相談の広場

このエントリーをはてなブックマークに追加

労務管理

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!

総務の森イチオシ記事が満載: 経営ノウハウの泉(人事労務~働き方対策まで)

休職期間・勤続期間の計算方法

著者 lisa_1218 さん

最終更新日:2007年04月10日 17:56

来月から休職する社員がいます。

5月14日~9月7日まで休職するのですが
このときの休職期間(月割り)の考え方は、

(A)127日間(休職日数)÷30=4ヶ月(端数切捨て)
(B)1ヶ月まるまる休んでいる月が3ヶ月(6月~8月)なので3ヶ月

のどちらがよいのでしょうか。
(「1ヶ月に満たない休職期間は切り捨てる」という規定だけあります)

また、勤続期間も、
(A)日数を基準にで月数換算(15日~翌月14日は1ヶ月)
(B)カレンダーの月を基準に月数換算(15日~翌月14日は2ヶ月)

のどちらが正しいのでしょうか。
就業規則には、「1年未満の端数は、月割計算とし、1ヶ月未満の端数は1ヶ月とする」とだけあります。)

就業規則が曖昧な規定でわかりにくいのですが
実務上どちらが正しいでしょうか。

よろしくお願いします。

スポンサーリンク

1~1
(1件中)

    スポンサーリンク

    労働実務事例集

    労働新聞社 監修提供

    法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

    スポンサーリンク

    経営ノウハウの泉より最新記事

    注目のコラム

    注目の相談スレッド

    スポンサーリンク

    PAGE TOP