• HOME
  • コラムの泉

コラムの泉

このエントリーをはてなブックマークに追加

税務調査の流れと注意事項について

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
              ~得する税務・会計情報~            第377号
           
            【税理士法人-優和-】      https://www.yu-wa.jp
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
           税務調査の流れと注意事項について

 国内のワクチン接種率も上がってきた影響か、新型コロナウイルスが収まりつつあり、
当たり前だった日常が戻りつつあります。そんな中ではありますが、税務署からのご連絡
も最近顕著に増えてきたように思います。今回は、税務調査について改めて記載させて頂
き皆さまの一助にして頂ければ嬉しく思います。「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」と
いう孫子の言葉もあります。
 是非とも皆さまが安心して年を越せることを願っております。

※税務調査の流れ(例:2日間の調査)
1)初日 AM
会社の概況を質問されます。会社パンフレットや席次表があれば求められます。また、主
な売上先・仕入先についての確認、現金取引の有無、従業員への給与支払いの方法や各取
引の締め日を聞かれます。
特に現金を伴う取引については非違を疑われることになりますのでご注意ください。
また、預金通帳や現金や金庫、領収書の入った棚については周辺も含めて調査されること
となります。
とにかく初日は会社の現状を把握して非違リスクが高い項目を抽出していると考えます。
また、同時に社長の誠実さも十分に注視しているように感じます。「木を見て森を見ず」で
はありませんが、初日の午前中から元帳を開きだすような調査官がくるとガクッとして拍
子抜けします(笑)
過去にあった農家さんの調査では運送用のトラックの中まで見て出荷伝票を控えたり倉庫
の段ボールをチェックしていきました。

2)初日 PM~2日目 AM
午後になると、いよいよ帳簿の確認に入ります。
総勘定元帳(3年~5年分)をペラペラとめくり、付箋が貼られていきます。
振込売上に関しては、期末月を中心に期間帰属の妥当性を確認されます。
現金売上については領収書との突合により網羅性が確認されます。
仕入については、売上との対応関係や棚卸資産との整合性を確認されます。
経費(人件費含む)については、私的なものが混入していないか。架空の経費が計上され
ていないか等が確認されます。
役員報酬については、各役員の職務内容と報酬の妥当性を検証します。
資産については、固定資産台帳を基に固定資産の売却収入が漏れなく処理されていること
を確認します。
特に、車両については現金で買い取る業者が存在しているようで、売却漏れがアルアル論
点なので十分に御注意ください。

4)2日目 PM
調査にて発生した非違を集計し、根拠となる資料を収集していきます。
また、悪質な税逃れが疑われる場合には質疑応答録を作成し社長の署名を求められる事に
なります。重加算税を課す場合の必要書類なのだと推測されます。
時間帯は両日10:00~16:00で実施され、最終日の15時前後から講評として社長を交え
た擦り合わせが行われます。
非違が疑われる場合でも、その場で具体的な税額の計算が行われる訳ではなく、後日税務
署と税理士側で話し合いの末で修正申告書が作成されます。

注意点としては、修正申告書にサインをすることは修正内容を理解して自主修正に応じた
ことになります。サインする際にはキチンと内容を理解してからにしましょう。
また、税務調査での結果は税務署内部にて保管され次回の調査に活かされることとなりま
す。更に評価付けがなされ、次回のKSKシステムによる税務調査先の選定に影響が出ます。

本原稿が、少しでも皆様の経営における一助となれば幸いです。
これからも税理士法人優和 各本部をよろしくお願いいたします。

税理士法人優和
茨城本部
楢原 功


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
購読解除は下記URLから
https://www.yu-wa.jp
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
発行者 優和 茨城本部 楢原功(公認会計士税理士
優和HP:https://www.yu-wa.jp
E-MAIL:ibaraki@yu-wa.jp
TEL:0280(22)6288/ FAX:0280(22)0285
〒306-0034
茨城県古河市長谷町36番9号
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在21,189コラム

カテゴリ

労務管理

税務経理

企業法務

その他

≪表示順≫

※ハイライトされているキーワードをクリックすると、絞込みが解除されます。
※リセットを押すと、すべての絞り込みが解除されます。

新規投稿する

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

経営ノウハウの泉より最新記事

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP