• HOME
  • コラムの泉

コラムの泉

このエントリーをはてなブックマークに追加

経費をチェックする場合の指標

① 「変動費」、「固定費」を指標に
経費は「変動費」と「固定費」に分類することができます。
変動費」は売上高に連動して増減するもの、「固定費「」は売上高とは無関係に定額で発生するものです。
固定費」について常に考えなければならないのが「これは本当に必要な支払いか?」ということです。たとえば、固定費である家賃の支払いがあるとき、「利用しないで放置されている物件はないか」、「家賃は値上げを見落としていないか」などに注意を払う必要があります。また、広告費などは成果が直接的に現れないこともあります。これを「節約」してしまうと業務が停滞してしまうことにもなります。予算と比べて支払いが減っていないかということにも気をつける必要があります。

② 「前期比較」、「予算比較」を指標に
経費をチェックしていく場合に比較する指標として「前期比較」と「予算比較」があります。

前期の実績に比べて突出して多いまたは少ない支払いがあれば原因をチェックします。
この場合、期中に多額の臨時の支払いがあれば特別の科目を設けて処理しておくなどの工夫も必要です。

新年度の開始の際は過年度の実績を参考に経費予算を立てましょう。その経過月分と経費の支払い累計を対比させてその多いまたは少ないから原因をチェックします。
また、予算を立てるときは時期的な変動を反映させる必要があります。たとえば人件費予算を立てるときは、過年度の人件費総額を単純に12で割って月次の予算とするのではなく、賞与分を取り出してこれを支給月に割り当てることが必要になります。売上げ予算についても、時期的な変動を過去の実績を参考にして反映させる必要があります。

スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在20,523コラム

カテゴリ

労務管理

税務経理

企業法務

その他

≪表示順≫

※ハイライトされているキーワードをクリックすると、絞込みが解除されます。
※リセットを押すと、すべての絞り込みが解除されます。

新規投稿する

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

経営ノウハウの泉より最新記事

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP