• HOME
  • コラムの泉

コラムの泉

このエントリーをはてなブックマークに追加

税務署の情報収集能力は!?

┏┓■節税のツボとコツ:::納税する一般ピーポーへ謹呈
┗□─────────────────────────────□
 
 日本で二番、crocsサンダルの似合う物知り税理士
 渋~い節税のコツを綴ります。

┏━━━━━------゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚
  税 務 徒 然 草  
┗━━━━━------゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


個人的な財産について、

税務署はどの程度まで把握しているのだろうか。

このような疑問を抱いたことはありませんか?



不動産や預金、株などは

法務局や銀行、証券会社に

問い合わせれば容易に把握できますが、

タンスの中の現金までは

分からないだろうと思っている人は

多いのではないでしょうか。



ところが、これがそうでもないのです。

国税庁では適正かつ公平な税金の負担や、

その徴収の実現のために申告書の収受や処理、

納税者の管理、調査・指導、資料情報の収集や

管理、税務に関する相談などといった一連の業務について

国税総合管理(KSK)システム」を使っています。



これは全国の国税局と税務署をネットワークで結び、

情報を一元的に管理するシステムです。



私たちの収入や財産は、

給与の源泉徴収票や毎年の確定申告により

把握されているのです。



例えば、ある家族に相続が発生した場合、

相続人(亡くなった人)の生前の収入からすると

2億円ほどの財産があってしかるべきだと

KSKシステムが予想したのに対し、

申告書には1億円と記載されていたとします。

相続人が生前に使ってしまったのか、

またはタンス預金などで1億円ほど隠し持っているのか。



それを確かめるために税務調査官が出向いて

真実を追求する流れとなります。

悪いことはできない仕組みになっているようですね。



■■*■■■■*■■■■*■■■■■*■■
  発行人 税理士太田 彰
  Mail: akira@otax81.com
■■*■■■■*■■■■*■■■■■*■■

スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在20,455コラム

カテゴリ

労務管理

税務経理

企業法務

その他

≪表示順≫

※ハイライトされているキーワードをクリックすると、絞込みが解除されます。
※リセットを押すと、すべての絞り込みが解除されます。

新規投稿する

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

経営ノウハウの泉より最新記事

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP