• HOME
  • コラムの泉

コラムの泉

このエントリーをはてなブックマークに追加

専門家が発信する最新トピックスをご紹介(投稿ガイドはこちら

「不要排除、必要好適化」を図る人が人財と言えます!

【人財の要件】

「人財とは自分の仕事に対していつも創意工夫をして改善する人」とシンプルに定義付けしたい。

そうすれば今日より明日、明日よりもあさってと言うように改善が進み、小さな改善が積もり積もってやがて一大改革に発展することが期待できる。

=====================================

【本文】

■「不要排除、必要好適化」を図る人が人財と言えます!■

十年一日のごとく、何の疑問も抱かず、創意工夫もせずに与えられた仕事をしている人は多いと思う。

「なぜそのようにやっているのですかと?」と質問してみた。

「この仕事を引き継いだとき、こうやるように教わりましたから」と答えが返る。

さらに「マニュアルでこうやるようになっています」と答えが返る。

疑問を持たないから問題点も分からず、その仕事の持つ意味さえも分からないようだ。



革新的な会社では「疑うことから始めるように」と口をすっぱくして教育している。

自分のやっている仕事の一部をやめてしまったらどうなるのかを実験してみるとよい。

やめても何の不都合も生じなければその仕事は不要だったのだ。

「不要排除、必要好適化」を念頭に置いて常に創意工夫を続ければ、やがて大きな改革に貢献でき、なくてはならない人財に成長できるのである。

     =コンピテンシー宣教師=

**************************************************

この記事に関するご感想、ご意見はこちらから 3223898301@jcom.home.ne.jp

コンピテンシー導入の威力について
⇒ http://saiaiconsul.web.fc2.com/consul1.html

**************************************************

絞り込み検索!

現在22,323コラム

カテゴリ

労務管理

税務経理

企業法務

その他

≪表示順≫

※ハイライトされているキーワードをクリックすると、絞込みが解除されます。
※リセットを押すと、すべての絞り込みが解除されます。

スポンサーリンク

経営ノウハウの泉より最新記事

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP