisco24.com/products/detail3142.html

○人気ランキング第一位を獲得した無料レポート
『なぜ黒字倒産が起きるのか?』
http://www2.sugowaza.jp/reports/get/1/25636/

『なぜコストダウンが上手くいかないのか?』
http://www2.sugowaza.jp/reports/get/1/26782/

『税務調査でポロっと言ってしまう悪魔のフレーズ』
http://www2.sugowaza.jp/reports/get/1/14339/

○朝日,読売,毎日の3大新聞が取材!
「マネジメントのビックリ箱」
http://blog.livedoor.jp/ohbayashiblog/

○ほぼ毎日何かしらつぶやいています!
http://twitter.com/zeimu110

○何か,文句を言いたい人はこちらにコメント!
http://bit.ly/zeimu110inq

●●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

川越駅を西向けば税務の110番はこちらです!!!!
http://zeimu110.com

ライン公式アカウント「@zeimu110」
http://accountpage.line.me/zeimu110

まぐまぐ殿堂入り
「ドラッカーに学ぶ!成果をあげる人・あげない人」

発行者:税務の110番! 税理士 大林 茂樹
(ドラッカー学会会員)

〒350-1126
埼玉県川越市旭町1-4-38

お問い合わせは,いつでもどうぞ!
http://wp.me/P2JWBR-22

●●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在19,100コラム

カテゴリ

労務管理

税務経理

企業法務

その他

≪表示順≫

※ハイライトされているキーワードをクリックすると、絞込みが解除されます。
※リセットを押すと、すべての絞り込みが解除されます。

新規投稿する

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

注目検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP