スポンサーリンク

  • HOME
  • コラムの泉

コラムの泉

経営資源の有効活用のために、見直したい仕事中の時間の使い方!

こんにちは!㈱ワーク・ライフバランス社加盟コンサルタントの伊藤亜貴子です。

先週のコラム、ワークライフバランス導入の第一歩、まずはここからスタート!はいかがでしたか?定時前後の時間の使い方・インプットの時間に何をするかを考えてみたときに、
意外と「時間を気にしていない自分」がいたり、インプットの大切さを再認識した方もあったのではないでしょうか。ほかにも気づいたことがあれば、その「気づき」を「行動してみる」ことにしてみましょう!

私はワークライフバランスの本質をもっと働くみなさんに知ってもらい、会社の業績アップと働く人々の一度しかない人生の充実に少しでも寄与したいと思って2012年の3月に起業しました。詳しくはHPをごらんくださいね!

今回は、ワークライフバランス戦略のひとつ、仕事中の時間の使い方です。
これ一つで経営資源の有効活用(投資効率のアップ)が決まるといっても過言ではないでしょう。コストダウン&利益増の第一歩ですから!

一日の残業時間を計算してみてください。18時定時の会社でほぼ毎日23時まで残業していたら一日あたり5時間の残業コストがかかります。ご存じだと思いますがもちろん残業コストは通常の賃金より割増されるので、コストダウン効果は大きいですね。仮に従業員200名の会社で一日1時間残業を減らしたら、約8000万円のコストダウンです。
中小企業にとってこの金額はかなり大きいですね。

・残業を少しでも減らす
・効率的な仕事をする
このふたつに有効な方法を紹介します。

「朝、出社したらメールで、15分きざみで段取りした今日の仕事内容を、上司・同じチームの同僚に、送信する」

例えば、
今日のタスク
9:00~9:20 朝メール・メールチェック
9:20~9:35 朝礼
9:35~9:45 移動
9:45~11:00 得意先A営業
11:00~11:10 同B部署表敬訪問
11:10~12:00 移動
12:00~12:55  ランチ         
12:55~14:30 C社長打ち合わせ
14:30~16:00 移動
16:00~16:30 メール連絡
16:30~17:00 見積書、請求書領収書発行
17:00~17:50 営業リスト作成
17:50~18:00 今日の報告作成
※今日のマストは得意先Aのクロージングと来週からの営業先リストの完成。

こんなイメージです。
ポイントは
①定時内で仕事を段取りすること(最初から残業ありきの働き方を見直しましょう)
②時間に仕事を貼り付けること(時間を見積りましょう)
③このメールを受け取った上司、同僚はチームアドバイスすること。(内容を見て、同行の段取りや過去資料の有無などこの人がうまく仕事が進むようにコミュニケーションを取りましょう)
④帰りに今日のタスクを振り返って、メールを作成し同じ人に送信する(帰りに今日のタスクを振り返って、時間通りにできたタスクの横に※印を付けて、時間通りにできなかったタスクはどうしてできなかったか考えて対策を練りましょう。)

これを毎日実施するだけで、23時まで残業していたA社は一日あたり3時間の残業削減に成功しました。

【仕事の見える化】
【チームワークによる仕事の効率化】
【時間に仕事を貼り付けるタイムマネジメント】
をメールによって実現しただけなのです。PC環境でも携帯でもメールできますし、その環境がなければ紙に書いてもかまいません。

ぜひ、トライしてみてください!
残業があまりない方には、時間を見積って新規企画立案や事務の効率化などその立場で考えられる優先順位の高いタスクを達成できるよう、目標を立ててみてください。
(進め方など不明な点があれば、毎週月曜日名古屋栄で実施しているワークライフバランス診断をご利用くださいhttp://www.aandn.biz/index.html 詳しくはHPで!)

今日は時間についての話をしたいので、残業時間を取り上げましたが、ほかにもワークライフバランスを導入するメリットは相当あります。

前回は定時前後の時間の使い方・インプットの時間に何をするか考えていただき、今回は仕事中の時間の使い方について触れてみました。
次回は仕事の時間の使い方についてよくある質問にお答えしたいと思います。お楽しみに!!

※ワークライフバランス経営戦略の導入についてもっと詳しく知りたい方は、
10月10日水曜日13時30分から名古屋駅:ウィンク愛知903にて「今こそ、働き方を見直そう!ワークライフバランス集中セミナー」を開催致します。
http://kokucheese.com/event/index/49641/

今後も、世界のワークライフバランスの情報や、具体的な企業の取り組み事例などを発信していきます。もしコラムをお読みいただいた方で「こんなときどうしてるの?」というご質問がありましたらお答えしていきます!

最後までお読みいただきありがとうございました!

A&N合同会社

伊藤 亜貴子 Akiko Ito

〒456-0002
名古屋市熱田区金山町1-19-14
アイアンビル金山702
tel:052-228-8258 fax:052-228-8252
ito@aandn.biz
http://www.aandn.biz/index.html
※2012年10月10日水曜日 13時30分より名古屋駅 ウィンク愛知903で
「今こそ、働き方を見直そう!ワークライフバランス集中セミナー」を開催致します。
※毎週月曜日 名古屋栄でワークライフバランス診断を行っています。どうぞお立ち寄りください。詳しくはHPで!

スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在19,500コラム

カテゴリ

労務管理

税務経理

企業法務

その他

≪表示順≫

※ハイライトされているキーワードをクリックすると、絞込みが解除されます。
※リセットを押すと、すべての絞り込みが解除されます。

新規投稿する

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

注目検索キーワード

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP