相談の広場

このエントリーをはてなブックマークに追加

企業法務

企業法務について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!

総務の森イチオシ記事が満載: 経営ノウハウの泉(人事労務~働き方対策まで)

個人事業主(委託契約)の保証人条件変更について

著者 トザン さん

最終更新日:2020年12月07日 10:28

販売委託契約個人事業主で、委託元の母体が従来保証人となっています(500万円限度)。
今回、民法改正(?)によりこの母体の限度を250万円に下げ、新たに追加の保証人をたてる(250万円)よう支部より話がありました。
さらに、この新たな保証人は収入・借入金など債務を母体に提示するようにも言われております。

この新たに提示されたルールについて疑問がありますのでご教授頂けたらと思います。

1.新たな保証人は事実上家族(配偶者)となるケースがほとんどでと想定できます。
  保証人になるとして、収入・借入状況を提示する法的根拠はあるのでしょうか?

2.販売実績による売上収入は「支部」>「母体」>「委託契約」の関係となりますので、
  保証人の金額が母体と同額であることは不平等な気がしますがいかがでしょうか?

以上お願いします。



  

スポンサーリンク

1~1
(1件中)

    スポンサーリンク

    労働実務事例集

    労働新聞社 監修提供

    法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

    スポンサーリンク

    経営ノウハウの泉より最新記事

    注目のコラム

    注目の相談スレッド

    スポンサーリンク

    PAGE TOP