スポンサーリンク

  • HOME
  • コラムの泉

コラムの泉

中華飯店の円卓を生産ラインに導入してはどうか!

【モノづくり】

株主優待制度の招待で、乗用車を生産している工場を見学したことがあるが、ラインは一定の速度(かなり速そうに見えた)で流れていて、作業員が息つく暇もなさそうに部品を取り付けていた。

一方、トラックの工場は一味違う流し方で改革している様子だ。

 =================================================

【本文】

■中華飯店の円卓を生産ラインに導入してはどうか!■

20年ほど前になるが、国内自動車メーカーの株を少しばかり購入したが、そのとき株主優待の招待で群馬県のS社の乗用車生産工場を見学する機会があった。

ラインは一定のスピードで常に動いており、作業員があわただしく自分の持ち場の部品を組みつけていた。

作業員に何かアクシデントがあったときはリリーフマンガすぐにフォローする仕組みができていて、ラインは停止しないのだと言う。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

一方、トラックを生産しているH自動車の工場では中華飯店の円形テーブルのようなラインに改革されていると聞いた事がある。

トラックの筐体が円形テーブルの上でゆっくり回転していて、作業員が部品を組みつけていくやり方だから滞りなく部品を配膳することが重要になる。

円卓テーブルを複数設置し、訓練された作業員が一人で最初から最後まで組み立てる(セル生産システムと称する)ことで生産性が高く、長い生産ラインよりも管理しやすいのではないかと思う。

        = コンピテンシー宣教師 =

*************************************************************************

この記事に関するご感想、ご意見はこちらから 3223898301@jcom.home.ne.jp

コンピテンシー導入の威力について
⇒ http://saiaiconsul.web.fc2.com/consul1.html

*************************************************************************

メールマガジン「仕事のできる人の集団作り戦略」好評配信中!登録はこちら
⇒ http://www.melma.com/backnumber_59181/

ブログにも味深い記事を掲載しています。こちらをクリック!
⇒ http://plaza.racten.co.jp/saiaiconsul//
⇒ http://blog.goo.ne.jp/saiaiconsul/

*************************************************************************

スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在19,415コラム

カテゴリ

労務管理

税務経理

企業法務

その他

≪表示順≫

※ハイライトされているキーワードをクリックすると、絞込みが解除されます。
※リセットを押すと、すべての絞り込みが解除されます。

新規投稿する

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

注目検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP