• HOME
  • コラムの泉

コラムの泉

このエントリーをはてなブックマークに追加

競合ではなくめまぐるしく移ろうお客様のニーズと競争せよ!

【顧客ニーズとの競争】

競合他社との競争を念頭に置いて経営している経営者は多い。

だが、今の時代は競合他社との競争はあまり意味をなさなくなっている。

めまぐるしく変化するお客様のニーズと競争することが大事なのだ。

=====================================

【本文】

■競合ではなくめまぐるしく移ろうお客様のニーズと競争せよ!■

商売をやっていれば必ずコンペティター(競合相手)がいる。

コンペティターは常にわが社の動きをウオッチして対策を講じていることだろう。

わが社も相手に負けじとコンペティターとの競争を意識して対策を講じる。

同じコップの中で戦っている感じが強い。

だが、真に研究すべきはお客様だ。

特に「めまぐるしく移ろうお客様のニーズ」と競争しなければならないと思う。

魅力ある商品やサービスを提供しなければお客様の支持は得られない。

だが、この「魅力ある」が問題だ。

「情緒的満足感」を求めるお客様が増えてきているからマーケティングのテーマは心理学でなければ解明できなくなっている。

「お客様のニーズと競争する」ことを決断して、早速実践活動に入ることをお勧めする。

        = コンピテンシー宣教師 =

**************************************************

この記事に関するご感想、ご意見はこちらから 3223898301@jcom.home.ne.jp

コンピテンシー導入の威力について
⇒ http://saiaiconsul.web.fc2.com/consul1.html

**************************************************

スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在21,819コラム

カテゴリ

労務管理

税務経理

企業法務

その他

≪表示順≫

※ハイライトされているキーワードをクリックすると、絞込みが解除されます。
※リセットを押すと、すべての絞り込みが解除されます。

新規投稿する

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

経営ノウハウの泉より最新記事

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP