相談の広場

このエントリーをはてなブックマークに追加

税務管理

税務経理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!

今、おすすめのキーワード: 消費税中間申告 最低賃金 社員研修 テレワーク 36協定

コロナに伴う出張宿泊のキャンセルにつて

著者 カイルミ さん

最終更新日:2020年06月23日 17:03

今回のコロナにより予定していました社長と従業員の海外出張が中止となり、宿泊サイトより返金があったようです。(25万ほど)

キャンセル不可のプランでしたがコロナの為、全額返金だったようです。

支払は個人でしており会社からは個人へ支払い済でしたのでそのまま返金してもらえば済む話なのですが、困ったことに社長が従業員から返金分を受取りポケットマネーに入れてしまいました。

税理士さんからはキャンセルで戻りがあるはずだと指摘されそのことを言うとキャンセル交渉がうまくいかなかったので返金されないと伝えるように言われました。

ただ、宿泊サイトを見ると全額返金されると記載がありました。

この場合、社長の言うとおりにしているとどんな問題が起きるでしょうか?
バレなければ大丈夫なのでしょうか?

スポンサーリンク

Re: コロナに伴う出張宿泊のキャンセルにつて

著者ぴぃちんさん

2020年06月23日 19:27

こんばんは。

バレなければとありますが、会社のお金を勝手に着服したということでしょうね。

従業員が返金しているのに、社長がそのようではどうかと思いますが。。

以下は私見です。
税理士サンが指摘していて、実際に返金を受けているのですから、出張の費用は発生していないので、金銭はすみやかに会社は返金して貰う必要があります。
虚偽の説明により、会社に不当に損害を与えているのであれば、横領・背任に該当しませんかね。

どうしても社長にお金を上げたいのであれば、税務的にも放置するべき状態ではなく、役員賞与として所得税もきちんと処理するべきと思いますよ。

知ってて見ぬふりをするのであれば、会社からみれば、経理担当者も責任がないとはいえないでしょう。



> 今回のコロナにより予定していました社長と従業員の海外出張が中止となり、宿泊サイトより返金があったようです。(25万ほど)
>
> キャンセル不可のプランでしたがコロナの為、全額返金だったようです。
>
> 支払は個人でしており会社からは個人へ支払い済でしたのでそのまま返金してもらえば済む話なのですが、困ったことに社長が従業員から返金分を受取りポケットマネーに入れてしまいました。
>
> 税理士さんからはキャンセルで戻りがあるはずだと指摘されそのことを言うとキャンセル交渉がうまくいかなかったので返金されないと伝えるように言われました。
>
> ただ、宿泊サイトを見ると全額返金されると記載がありました。
>
> この場合、社長の言うとおりにしているとどんな問題が起きるでしょうか?
> バレなければ大丈夫なのでしょうか?
>

Re: コロナに伴う出張宿泊のキャンセルにつて

著者tonさん

2020年06月24日 01:33

> 今回のコロナにより予定していました社長と従業員の海外出張が中止となり、宿泊サイトより返金があったようです。(25万ほど)
>
> キャンセル不可のプランでしたがコロナの為、全額返金だったようです。
>
> 支払は個人でしており会社からは個人へ支払い済でしたのでそのまま返金してもらえば済む話なのですが、困ったことに社長が従業員から返金分を受取りポケットマネーに入れてしまいました。
>
> 税理士さんからはキャンセルで戻りがあるはずだと指摘されそのことを言うとキャンセル交渉がうまくいかなかったので返金されないと伝えるように言われました。
>
> ただ、宿泊サイトを見ると全額返金されると記載がありました。
>
> この場合、社長の言うとおりにしているとどんな問題が起きるでしょうか?
> バレなければ大丈夫なのでしょうか?
>


こんばんは。横からですが…
帳票類・証言が一致しませんのでバレるでしょう。
従業員の返金,サイトの全額返金案内でも資金は会社に入金されていない
…ではその資金はどこに行ったのか追跡できる状況です…
社長自身がゴマかしているのですから確信犯です。
まずは一時j処理として貸付金として返金処理をしましょう。
従業員及び社長返金分旅費の社長貸付でしょうね。
その上で返金してもらいましょう。
返金があるまで貸付金の残高は残ります。
最終的に返金が無ければ賞与の判断も必要になりますがそこは税理士にご確認ください。
今後の事も考慮し個人購入はせず会社購入に切り替えるのも一考かと思います。
税理士に本当の事を言うかどうかも含めて
後はご判断ください。
とりあえず。

Re: コロナに伴う出張宿泊のキャンセルにつて

著者カイルミさん

2020年06月24日 08:58

ぴぃちんさん
tonさん

回答ありがとうございます。

どう考えてもダメなことですよね…

私を含めて経理は2人で上司は役員なのですが
返金分を社長がくすねた話は返金した従業員から聞き
上司はこの話を知らなかったので話しました。
ですが、上司も社長の言うとおりに報告してと言ってきたのです。

オーナー社長なのでいろいろとやりたい放題です。

社長的には返金されなかった、仕方がないので経費計上するという流れでいきたいのだとは思いますが。(今は処理しませんがおいおいするのでしょう)

