相談の広場

このエントリーをはてなブックマークに追加

労務管理

労務管理について、みんなに相談したり、分かるときは教えてあげたりと、相互協力のフォーラムです!

総務の森イチオシ記事が満載: 経営ノウハウの泉(人事労務~働き方対策まで)

雇用保険の給付額(失業給付金)の計算基礎となる賃金額

著者 自宅待機 さん

最終更新日:2019年10月08日 18:32

お世話になります。
雇用保険の給付額(失業給付金)の計算基礎となる賃金額について教えてください。

年収を16ヶ月で割り、12ヶ月(1月〜12月)は月給としてもらい、6月と12月は固定賞与という名目で各月プラス月給2ヶ月分もらっていました。6月と12月は固定賞与は会社、個人の業績に全く関係なく、必ず支払われるものです。毎月のキャッシュフローの負担を減らす為にこのような支給方法となっています。

年収320万(円)
賃金明細
1月20万
2月20万
3月20万
4月20万
5月20万
6月20万+40万
7月20万
8月20万
9月20万
10月20万
11月20万
12月20万+40万

雇用保険の給付額(失業給付金)の計算基礎となる賃金額にこの固定賞与は含まれますか? 9月末で退職したので、直近6ヶ月の賃金合計が120万なのか、160万なのか、どちらでしょうか?

ちなみに労働基準局より残業代の未払いの指導を受けた際に、残業代の計算基礎に固定賞与まれていました。 320万/12ヶ月で各従業員月給を計算し(上記の年収320万円の場合は26万6千6百が月給となります)、そこから時給を計算しました。

どうぞよろしくお願い致します。



スポンサーリンク

1~1
(1件中)

    スポンサーリンク

    労働実務事例集

    労働新聞社 監修提供

    法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

    スポンサーリンク

    経営ノウハウの泉より最新記事

    注目のコラム

    注目の相談スレッド

    スポンサーリンク

    PAGE TOP