スポンサーリンク

  • HOME
  • コラムの泉

コラムの泉

知識労働者の生産性

●●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ドラッカーに学ぶ!成果をあげる人・あげない人
 
提供:大林税務会計事務所 http://zeimu110.com

●●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!
ドラッカーに学ぶ大林 茂樹です。

ドラッカーの名言から,成果をあげる人・あげない人の違いを探ります!
現代社会最高の哲人の言葉で,成果をあげる習慣を身につけましょう!

「知識労働者の生産性とは,なすべきことをなす能力のことである。成
果をあげることである。」(経営者の条件P22)

これは,今までいわれていた生産性とは異なる概念だと思います。
では,これまでより多くを生産するための唯一の方法とされたものは,
何だったでしょうか?

「より長く働かせるか,より懸命に働かせるかだった。」(ポスト資本
義社会P44)ということです。

知識労働における生産性と肉体労働による生産性の概念が全く違うので,
こんなに一生懸命やったのに成果があがらないと悩むか,一生懸命やった
のだから仕方ないとあきらめる人が意外と多いのかも知れません。

しかし,「より長く働かせるか,より懸命に働かせるか」で成果が違っ
たのは,圧倒的な供給不足で,競争相手との力関係が僅少である場合に
限り有効だということです。

昔は,同じ地域で同じようなタイミングで種をまきました。
食糧事情も餓死者が出るかでないかというぎりぎりのところで勝負し
ていました。

競争相手と似通った競争条件のもとでは,より長く働くか,より懸命に
働くかで成果の差が出ました。

ところが,今では大量生産によりモノがあふれている時代です。
その結果として,「製造の力では,製品を差別化しきれない。」(ネクス
ト・ソサエティP100)という時代になりました。

では,どうやって差別化をするかというと…
「そのニーズに応えることが違いを生みます。こうして差別化を行うわ
けです。」(非営利組織の経営P87)とあるように,ニーズに応えること
で差別化をするということです。

より長く働くか,より懸命に働いたとしても,ニーズに応えてなければ
差別化できないことを意味します。

また,機械が差別化をやってくれるわけでもありません。
差別化を行なうのは,あくまでも知識ということですね。

より長く働くか,より懸命に働くまえに,その仕事は本当になされるべき
仕事なのか,ニーズに応えているかを考える方が先だということです。
さもないと,無駄な仕事を見事に設計してしまうとか…

「失敗した人たちのほうが,よく働いていたという例も多い。」(経営者
の条件P85)という残念な結果に終わってしまうということです。

「成果よりも努力が重要であり,職人的な技能それ自体が目的であるか
のごとき錯覚を生んではならない。」(マネジメント基本と原則P200)と
いう警告も真摯に受け止めなくではいけませんね。

こんなに一生懸命やったのに成果があがらないとか,一生懸命やったの
だから仕方ないとあきらめる口実になってしまうからです。

しかし,より多くを生産するための唯一の方法とされたものが,「より
長く働かせるか,より懸命に働かせるかだった。」時代が長かっただけ
に,未だにこの呪縛から抜けさせないというわけです。

「知識労働の生産性の向上のために最初に行うことは,行うべき仕事の
内容をあきらかにし,その仕事に集中し,その他のことは少なくとも可
能なかぎりなくしてしまうことである。」(明日を支配するものP172)と
ありますが,これは今までの概念と異なるものです。

いままでの仕事は,行うべき仕事の内容をあきらかにする必要がありま
せんでした。

そもそも食糧事情も先進国において大幅に改善したのは,20世紀半ばを
過ぎてからのことです。

あらゆるモノが不足していました。
行うべき仕事は,ハッキリしていたのです。
不足しているものを生産する必要に迫られていました。

する必要のない仕事は何かを考える時間よりも,とくかく手足を動かす時間
の方が貴重だったのです。

ところが,知識労働の時代に突入したのが最近のことであるがゆえに,手足
を動かす時間を多くすれば,なんとかなると思ってしまうわけですね。

さて,あなたの最近の仕事ぶりはどうでしょうか?
こんなに一生懸命やったのに成果があがらないとか,一生懸命やったの
だから仕方ないとあきらめたことはありませんか?
結構耳が痛かったりしますけどね(苦笑)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ドラッカー名著集のお買い求めは,こちらです!
http://ow.ly/2UDs1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆編集後記☆
知り合いの吉澤大氏が本を出しました。
http://ow.ly/tK3HI

