• HOME
  • コラムの泉

コラムの泉

このエントリーをはてなブックマークに追加

年末調整の『勘所』4 勤労学生は親の扶養親族になれません。

こんにちは。特定社会保険労務士の田中です。
年末調整は順調に進んでいらっしゃいますか?

大学生等をアルバイトで雇っている会社の方は是非、読んでください。
大学生等の場合、ご本人が「勤労学生」となるケースがあります。

「勤労学生」とは、年収が103万円を超えて130万円以下の人です。
この人は、勤労学生控除として27万円が適用されます。

(「勤労学生」についての詳細は、下記をご参照ください。
  http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1175.htm


ここで、気を付けて頂きたいのは、
「勤労学生」というのは、所得者本人が控除を受けられるものであり、
親の扶養親族になれる年収が、130万円以下に引き上げられるのではありません。
この場合、「所得者本人」というのはアルバイトのことです。

つまり、アルバイトの大学生は年収103万円を超えた時点で
親の扶養親族にはなれないという事です。


ところで、親は子供がアルバイトでいくら稼いでいるかを
把握していない事も多くあります。
そのため、子供が年収103万円を超えていても扶養親族として、
会社へ「扶養控除等申告書」を提出するケースもあります。

あるいは、103万円を超えていても「勤労学生だから」と
誤認して、扶養親族にしてしまうケースも考えられます。

もし、扶養親族について、誤った年末調整がなされますと、
後日に税務署から是正申告を求められる可能性があります。
上記のケースですと、親が是正を求められてしまいます。


従って、もし貴社に年収103万円を超えた大学生等のアルバイトがいる場合は、
「勤労学生」であるか否かに関わらず、必ず親の扶養親族から外してもらうよう、
伝えてあげてください。


最後までお読み頂き、ありがとうございました。

次回は、申告書をいかに集めるか、集まらない場合はどうするか、
についてお知らせする予定です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
年末調整のピンポイントサービス実施中!!

http://www.tanakajimusho.biz/work/top/year_end_adjustment.pdf

人手不足の企業様は、どうぞ資料をご請求ください。
料金はご相談に応じます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

他の年末調整コラムも是非、ご覧ください。

【 平成23年分 扶養控除等申告書の記入時にミスを防ごう 】
 http://www.soumunomori.com/column/article/atc-117801

【 育児休業中の配偶者は扶養親族に入れる年もある 】
 http://www.soumunomori.com/column/article/atc-118251

【 健康保険所得税での扶養 103万円と130万円の違いとは 】
 http://www.soumunomori.com/column/article/atc-118573

【 説明会を開いて、申告書の回収を確実にする 】
 http://www.soumunomori.com/column/article/atc-119041

スポンサーリンク

絞り込み検索!

現在21,898コラム

カテゴリ

労務管理

税務経理

企業法務

その他

≪表示順≫

※ハイライトされているキーワードをクリックすると、絞込みが解除されます。
※リセットを押すと、すべての絞り込みが解除されます。

新規投稿する

スポンサーリンク

労働実務事例集

労働新聞社 監修提供

法解釈から実務処理までのQ&Aを分類収録

スポンサーリンク

経営ノウハウの泉より最新記事

注目のコラム

注目の相談スレッド

スポンサーリンク

PAGE TOP