相談の広場

このエントリーをはてなブックマークに追加

労務管理

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!

今、おすすめのキーワード: 労働保険 コロナ禍 夏季休暇 倒産 労働災害

創立記念30000円分のギフト券を渡し場合の社会保険について

著者 kururu さん

最終更新日:2020年06月01日 18:54

今年は、創立記念30周年と言う事もありましてボーナスの日に30,000円分のギフト券を社員に直接渡します。

社員に配布します賞与明細書には、支給項目の所に課税所得として30,000円を
記載。控除項目の所に課税所得として30,000円を記載して明細書では
プラスマイナス0円ですが源泉所得税の計算に含める為、課税扱いとして記載します。
但し、社会保険雇用保険の計算には含めるのかどうか調べましたが不安になりましたので質問させて頂きます。
宜しくお願いします。

スポンサーリンク

Re: 創立記念30000円分のギフト券を渡し場合の社会保険について

著者tonさん

2020年06月01日 20:21

> 今年は、創立記念30周年と言う事もありましてボーナスの日に30,000円分のギフト券を社員に直接渡します。
>
> 社員に配布します賞与明細書には、支給項目の所に課税所得として30,000円を
> 記載。控除項目の所に課税所得として30,000円を記載して明細書では
> プラスマイナス0円ですが源泉所得税の計算に含める為、課税扱いとして記載します。
> 但し、社会保険雇用保険の計算には含めるのかどうか調べましたが不安になりましたので質問させて頂きます。
> 宜しくお願いします。
>

こんばんは。
換金可能のギフト券ですからもありましてボーナスの日に30,000円分のギフト券を社員に直接渡します。
>
> 社員に配布します賞与明細書には、支給項目の所に課税所得として30,000円を
> 記載。控除項目の所に課税所得として30,000円を記載して明細書では
> プラスマイナス0円ですが源泉所得税の計算に含める為、課税扱いとして記載します。
> 但し、社会保険雇用保険の計算には含めるのかどうか調べましたが不安になりましたので質問させて頂きます。
> 宜しくお願いします。
>

こんばんは。私見ですが…
下記ネット情報があります。

社会保険料健康保険料・厚生年金保険料)についてですが、創業を記念するお祝い金は、任意的であり恩恵的な支給となります。
つまり、労働の対価として支給する手当ではないため、社会保険料の対象とはなりません。
雇用保険料についても同様に労働の対価でなければ、対象とはなりません。
ただし、就業規則や給与規程等において、支給要件が明確に記載されているものは賃金となるため、社会保険料雇用保険料の対象となります。

確定的なことは社保事務所にご確認ください。
とりあえず。

Re: 創立記念30000円分のギフト券を渡し場合の社会保険について

著者kururuさん

2020年06月02日 09:19

> > 今年は、創立記念30周年と言う事もありましてボーナスの日に30,000円分のギフト券を社員に直接渡します。
> >
> > 社員に配布します賞与明細書には、支給項目の所に課税所得として30,000円を
> > 記載。控除項目の所に課税所得として30,000円を記載して明細書では
> > プラスマイナス0円ですが源泉所得税の計算に含める為、課税扱いとして記載します。
> > 但し、社会保険雇用保険の計算には含めるのかどうか調べましたが不安になりましたので質問させて頂きます。
> > 宜しくお願いします。
> >
>
> こんばんは。
> 換金可能のギフト券ですからもありましてボーナスの日に30,000円分のギフト券を社員に直接渡します。
> >
> > 社員に配布します賞与明細書には、支給項目の所に課税所得として30,000円を
> > 記載。控除項目の所に課税所得として30,000円を記載して明細書では
> > プラスマイナス0円ですが源泉所得税の計算に含める為、課税扱いとして記載します。
> > 但し、社会保険雇用保険の計算には含めるのかどうか調べましたが不安になりましたので質問させて頂きます。
> > 宜しくお願いします。
> >
>
> こんばんは。私見ですが…
> 下記ネット情報があります。
>
> 社会保険料健康保険料・厚生年金保険料)についてですが、創業を記念するお祝い金は、任意的であり恩恵的な支給となります。
> つまり、労働の対価として支給する手当ではないため、社会保険料の対象とはなりません。
> 雇用保険料についても同様に労働の対価でなければ、対象とはなりません。
> ただし、就業規則や給与規程等において、支給要件が明確に記載されているものは賃金となるため、社会保険料雇用保険料の対象となります。
>
> 確定的なことは社保事務所にご確認ください。
> とりあえず。

tonさん
回答ありがとうございます。
社会保険料の対象とはならないんですね。
最後は社保事務所にも確認してみます。
ありがとうございました。

1~3
(3件中)

    スポンサーリンク

    労働実務事例集

    労働新聞社 監修提供

    法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

    スポンサーリンク

    注目検索キーワード

    注目のコラム

    注目の相談スレッド

    スポンサーリンク

    PAGE TOP