個人的にはバレなければいいじゃなく寧ろバレてほしいと思っています。
税理士さんに言えばいい話なのかもしれませんが言ってしまって会社を辞めさせられることも避けたいのです。(まともな会社なら大丈夫だとは思いますが…)
ただ、知っておきながら見て見ぬふりをするのは経理担当者として仕事を放棄しているのと変わらないのかもしれません。
このもやもやした気持ちを誰かに知ってほしくてこのような質問を投稿しました。すみません。

Re: コロナに伴う出張宿泊のキャンセルにつて

著者ぴぃちんさん

2020年06月24日 10:05

おはようございます。もやも部分への、個人的な意見です。的外れかもしれませんが。

社長さんが、不正をするので隠しておきなさい、と指示であれば、あとはカイルミさんがその一員にならないようにするしかないかな、とカイルミさんの立場なら思います。
トカゲのしっぽになっていないかどうか。
会社の方針を一従業員がかえることは難しいでしょうから、それでもそこで働きたいのかどうか、になってくるのかな、と思います。



>
> 回答ありがとうございます。
>
> どう考えてもダメなことですよね…
>
> 私を含めて経理は2人で上司は役員なのですが
> 返金分を社長がくすねた話は返金した従業員から聞き
> 上司はこの話を知らなかったので話しました。
> ですが、上司も社長の言うとおりに報告してと言ってきたのです。
>
> オーナー社長なのでいろいろとやりたい放題です。
>
> 社長的には返金されなかった、仕方がないので経費計上するという流れでいきたいのだとは思いますが。(今は処理しませんがおいおいするのでしょう)
>
> 個人的にはバレなければいいじゃなく寧ろバレてほしいと思っています。
> 税理士さんに言えばいい話なのかもしれませんが言ってしまって会社を辞めさせられることも避けたいのです。(まともな会社なら大丈夫だとは思いますが…)
> ただ、知っておきながら見て見ぬふりをするのは経理担当者として仕事を放棄しているのと変わらないのかもしれません。
> このもやもやした気持ちを誰かに知ってほしくてこのような質問を投稿しました。すみません。
>
>

Re: コロナに伴う出張宿泊のキャンセルにつて

著者プログレス合同会社さん

2020年06月24日 10:21

税理士さんから

> キャンセルで戻りがあるはずだと指摘され

ということでしたら、とりあえず税理士さんにそのまま「キャンセル交渉がうまくいかなかったので返金されない」と伝え、追加で「キャンセル交渉の記録とかはないようです」とお話しすることで経理担当としてはいいのではないでしょうか。

公式にどうかはわかりませんは、今回の自粛期間中の移動や会議、接待系の経費補助金等の入金および課税処理については税務調査の重点対象になるかと思っています。

キャンセルで戻りがあるはずと指摘されるような税理士さんでしたら、同じことを税務調査で指摘されると困ると考えているはずなので、返金されない証憑としてキャンセル交渉の記録等を求めてもらえるのではないかと思いますが…。

バレなければいいはある意味で正解なのです。
しかし、バレた時のリスクも併せて考えるのが経営者です。
税務に関してはバレた時のリスクの方が大きいと思うのですが、その辺りは経営者判断になりますから、何ともです。

Re: コロナに伴う出張宿泊のキャンセルにつて

著者カイルミさん

2020年06月24日 10:28



ぴぃちんさん

ご心配いただきありがとうございます。

確かにトカゲのしっぽは可能性はゼロではないのかもしれませんね。
ただ、社長は私がその事実を知っているとは思ってもいないと思います。
話してくれた従業員が私に話したとわざわざ言う可能性が少ないので。
トカゲのしっぽはどちらかというと返金のお金を社長に渡した従業員ではないかなと思っています。
その人はカラ出張のお金も社長に渡したりしているので…

この件以外にも私に被害が被る様なら白を切るつもりです。

今の会社は従業員さんにいい人が多く居心地がよくやめようという選択肢がいまのところありません。
社長を含む役員には毎日腹が立っていますが…

Re: コロナに伴う出張宿泊のキャンセルにつて

著者カイルミさん

2020年06月24日 10:50

プログレス合同会社さん

回答ありがとうございます。

税理士さんにはもっと指摘してほしいと思っているので交渉記録がないと言うのは参考になります。

税務調査はここ数年入られていないのでもうそろそろあるのではと思っています。
今の上司は次の税務調査が来る前に辞めるつもりでいるので社長のやりたい放題には自分は関係ないと言わんばかりに目をつぶっている状態です。
なので今回のことも社長の言うとおりにしているのです。

バレたときのリスクを考えているのかはわかりませんが考えている人ならそもそもこんなことしようとは思わないと思うので下手をすると考えていないかもしれません。
考えていてもなんとかなるだろうぐらいに考えているかと…
いつも問題が起きてから対処しているので…
今回のコロナも騒ぎが大きくなってから対処を考えていたので高いアルコールとマスクを自分のクレジットで大量買いしていました。
そのクレジットのポイントも社長についていると思ったら腹が立ちます。
基本的に取引会社から買うもの以外は社長が個人のクレジットで払っているので小口も小口ではないときがあるんです。

話が反れてしまいましたがとても参考になる意見ありがとうございます。

1~8
(8件中)

    スポンサーリンク

    労働実務事例集

    労働新聞社 監修提供

    法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

    スポンサーリンク

    経営ノウハウの泉より最新記事

    注目のコラム

    注目の相談スレッド

    スポンサーリンク

    PAGE TOP