2時間で丸わかり 不動産の税金の基本を学ぶ(かんき出版)
不動産に関心がある人向けの本です。

不動産の取得,保有,譲渡,相続等の4つの場面に章をわけていますの
で,該当する状況に応じてガイドブックのような感じで読むとよいでしょう。

実は,意外と取得,保有,譲渡,相続等といった状況に応じて,どんな
税金の問題が発生するのかをまとめた本がなかったように思います。

東京オリンピックの影響でしょうか?
一部で地上げがはじまっているという話を聞きます。

バブル経済期のような狂気にはならないと思いますけど,不動産の動き
が今後活発になりそうなので,興味のある人は手にとってみてください。

2時間で丸わかり 不動産の税金の基本を学ぶ(かんき出版)
http://ow.ly/tK3HI

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ紹介やPRをしたい方は下記より承ります。(審査あり)
http://bit.ly/zeimu110contact

まぐまぐ殿堂入り「ドラッカーに学ぶ!成果をあげる人・あげない人」
バックナンバーは下記のページですべて読むことができます。
http://archive.mag2.com/0000251320/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○facebook版「ドラッカーに学ぶ!成果をあげる人・あげない人!」
皆さまのお越しをお待ちしております!
http://www.facebook.com/Druckerian

○スゴワザ『会社,お店』人気ランキング5か月連続一位を獲得!
「業績をV字回復させる7つのヒント」
http://www2.sugowaza.jp/reports/get/1/32213

○ビジネスストアBisco売上ランキング第一位獲得!
税理士の視点による 戦略的コストダウンメソッド(DVD教材)
http://www.bisco24.com/products/detail.php?product_id=1470

もしドラッカーが中小企業の顧問税理士になったら?(DVD教材)
http://www.bisco24.com/products/detail2072.html

税務調査で負のスパイラルに陥らないためのノウハウ(DVD教材)
http://www.bisco24.com/products/detail3142.html

○人気ランキング第一位を獲得した無料レポートがココに集結!

『なぜ黒字倒産が起きるのか?』
http://www2.sugowaza.jp/reports/get/1/25636/

『なぜコストダウンが上手くいかないのか?』
http://www2.sugowaza.jp/reports/get/1/26782/

『税務調査でポロっと言ってしまう悪魔のフレーズ』
http://www2.sugowaza.jp/reports/get/1/14339/

○朝日,読売,毎日の3大新聞が取材!「マネジメントのビックリ箱」
http://blog.livedoor.jp/ohbayashiblog/

○ほぼ毎日何かしらつぶやいています!
http://twitter.com/zeimu110

○何か,文句を言いたい人はこちらにコメント!
http://bit.ly/zeimu110inq

●●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

川越駅を西向けば税務の110番はこちらです!!!!
http://zeimu110.com

まぐまぐ殿堂入り「ドラッカーに学ぶ!成果をあげる人・あげない人」
発行者:税務の110番! 税理士 大林 茂樹(ドラッカー学会会員)
〒350-1126
埼玉県川越市旭町1-4-38

お問い合わせは,いつでもどうぞ!
http://bit.ly/zeimu110contact

●●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在19,415コラム

カテゴリ

労務管理

税務経理

企業法務

その他

≪表示順≫

※ハイライトされているキーワードをクリックすると、絞込みが解除されます。
※リセットを押すと、すべての絞り込みが解除されます。

新規投稿する

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

注目検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP