• HOME
  • コラムの泉

コラムの泉

このエントリーをはてなブックマークに追加

専門家が発信する最新トピックスをご紹介(投稿ガイドはこちら

建設業許可の取得後に専任技術者がいなくなった場合

建設業許可を取得した後に、
専任技術者が他社に転職したり、定年退職したり、病気療養で常勤できなくなるなど、「専任技術者が不在」になるとどうなるのでしょうか。

「専任技術者の配置」は、建設業許可の「要件」ですから、ざっくり言うとこれを満たせなくなれば許可は無効・取り消しといったことになります。

それを回避するために、専任技術者となりうる人(要件を満たす人)を専任技術者として配置して、行政に「変更届」を提出する必要があります。
詳細→ https://fukuoka-kensetsugyo.com/j3-1/

そうすることで、許可の効力を維持できるのです。

絞り込み検索!

現在22,412コラム

カテゴリ

労務管理

税務経理

企業法務

その他

≪表示順≫

※ハイライトされているキーワードをクリックすると、絞込みが解除されます。
※リセットを押すと、すべての絞り込みが解除されます。

スポンサーリンク

経営ノウハウの泉より最新記事

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP