• HOME
  • コラムの泉

コラムの泉

このエントリーをはてなブックマークに追加

専門家が発信する最新トピックスをご紹介(投稿ガイドはこちら

企業の虐待として報告された事例を教えます

障害者雇用は、障害者の尊厳と自立を支援することが大切です。そのことを定めた法律が「障害者虐待防止法」です。

この法律の目的は、障害者の尊厳を保護し自立や社会参加を妨げる虐待行為を禁止して、障害者の権利を擁護することです。また、虐待の予防と早期発見のための取り組み、さらに障害者を支援する人々(養護者)への支援策も定めています。

実は、企業にもこの障害者虐待法に基づいて気をつけるべきことがあります。企業の虐待として報告された事例から解説しています。

企業が理解しておくべき「障害者虐待防止法」とは?
https://www.hrpro.co.jp/series_detail.php?t_no=3793


障害者雇用ドットコムでは、組織に貢献する障害者雇用を実現するためのサポートしています。

障害者雇用というと、障害者に合わせた業務を考えなければならない、今までの雇用経験で大変な思いをしたという間違った認識を持っている方がいます。

これらはすべて障害者雇用の基本的な考え方や進め方、採用の見極めが間違っています。また、最近では応募する障害者の質が変化してきています。それらに合わせた業務内容や求人が求められているのに、これができていないと、当然うまくいきません。

人的資本と合わせて障害者雇用をどのように位置づけ、組織に貢献できる障害者雇用にできるのかを企業の実情に合わせて、提案、進捗サポートします。

業務創出や採用といったテーマに合わせた課題解決のためのコンサルをしています。関心のある方はお問い合わせください。


障害者雇用ドットコム
HP:https://syougaisya-koyou.com/
YouTube:https://www.youtube.com/@syougaisyakoyoucom/videos

絞り込み検索!

現在22,451コラム

カテゴリ

労務管理

税務経理

企業法務

その他

≪表示順≫

※ハイライトされているキーワードをクリックすると、絞込みが解除されます。
※リセットを押すと、すべての絞り込みが解除されます。

スポンサーリンク

経営ノウハウの泉より最新記事

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP